更新日:

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

巨大な山々がそびえる南米・ペルーにある世界遺産・マチュピチュの名は、日本でも広く知られています。15世紀 ごろに築かれたとされる都市の遺跡で、標高2430メートルという高地に横たわり、「天空都市」、「空中都市」とも呼ばれるこの遺跡を訪れると、人生観が変わると言われるほど神秘的な場所です。

1,471 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

謎多きインカ帝国の遺産

南米大陸の西側、7カ国を跨いで広大なアンデス山脈が広がっています。南北7500キロメートル、幅750キロメートルの範囲に20座以上そびえる6000メートル級の高峰。その隙間に隠れるかのように残されているインカ帝国の遺跡の1つがマチュピチュです。

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

ペルー領内に位置するウンバルンバ谷。マチュピチュはその尾根にあたる傾斜地に横たわっています。およそ1300キロメートル平米の面積の遺跡には、神殿をはじめ石造りの建造物が約200あり、傾斜した都市の上下は約3000段の階段でつながっています。

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

すべての建造物に用いられている精巧な石組みの技術は、この地をかつて治めていたインカ帝国の遺跡に多く見られるものと同じような技法が用いられています。おびただしい数の石が組まれており、中には「かみそりの刃1枚も通せない」と表現されるほど密着した石もあります。

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

当時どのような技術を用いてそのように正確な石組みがされたのか、という技術面に関しては、長年の研究によってかなり解明されたようです。しかし用いられている石の中には5トンや10トンもの重量があるだろう物も数多くあり、どのように標高2000メートルを越える場所まで運んできたかということはまだ明らかになっていません。

インディージョーンズのモデルが発見

マチュピチュや、この街を築いたインカ帝国には解明されていない多くの謎が残されています。

インカ帝国は15世紀頃までマチュピチュの周辺を治めていましたが、やがてスペイン人が侵攻し、征服されました。インカの人々は文字を持たなかったため歴史の記録が無く、未だに解明されない謎が多いのです。

なぜ過酷な高地にわざわざ生活空間を築いたのかという点も大きな謎です。マチュピチュについても侵略者が来ても発見されにくくアプローチしにくいから、王が夏を過ごすための離宮だったなど、研究者の間には諸説あるようです。

マチュピチュは1911年、映画「インディージョーンズ」の主人公のモデルにもなったアメリカの探検家、ハイラム・ビンガムによって発見されました。ハイラムはインカ時代に建設された道路の調査をしていました。

大航海時代が到来し、スペインが世界中に支配を拡大していった当時、侵略を受けたインカの人々はまだ略奪されていない財宝などを隠すため、下から見上げても絶対にわからない「ビルカバンバ」という都市を築き、そこへ逃げ込んだという仮説が、当時の研究者の間にあったそうです。

調査を続けていたハイラムが、現地で知り合った子どもに連れられて見つけたのがマチュピチュです。その立地からハイラムは「この遺跡こそビルカバンバ」と唱えましたが、未だ証明されてはいません。

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

その後も多くの研究者たちによってマチュピチュの研究は進められています。「太陽を神として崇めてきたインカの人々にとって、太陽の動きを観察するのに最も良い場所だった」という説もあるほか、メインの建造物である太陽の神殿は「神である太陽に生贄をささげた場所だった」などなど、多くの説や謎が残っています。

発見からおよそ100年。高度な文明を持っていたとされるインカの人々のうたかたの繁栄を垣間見ることができる都市・マチュピチュは、日本や世界中の人々を惹きつけ続けています。

マチュピチュまでの遠い道のり

マチュピチュへ行く道のりは遠く、「リマ旅行のついでに立ち寄る」というノリで行ける場所ではありません。アプローチするにはまず、ペルーのクスコという街を目指します。クスコに最も近い空港はリマです。

成田からリマまで直行便は無く、ダラスなど北米の空港で乗り換えて行くのが一般的です。待ち時間を含めると24~30時間程です。リマからクスコまでは飛行機で1時間程です。

クスコからマチュピチュまでは100キロメートル程の距離があり、移動方法が複数あります。クスコ郊外のボロイ駅から鉄道でマチュピチュ村まで行き、そこからさらにバスや徒歩で移動し、やっと到着します。

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

たどり着くまでにはなかなかハードルが高い距離と道のりなので、リマ旅行のオプショナルツアーなどを利用するのが無難なことは確かです。しかし長い道のりだけに、個人の力で行くだけで冒険旅行さながらの楽しさになるかもしれません。

道中触れ合える南米の風景や人々との交流も思い出深いものになることでしょう。ある程度海外旅行の経験を積んだ人ならアタックする価値があります。

マチュピチュの遺跡を観光するには、日本円で5000円程の料金がかかります。入場の際はパスポートの提示も求められます。遺跡内にはトイレがありません。入場口にあるのみです。ただ一度入場しても、同日であれば再入場が可能なのでご安心を。

食べ物の持ち込みをはじめ、禁止されていることも多々あります。ネットで検索すると情報が入手できるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

ペルー訪問の際マチュピチュ観光がメインの目的であれば、ホテルはリマではなく、より遺跡に近い場所に決めたほうがいいかもしれません。クスコや、遺跡の近隣にも手頃な価格のホテルがあります。

人生観が変わるというマチュピチュへの行き方

日本の裏側にあるスポットだけに、マチュピチュに行くにはどうしても長い時間がかかってしまいますが、長期休暇が確保できるチャンスがあれば、ぜひ一度は行ってみたい場所です。

リマ(ペルー)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(ペルー)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力2016年8月12日 偉大なる世界遺産カンボジア・アンコールワット 神が宿るアンコールワットアンコール遺跡はカンボジアの北西部に位置しています。約400平方キロという広大な面積で、大小600の遺跡群が残されています。9~15世紀前半、カンボジアが前身のクメール王国だった頃に建設されました。日本では「アンコールワット」という名がよく知られています。これはアンコール遺跡の一つである、ヒンドゥー教寺院のことです。12世紀の半ば、30 […]
  • 万里の長城の長さは伸ばせないけど修復しに行こう2016年8月12日 【世界遺産】万里の長城の長さは伸ばせないけど修復しに行く旅 長い歴史を経て現代に残る奇跡の世界遺産中国・北京旅行をより深く楽しむ秘訣は、観光スポットに秘められた歴史を知ることです。万里の長城の歴史の始まりは、春秋時代にまでさかのぼると言われています。古代中国では大小の国々が乱立していて、それらの国が、異民族の侵入を防ぐために、「長城」と呼ばれる長い防御壁を作っていました。紀元前221年になると、秦の始皇帝が中国全土を統 […]