更新日:

世界初!夜にだけオープンするというシンガポールの動物園

夜にだけオープンする動物園がシンガポールにはあるという。その名もずばり「ナイトサファリ」。広大な敷地の中に、自然に近い状態で飼育されている動物たちの夜の生態を観察することができる世界初のサファリパークです。ツアーを利用すれば現地でしか予約できない日本語の解説が付き園内を巡るトラムカーのチケット購入手続きも済ませてくれます。

1,105 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

夜こそが野生動物たちの時間

闇に紛れて身を守る、逆に闇を利用して獲物を狙う、野生で生きる動物はそれぞれの性質に応じて、夜に行動が活発になる種類が相当数います。むしろ夜こそ、野生動物たちの生き生きとした姿を見ることができる時間帯と言えるでしょう。

フクロウ

そうしたリアルな動物たちの行動を観賞できる、世界初の夜にだけオープンするという動物園として、ナイトサファリは1994年に設立されました。

40ヘクタールという広大な敷地には2,500頭以上の動物たちが、野生に近い状態で飼育されています。アジアだけでなくアフリカやオーストラリアなどの地域の動物がいますが、そのうちの約72%は絶滅の危機に瀕している種です。

時には動物達が見学者の近くまで寄ってくることもあり、まさに迫力満点。オープン以来圧倒的な人気で、休日はもちろん平日も大勢の人で賑わい、シンガポールへ旅行するなら欠かせないスポットのひとつです。

東京の多摩動物園が60ヘクタールに対し、ここは40ヘクタール。小さいと誤解しないでください、東京ドーム8.5個分もの広さに相当する巨大な施設です。無計画に進んでしまうと時間内に回り切ることができなくなります。効率よく楽しむためには、シンガポール発のオプショナルツアーに参加し案内にそって説明を聞きながら、がおすすめです。

トラムで動物に大接近!

園内は7つのゾーンに分けられています。その中を「トラム」という乗り物で約45分かけて回ることができます。また、トラムでは回れない場所は徒歩で見て回るトレイルコースが4つ設定されています。

無料でもらえる園内の地図は日本語バージョンも用意されています。ツアーで見学する場合はあらかじめ配布されますが、なかった場合は入園カウンターで入手できます。

「トラム」で巡るナイトサファリのコースでは、マレートラ、インドオオカミ、ツキノワグマ、インドライオン、シマハイエナといった、ちょっと怖い動物のほかインドサイ、フラミンゴ、アジアゾウなどを見ることができます。これらの動物が、トラムの前をゆっくりと横切ることも珍しくありません。

ホワイトタイガー

コースの中盤には貯水池があり、ジャングルの風景が再現されています。月明かりに照らされた水際に動物がたたずむ幻想的な風景を見るチャンスもあります。

トラムの最後のゾーンでは、ツキノワグマを見ることが出来るかもしれません。胸に白いV字型の模様があれば、ツキノワグマです。

トラムのほかには徒歩のコースが4つ用意されています。

4つのトレイルコースは、一番見たい動物がいるコースへ

入り口から左手方向に広がる徒歩で回るコース「フィッシングキャット・トレイル」ではインドガビアル、マメジカ、ジャコウネコ、ビントロング、コツメカワウソなど、主に草地や水辺の小動物が飼育されています。15分程で回ることができます。注目はフィッシングキャットと呼ばれるヒョウを小型にしたような姿のネコ科の動物が川辺で獲物を狙い、素早い動きで魚をとらえる姿を見ることが出来るかもしれません。

このコースでアーモンドやポップコーンの様な香りがしたら、ビントロング、別名クマネコ(熊猫)、クマジャコウネコの匂いです。

そして「フィッシングキャット・トレイル」の終着点からそのまま進めるコース、「レオパード・トレイル」にはワシミミズク、アナグマのほか、思わず徒歩でも大丈夫?と聞きたくなるヒョウ、ウンピョウなどもいます。

もちろん全てのコースはしっかり安全対策されています。トレイルコースの歩道と動物の行動エリアの間には、水路や森林を設けることでゾーンが分けされていますが、時折動物が鳴き声を上げると、すぐ近くにいるような大迫力。思わず身をすくめてしまいます。

泳ぐヒョウ

また、このコース内には2つの建物があり、その中でそれぞれオオコウモリ、ムササビが飛ぶ姿を確認することが出来るかもしれません。

そしてこのコースで入り口から一番離れたあたりには「ゼブラ・カフェ」があり、ラズベリー味かキャラメル味のソースがかかったソフトクリームの様な美味しいスイーツやいくつかの飲み物があり休憩できます。

同じく徒歩で回る「イーストロッジ・トレイル」ではサバンナの動物や熱帯地方を再現しており、ハイエナやボンゴ、マレーシアのマレートラなどを見ることができます。世界四大珍獣の1つ、ボンゴはウシ科のレイヨウの一種です、胴体の美しい縦縞模様が闇の中でもくっきり目立ちます。

同じく縞模様が美しいマレートラは夜8:30と9:30に食事タイムがあり、ガラス越ではあるものの迫力のある大型肉食動物の大きな歯を見ることができます。(※2016年5月現在)

新しくできたコースは「ワラビートレイル」というコースで、名前の通り放し飼いのワラビーを見ることが出来ます。ワラビーはカンガルーを小さくしたような姿で、しぐさがかわいい動物です。ナラコート洞窟近くでは、頭上をフクロモモンガが飛び交うこともあり、そうかと思うとネコぐらいのサイズの有袋類の動物、ブラシテイルポッサムが木から降りてくるかもしれません。まさに野生の世界を感じることができるでしょう。

動物の凄さを見られるショーも大人気

動物達がいるフィールド見学のほか、楽しみたいのが園内にある「アンフィ・シアター」で行われるナイトショーです。シアターは900人収容の規模ですが、開演前にはいつも長蛇の列ができるほどの人気です。

ショーにはカワウソ、オオカミ、アライグマ、ジャコウネコなどが登場し、スタッフが軽快なトークと共にそれぞれの習性や捕食能力などを紹介します。普段見ることができないのはもちろん、想像もできなかった動物達の能力を間近に見ることができるショーです。

希望者にはニシキヘビを首に巻かせてくれる大サービスもあるので、勇気のある人はぜひ挑戦してみてください。

他にも、入り口の広場では男性パフォーマーが火を吹いたり、松明を振り回す迫力の「トライバルダンスショー」も開催されています。

お土産の購入や食事ができるレストランなどもあり、ツアーによっては食事が含まれているものもあります。

雨と防虫対策を

熱帯気候の天気は、予測不可能です。急な雨に備えてビニールポンチョを用意して行くと良いかもしれません。ギフトショップでも販売していますが、サイズが合わない場合があります。また、夜は蚊や昆虫が活動します。肌の露出がある部分には防虫対策をして、できれば肌の露出が少ない恰好をしておきましょう。

ナイトサファリへは、シンガポールのホテルが多い市内中心部からだとアクセスも簡単です。公共交通機関ならMRT(電車)も利用ができるほか、シャトルバスも運行しています。タクシーを利用しても、往復で50シンガポールドル前後の料金で行くことができます。

シンガポール

ただ、初めて行く人には施設が大きいぶん、ツアーが安心かもしれません。いずれにしてもナイトサファリは、シンガポールに行くなら欠かすことのできないひとつとして自信を持ってお勧めできるスポットです。

成田空港からシンガポールの玄関口、チャンギ国際空港までは直行便で6時間55分~7時間45分程度の所要時間です。空港からシンガポールの中心部までは路線バス、MRTなどの交通機関で20~30分程度、タクシーなら20分程度でアクセスできます。

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

シンガポールのおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(シンガポール)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • シンガポール旅行は子連れが楽しい!家族で泊まりたいおすすめホテル2017年4月13日 シンガポール旅行は子連れが楽しい!家族で泊まりたいおすすめホテル ☆実はとっても家族旅行向け!シンガポールのイメージは?海外旅行の場合、大人が楽しむ場所というイメージが強いと、子連れの家族がなかなか旅行先として選びません。そこで、シンガポールには子連れで旅行しやすい場所というイメージがあるかどうか、まずはアンケートを取って確認してみました。【質問】シンガポールが子連れで旅行しやすい国というイメージはありますか? […]
  • グアムでウォーターパークならオンワード?でもグアムプラザもおすすめ!2016年6月27日 アクセスが断然ラク!グアムでプールなら「ターザウォーターパーク」 [基礎知識]グアムの3大ウォーターパークとは?グアムの3大ウォーターパークは、ターザとPICとオンワードです。3つのウォーターパークとも、リゾートホテルに併設(ターザは隣接)しているため、宿泊することを前提にすると費用やアクセスの面で効率がよいでしょう。H.I.S.のLeaLeaLoungeは、タモン地区の中心部、ショッピングモール「ザ […]