オクトパスカードで香港旅が快適に!買い方・使い方を徹底解説

オクトパスカードで香港旅が快適に!買い方・使い方を徹底解説


快適な香港旅行にするには、「オクトパス」カードが必須です!電車・バスなど小銭が必要な場所で慣れない香港ドルに、もたついて焦ってしまうことも、、、。そんな場面で便利なのが、「オクトパス」カードです。日本でいうSUICAなど、お馴染みの交通系ICカードと使い勝手が同じため、使い方も簡単。この記事では、「オクトパス」カードについて解説します。オクトパスカードを活用して、快適でお得な香港旅行に!

「オクトパス(OCTOPUS)」カードとは何?

香港 オクトパスカード
香港の交通系ICカードオクトパスカードは、香港旅行を快適にする上での必須アイテムです。 漢字では「八達通」と表記され、香港のMTR(地下鉄)・バス・トラム・スターフェリーの乗り降りがワンタッチででき、小銭の心配や、切符の購入が不要です。交通機関はタクシー以外はほぼ使え、コンビニ・スーパーでも利用が可能です。小銭が不要なので、財布がパンパンになることも、帰国時にやたらコインが余ることもなくなります。しかもMTR(地下鉄)などでオクトパスを使うと運賃が割引されるなど、お得で便利なカードです。

「オクトパス」カードはどこで買うの?

香港MTR
オクトパスカードは、ほぼすべてのMTR(地下鉄)のカスタマーセンター(客務中心)で購入することが可能です。現金での購入となるため、日本で両替をしておくか、現地で香港ドルを用意した上で、「OCTOPUS CARD,PLEASE」と伝えると窓口で購入できます。

空港から公共機関を利用する場合、空港を降りてすぐのエアポートエクスプレス駅(機場駅)のMTRのカスタマーセンターで購入することもできます。大きなカウンターなのですぐに見つけられます。

「オクトパス」カードの種類と値段は?

オクトパスカード

一般的に使われているのが、通常のオクトパスカード。
デポジットを除いたチャージ金額が、電車やバスなどはもちろんコンビニなどで使用できます。
オクトパスカードの最低購入金額は150香港ドル(約2,100円)で、内訳は、デポジットとして、50香港ドル(約700円)+最低入金額100香港ドル(約1,400円)となります。

1回限りにはなりますが、デポジットから35香港ドルまで借金ができます。借金というと聞こえがわるいですが、入金をうっかり忘れて乗車した際にはとても便利な機能です。次回の入金時に清算されます。

Adult(成人):150香港ドル
Child(小童):70香港ドル(3歳~11歳)
Elder(長者):70香港ドル(65歳以上)

エアポートエクスプレス・トラベルパス

空港からエアポートエクスプレスを利用する方には、おすすめのカードです。

【ポイント】
・現金をチャージすれば、オクトパスカードと同様にコンビニや、バスなどで使用可能。
・香港国際空港(Airport)から青衣駅(Tsing Yi)、九龍駅(Kowloon)、香港駅(Hong kong) の3つの駅(どの区間でも使用可能)の料金と、MTRが3日間乗り放題付
・カードを返却すると、保証金50香港ドルと残っていれば残金の返却が可能。

3日間乗り放題のというのは、最初に改札を通過してから72時間以内が乗り放題になります。4日間の旅行であっても、フライト時間によっては、72時間以内でおさまることも。

名称 料金
エアポートエクスプレス往復+MTR3日間乗り放題 300香港ドル(約4,200/デポジット50香港ドル含む)
エアポートエクスプレス片道+MTR3日間乗り放題 220香港ドル(約3,080円/デポジット50香港ドル含む)

 
※条件:香港滞在14日以内の旅行者のみ使用可能
※有効期限:チケット購入より180日以内

オクトパスカードの使い方は?

香港チャージ機

チャージ方法

オクトパスカードは、駅・空港にあるオクトパスのチャージ機(Add Value Machine/増値機)や、セブンイレブンなどのコンビニでチャージができます。

①地下鉄駅でのチャージ

MTR(地下鉄)の駅には、チャージ専用の端末(増値機)が設置されています。
50HK$か、100HK$紙幣のみチャージすることができます。
日本のように、100HK$紙幣で支払って、50HK$のみだけチャージすることはできませんので注意が必要です。

1、 左上のカードマークがあるところに、オクトパスカードを挿入
2、 画面に現在いくらチャージされているかが反映されます
3、 確認後、希望チャージ額をHK$50紙幣、HK$100紙幣を入れる(右下)
4、 チャージ後の金額が画面に表示されるので、OKであれば、CONFIRM(写真中央縦4つのボタンの一番下)ボタンを押す
5、カードが出てくるので、取り出して終了

②コンビニでのチャージ(セブンイレブン、サークルKなど)
コンビニでのチャージは、上限3,000HK$まで好きな額をチャージできます。

1、店員に希望チャージ額を渡し、「OCTOPUS CHARGE, PLEASE」と伝える
2、オクトパスカードをかざす場所があるので、そこにカードをかざしておく
(わからなければカードと現金を一緒に渡してもOK)
3、ピーという音が鳴り、レジにチャージ額が反映されたら終了
香港 コンビニ

使用方法

乗車方法
使い方は、日本の交通系ICカードと同じです。
入場時と出場時に改札のカードリーダーにカードをタッチします。タッチしてすぐに入場しないと、ゲートが閉まることもあるので注意しましょう。
バスやフェリーは入場時にのみタッチします。
オクトパスカードで地下鉄に乗ると、通常料金から割引になり便利でお得なカードです。
日本でも切符を買うより、ICカードで支払う方が少し安いですよね。

コンビニ・スーパーなどでの使用方法
コンビニやレストランなどでは、レジにオレンジ色のオクトパスカードリーダーがあります。
これも日本の交通系ICカードと同様で支払うときにオクトパスカードを見せ、支払いの準備が整った後にカードリーダーにカードをタッチして支払います。
※オクトパスリーダーのないお店では使用できません。

残金確認


乗車の際には、乗車金額と残高が表示されます。
わかりにくい場合には、残高確認の機械が駅構内に設置されていますので、カードを差し込むと確認できます。

オクトパスカードの返却方法について

1、オクトパス購入時と同じく、インフォメーションセンターへ
 ※場所はどこでも問題ありません

2、オクトパスカードを係員に渡し、「REFUND,PLEASE 」と伝える

3、残金+デポジットの50HK$を受け取って完了

※発効後90日以内に払い戻しを行う場合、手数料9HK$が差し引かれます。
※払い戻した後はそのカードは使用できません。

最後に

毎回切符を買う手間も省け、小銭も増えないオクトパスカードは、旅行者にとっても便利なツールです。港に行く際には、ぜひ活用してみてください。

香港の旅行・ツアーを探す > 香港の旅行・ツアーを探す > 香港の航空券を探す > 香港の航空券を探す > 香港のホテルを探す > 香港のホテルを探す > 香港のアクティビティを探す > 香港のアクティビティを探す > 香港・マカオのビジネスクラス旅行を探す > 香港・マカオのビジネスクラス旅行を探す >

香港・マカオカテゴリの最新記事