更新日:

【ホテルで使える英会話】オーバーブッキングに英語で対処してみよう

長いフライトで疲れていても海外は緊張するもの。空港をからようやく予約していたホテルに到着しチェックインさえ終わればと思った矢先、「オーバーブッキング(オーバーブック)」と言われたら。そんな時のために必要なことは、予備知識と交渉力です。英語力はプリントアウトしたものを読みながらでもOK。伝えるべきことは伝えてみましょう。

4,318 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

旅行者旅行者

レセプションレセプション

「オーバーブッキング」と言われたら

譲れない条件をまずは交渉しよう

レセプション
I am verry sorry, but our hotel is overbooked and we cannot check you in.
(申し訳ありません。オーバーブッキングでお部屋がご用意できません。)
旅行者
Is there any other room available?
(1室もないのですか?)
レセプション
I am afraid there is none. We will arrange your stay in another hotel.
(はい。代わりに別のホテルを手配いたします。)
旅行者
Could you please make sure that the room comes with a bathtub and twin beds?
(今回予約していた【バスタブありで、ツインベッド】で探していただけますでしょうか)

※譲れない条件に順列をつけておくと、スムーズに交渉ができます

レセプション
There is a room in hotel A.
(Aホテルに部屋がありました。)
旅行者
Is it close from here? If I take the subway, how long would it take to the station?
(ここから近いですか?地下鉄の最寄り駅はどこになりますか?ホテルから、最寄駅まで何分ですか?)
レセプション
It is about 10 minutes by taxi. If you take the subway to Station A, it would take 5 minutes from the hotel.
(タクシーで10分ほどです。地下鉄はA駅が最寄で。ホテルから5分です。)
旅行者
I see. Do you cover the transportation costs?
(なるほど、移動費は負担してもらえますか?)
レセプション
Yes. Could you please come back tomorrow with the receipt?
(はい、領収書を明日ここへお持ちいただけますか。)
旅行者
OK. Do I come back here tomorrow?
(わかりました。明日にはここに戻れますか?)
レセプション
No, you will stay 5 nights at hotel A.
(いいえ、Aホテルに5泊となります。)
旅行者
I see… Thank you.
(仕方ないですね…。ではよろしく。)

立替払いの精算

旅行者
I was transferred to another hotel yesterday due to an overbooking. Here’s the receipt for the taxi fare.
(昨日、オーバーブッキングで変更になったホテルまでのタクシー代です。(レシートを見せて)かかった費用の払い戻しをお願いします。)
レセプション
Yesterday, right? Can I have your name?
(お名前をいただけますか?昨日ですね。)

■知っておこう!海外ホテルの常識

[豆知識]予約したのに、なぜ「オーバーブッキング」になるの?

ホテル側は、利用者の様々な急な事態(キャンセル・部屋変更・延泊・予約なしの来訪、等)に備え、過去の実績から算出した『部屋数よりも多くの予約』を受けています。部屋割りは予約の段階では大まかでしかなく、実際に決定するのはチェックイン順です。そのため、満室の前後でブレが生じ、まれに、オーバーブッキングと呼ばれる事態が発生します。

これは海外では特殊な例ではなく、ホテルだけを予約した場合の「旅行条件書」の「旅程保証」中でも触れており、ホテル側も「代わりのホテル」を提案して、通常、追加の費用や「泊まるところがなくなる」事態は発生しません。

ただし、提案を全部断るとまさに「海外で宿無し」の事態にならないとも言い切れません。ここは「交渉」あるのみです。

ちなみに、このオーバーブッキング(オーバーブック)を回避するためには、事前にリコンファーム(予約確認)すること、また、早めにチェックインすることです。「どうしてもこのホテルに泊まりたい」という熱意が伝わっても、全室チェックイン済ではどうにもなりません。

[豆知識]予約取り消し?

18時以降になると、海外のホテルは「予約取り消し」にされることがあります。連絡が無く不確実な予約よりも目の前にいるお客様のリクエストに対応するためです。「連絡なしでキャンセル」と理解されないように、到着が遅れる場合は、必ずリコンファームの電話を入れておきましょう。

■用語の説明

[用語]「オーバーブッキング(Over booking)」とは?

オーバーブッキング、オーバーブック、は、日本で言うところの「ダブルブッキング」です。

主に、海外の航空機の座席予約や、ホテルの部屋予約に定員以上の予約を受け付けること、過剰予約のことです。契約形態にもよりますが、たいてい、契約前に読んでおかなくてはいけない規約の中に、(1)この現象が起きても、費用以外の保証はしないが返金には応じる(2)「確保」を保証するものではない、といった文言が書かれています。

■H.I.S.での予約なら!

H.I.S.で海外航空券海外ホテル(事前決済)の予約をした場合は、確かに上記の規約どおりですが、H.I.S.経由での購入の場合は、海外50ヶ国以上の支店ネットワークで「24時間日本語対応の安心サポート」が利用できます。英語が苦手なお客様に代わって交渉をしてくれることも。困ったときはすぐに電話をしましょう。

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]