ドイツ

音楽の国ドイツで楽しむ♪おすすめ音楽イベント

ドイツはベートーヴェンやブラームス、ワーグナーなどの名だたる作曲家が誕生した、世界有数の音楽の国です。 音楽家が生まれ育った土地や作曲した家など、ゆかりの地を巡る旅はもちろん、毎年開催されている音楽祭もドイツの魅力の1つです。作曲家のファンが多く集まる音楽祭では、感極まるような熱気あふれる演奏を聴くことができるでしょう。 ドイツの歌劇場・コンサートホール ドイツは歴史ある歌劇場・コンサートホールが […]

  • 2019.09.06

フランクフルトはドイツ有数の「観光都市」。乗り換えだけじゃもったいない!

欧州観光の起点、フランクフルトへは直行便が便利 ドイツの玄関口を担うフランクフルト。東京(成田・羽田)発の直行便は1日8便ほどあり、出発も午前、午後、深夜と幅広い時間帯から選べます。関西発だとドイツの航空会社・ルフトハンザドイツ航空が1日1便就航しています。(2019年8月時点) 経由便の場合は、ソウル乗り換えの大韓航空なら日本各地からのアクセスが抜群。ヨーロッパまで最短最速を誇るフィンランド航空 […]

ケルン大聖堂で、ドイツ屈指の世界遺産を堪能する

ケルン大聖堂へは便利なドイツ直行便か安価な経由便で ヨーロッパ中央部に位置するドイツ。特にヨーロッパ経済の中心地としてにぎわうフランクフルトへは、東京(成田・羽田)、大阪(関空)、名古屋から日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、ルフトハンザドイツ航空が直行便で飛んでいます。他にもドイツ南部の観光地で人気なミュンヘンや、日本人駐在者が多いデュッセルドルフも直行便が出ています。 経由便でも選択肢が […]

  • 2017.10.12

ドイツ古城ホテル5選・本物の「カワイイ!」が満ちあふれている

カジュアルな服装で大丈夫!古城ホテルの楽しみ方 何百年もの歴史があるドイツの古城ホテル。昔、王侯貴族が住んでいたと聞くと、どうしても「格式の高い場所」、つまりハードルが高いというイメージを持っている人は少なくないかもしれません。 しかし!実は、そんなことはまったくありません。意外なほどフレンドリーな場所なので、肩肘張る必要はナシ。気軽な気持ちで出掛けましょう。服装は、カジュアルな服装でOKですが、 […]

  • 2017.08.22

冬の欧州観光で「ミュンヘンのクリスマスマーケット」がオススメな理由

見どころいっぱい!ミュンヘンのクリスマスマーケット ミュンヘンは、ドイツ南部のバイエルン州にあり、ドイツではベルリン、ハンブルクに次いで3番目に大きな都市として知られています。しかし、大都市の割には都会的な雰囲気が少なく、むしろのどかな雰囲気なので、「人口130万人の村」と言われることも。つまり、人口130万人を擁する大都市にもかかわらず、小さな村にいるような居心地がよい街、それがミュンヘンなので […]

  • 2016.11.22

ドイツ3大クリスマスマーケット・かわいいオーナメントを探しに行く旅

ドイツのクリスマスマーケットとは? ヨーロッパ各国では、毎年11月の感謝祭後からクリスマス前までの準備期間に、クリスマスマーケットが開催されます。ドイツはクリスマスマーケット発祥の地と言われており、国内2500カ所以上の場所で開催され、ドイツ国内中がクリスマスムードに包まれます。 ドイツのクリスマスマーケットでは、会場中央に設置されたモニュメントを中心にマーケットが広がり、「ヒュッテ」と呼ばれる、 […]

  • 2016.10.26

【ハズレ無】絶対買いたい!ドイツですごく有名なお土産10選

お話をうかがった方 モーゲンスタン陽子さん翻訳家/作家。日本ペンクラブ会員。 カナダ、アメリカ、日本、ドイツを基盤に英語と日本語で執筆活動などをされています。公式サイト 喜ばれること確実の一品 1.フェイラーのタオルハンカチ 日本人に一番人気のあるドイツ土産といえばやはり「フェイラー社のタオルハンカチ」。シュニール織という、モザイク風の厚手のハンカチで、花柄のものが有名です。 ただ、驚いたことにド […]

人情とグルメとスパの街、ドイツ・ミュンヘンはひとり女子旅におすすめ

お話をうかがった方 NILOさんシンガー ミュンヘン在住のシンガーソングライター。2007年メジャーデビュー。 オフィシャルサイト 2007年に日本でメジャーデビューし、2011年からミュンヘンに拠点を移して活動されているシンガー。これまでもバックパックを背負って世界中を巡ってきた、1人旅のエキスパートでもあります。女性の1人旅についてアドバイスをもらうには、これ以上の人はいません! 女性が独り歩 […]

  • 2016.06.02

必見ドイツ名城ノイシュバンシュタイン城を造った人物とは?

ロマンチック街道の終点はバイエルン王の夢の世界だった ノイシュヴァンシュタイン城 この城は、王や騎士たちが活躍する時代が過ぎ去った1869年、第4代バイエルン王ルードヴィヒ2世の命により着工されました。18歳の若さで国王の座についた彼には、人生経験も政治的な経験もありませんでした。プロイセンとの戦争で敗れた彼は、多額の賠償金を請求されてしまいます。そのためバイエルン王国は権威を失っていくことになる […]