イタリア

カメラの準備はOKですか?憧れのイタリア王道女子旅

食、芸術、ファッション、歴史と魅力あふれるイタリア。周りを見渡せばフォトジェニックな世界。イタリアには思わず、「かわいい!」と言ってしまう女子に人気のスポットが満載です。ローマ、フィレンツェ、ベネチアという人気の3都市の中から押さえるべきスポット+話題のフォトジェニックスポットをご紹介します。 ローマのイチ押しスポット5選 トレヴィの泉 入り組んだ石畳の細い横道を抜けると、突如として現れる壮大な噴 […]

世界遺産の島、マルタ島で美しき地中海に出合う

地中海に浮かぶ観光の島マルタ イタリア半島の先、シチリア島の南約100kmに位置するマルタはれっきとした国。正式名はマルタ共和国といって、首都ヴァレッタがあるマルタ島のほか、ゴゾ島とコミノ島の計3つの島からなる国家です。地中海の穏やかな気候に恵まれ、紀元前4500年頃の遺跡が発見されるほど歴史が古く、貿易港として発展し続けてきました。 歴史を辿ればローマ、イスラム、イギリスが統治しており、随所にそ […]

ナポリ拠点に、アマルフィ・マテーラ・アルベロベッロへ。世界遺産の絶景とグルメの旅

世界一美しいといわれる海岸線の「アマルフィ」 青い空と海が旅人を誘うリゾート地 ナポリの南東約70kmの場所にあるアマルフィ(カンパーニア州)の街は、世界自然遺産に指定されているアマルフィ海岸の中心にある、イタリア屈指のビーチリゾートです。真っ青なティレニア海に沿って続く断崖絶壁の道、その急斜面に開けた街、段丘に植えられたレモンやオリーブの木。そんな風光明媚な景色が街の魅力で、2009年公開の映画 […]

  • 2018.07.20

フィレンツェが特別であり続ける理由とは?【イタリア観光】

青い空に赤屋根のコントラストが美しいフィレンツェの街並み   フィレンツェへ行くには? イタリア中部トスカナ地方へ まるでロングブーツのような形をしたイタリア。北はミラノ、中央にローマがあり、フィレンツェがあるのはちょうどその2都市の中間あたりにあります。日本からの直行便はなく、経由して向かうことになりますが、イタリア国内なら日本から直行便が出ているローマ、ヨーロッパ内ならオランダのアム […]

  • 2017.05.15

本場イタリアでオペラを鑑賞してみたい!

この記事を書いたひと 井内美香(いのうちみか)さん 音楽ライター/オペラ・キュレーター ミラノ在住のフリーランスとして20年以上の間、オペラに関する執筆、通訳、来日公演コーディネイトの仕事に携わる。2012年より東京在住。オペラの魅力を伝えるための記事やイベントで活躍中。 “美しいもの”が大好きなイタリア人 長年住んだイタリアで一つ確かなことは、イタリア人は美しいものが大好き!ということです。イタ […]

  • 2016.10.26

美意識の高い女性におすすめ!イタリア・ローマで美と芸術に触れる休日の旅

お話をうかがった方 桃木智子さん 美術家 ローマ在住18年。facebook 画家を志していた学生時代の旅行でヨーロッパ各地を観光中、ローマに一目惚れ。イタリア語も話せないまま、おっかなびっくりで念願のローマ移住を実現し、今年で在住18年という、素敵な女性です。芸術家が憧れる美の街で自由に生きる智子さん。旅のアドバイスをいただくにふさわしい、とても心強い方です。 「ロマンチック」という言葉を生んだ […]

  • 2016.07.15

一生に一度は見たい世界の絶景:イタリア・カプリ島にある青の洞窟

イタリア・カプリ島「青の洞窟」 カプリ島はイタリア南部の都市・ナポリから南へ約30キロの位置にあります。ナポリのベベレッロ港やメルジェッリーナ港などからだと、高速船で約40分、フェリーだと1時間半ほどで到着する港「マリーナグランデ」。そこから、さらに陸路ならバスで、海路ならモーターボートでか陸路をバスで「青の洞窟」入り口付近の船着き場へ向います。 「カプリ島」は、外周17km程の小さな島で、降水量 […]

  • 2016.06.27

ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」の謎を探そう

臨場感に溢れる絵画の魅力 この作品は、ミラノの地下鉄カルドナ駅から10分ほどの場所にあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の敷地内にあるドメニコ会修道院にあります。そして、修道院の食堂にある壁画が『最後の晩餐』です。この作品は1495年から1497年にかけて制作されました。 この中に私を裏切る者がいる キリストが「受難」の前夜に12人の弟子たちと囲んだ食卓で「この中に私を裏切る者がいる」と予言 […]

イタリア「ピサの斜塔」に登って傾きを体感してみる旅

なぜ建物が斜めに建っているのか ピサの斜塔が着工したのは1173年。イタリアの建築家であるボナンノ・ピサーノによって設計されました。工事は順調に進んでいたのですが、3階まで建てたときに異変が起こります。なんと建物自体が傾き始めてしまったのです。その原因は、地盤にありました。粘土と砂地という地耐力の弱い地盤が、建物を傾けてしまったのです。 当時は、今のような地盤調査の技術もありません。やむを得ない事 […]