公開日:

一生モノのケニア旅行! アフリカの大草原ではどんな野生動物に出会える?

波打つ黄金色の草原を走り抜けるシマウマに、砂ぼこりをあげながら突き進むヌーの大群。そして、それらの頂点に君臨する百獣の王・ライオン。ケニアを旅行するならアフリカの野生動物に会える「マサイマラ国立保護区」ははずせないスポットです。

最近ではグランピング感覚で楽しめるホテルも充実していて、部屋からはどこまでも続く地平線や燃え上がる夕焼けを独り占めできることも。自分の周りにある何もかもがケタ違いのスケール……。そう感じさせてくれるのがケニア旅行なのです。

9 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ケニアへの旅行はどうやって行くの?

日本からケニアへ旅行する際は、ケニアの首都ナイロビを目指します。直行便は飛んでいないため、ヨーロッパ経由や中東経由で向かいます。

中東を拠点とするエミレーツ航空やエティハド航空利用は、飛行時間が短いのが魅力。弾丸だと2泊5日間でケニアを旅行することもできますが、見どころを網羅したいならケニアの旅行は5泊8日間もしくは6泊9日間は欲しいところです。

ケニア3大ハイライトの1つ・アンボセリ国立公園

ケニア3大ハイライトの1つ・アンボセリ国立公園

ケニアを旅行する前に準備したいもの

ビザはオンライン申請でも所得可能

ケニアを旅行する際、日本人旅行者は一次入国ビザ(観光ビザ)を取得する必要があります。駐日ケニア共和国大使館のウェブサイトからオンラインでビザ申請が可能です。もしケニアだけでなく周辺のタンザニア、ウガンダも訪れて、ビザ有効期限内にケニアへ戻る場合は、再入国のビザは不要です。

黄熱病予防接種の証明「イエローカード」、マラリア予防薬などの用意も安心

もう1つ、ケニアを旅行する前に済ませておきたいのが予防接種。ケニアを旅行する際は黄熱病の予防接が推奨されています。周辺の感染の危険性のある国や地域を経由する場合に必須になることもあります。その場合は、受けた場合は予防接種済を証明する「イエローカード」を持っていきましょう。(ケニアだけの短期旅行であれば必須ではありません。)またマラリア予防薬も旅行前から服用しておくと安心です。

ケニア旅行で動物を見るならマサイマラ国立保護区へ

アフリカの野生動物が暮らすマサイマラ国立保護区は、ケニアで人気の観光地のひとつ。首都ナイロビから270km離れた場所に位置し、東京都23区の2倍以上の広大な敷地内では、見られる動物の種類も他の場所に比べて多いのが魅力です。隣国タンザニアのセレンゲティ国立公園とも接しており、動物たちが両エリアを自由に行き来しています。

360度に広がり続ける大草原。まぶたに焼き付けておきたい

360度に広がり続ける大草原。まぶたに焼き付けておきたい

ナイロビ~マサイマラの行き方

ナイロビからマサイマラ国立保護区への行き方は2通り。

・陸路
5〜6時間ほど舗装されていない道を通る方法。いかにもアフリカ的なタフなコースといえましょう。

・空路
長時間のドライブが心配だったり、時間が限られていたりする場合、ケニア国内を旅行する際は飛行機の方がおすすめ。飛行機なら片道45〜60分ほどで到着します。
飛行機は小型なので、荷物は1人あたり15kgと厳しく、預けられるのはソフトケースのみ。スーツケースのようなハードケースは預けることができません。

ケニア旅行のベストシーズンは?

ケニアが位置するのはインド洋に面したアフリカ大陸の東側。国土の大半が標高1100m以上なので、赤道直下にも関わらず、一年を通じて乾燥した過ごしやすい気候が特徴です。

マサイマラ国立保護区を目的にケニアを旅行するなら、7~10月、1〜2月がおすすめ。その時期のマサイマラ国立保護区は乾季を迎え、大地を覆っていた草木がなくなっている状態になります。
新しい水場やエサを求め、170万頭近いヌーがマサイマラ国立保護区だけでなく、隣接のセレンゲティ国立公園内で大規模な移動を行います。

ヌーの大移動は数千年以上前から現在まで続いている

ヌーの大移動は数千年以上前から現在まで続いている

ヌーの大移動で感じる生態系の神秘

枯れた大地に黒い斑点が絶えることなく続くヌーの行列は壮大! 流れの激しいマラ川を命がけで渡る様子からは大自然の厳しさが感じられます。
この大移動はヌーだけにとどまらず、トムソンガゼルやシマウマなど他の草食動物も続き、さらにライオンやチーターなど肉食動物も狩りへ繰り出します。

アフリカの大平原では、異なる種類の動物同士が影響し合って暮らしている

アフリカの大平原では、異なる種類の動物同士が影響し合って暮らしている

大地の上で互いに影響し合うアフリカの動物たち。マサイマラ国立保護区では大自然が育んできた生態系を見ることができます。
ヌーの移動は乾季が影響していると推測されていますが、その開始時期は毎年異なっています。世界七不思議の1つとも言われ、これほど大規模なヌーの移動を見られるのはアフリカでもマサイマラ国立保護区とセレンゲティ国立公園だけと言われています。

ケニア旅行で動物に接近できるツアーは1日2回

「野生動物の間近まで迫りたい!」 そんな願いを実現できるサファリツアーはゲーム・ドライブと呼ばれ、基本的に動物たちが活動する朝と夕方の1日2回行われています。

アフリカの中でも動物が豊富なマサイマラ国立保護区。中でも敷地面積に対するライオンの生息数は世界一を誇ります。自然の中をのびのびと暮らすライオンに近づくのはちょっとドキドキしますが、日本の動物園では決して見られない一面をのぞかせてくれるはずです。

マサイマラでは100種類近い動物と570種類の鳥類が生息

マサイマラでは100種類近い動物と570種類の鳥類が生息

ケニア旅行中に見たい! BIG5の動物

鳥類を含めると670種類近いアフリカの野生動物が住むマサイマラ国立保護区ですが、ゲーム・ドライブしている際に「遭遇したらラッキー!」と言われる動物が5種類います。それはゾウ、ヒョウ、ライオン、サイ、バッファローのことで、現地ではまとめて“BIG5”と呼ばれています。

特にヒョウは、木の上で昼寝をしていることが多く、発見が困難な動物。複数のガイドさんが目撃情報をこまめに交換しながら、BIG5を探しに日々奔走しています。訪れたなら、ぜひ全種類をカメラに収めておきたいものです。

群れで暮らすゾウは迫力満点

群れで暮らすゾウは迫力満点

できたらマサイマラには3~4日間滞在したい!

ケニア旅行の目玉となる、野生動物ウォッチング。ただし、日によってはお目当ての動物が見つからない場合もあります。
そこでマサイマラ国立保護区には3~4日間滞在して、ケニアの大自然を満喫するのがおすすめです。ゲーム・ドライブ以外にも「気球に乗ったまま頭上から野生動物を観察できる「バルーンサファリ」も人気。だんだんと空が明るくなる時間帯に出発するので、一日の始まる様子を全身でドラマティックに感じられます。

上空からの視点も刺激的な空中散歩。ぜひデジカメ持参で!

上空からの視点も刺激的な空中散歩。ぜひデジカメ持参で!

ケニア旅行での必需品

朝晩の冷え込みが厳しくなるケニア。旅行の際は夏でも体温調節ができる防寒具やウィンドブレーカーなどがあると心強いでしょう。
空気が乾燥しているので保湿対策も忘れずに。ケニアを旅行する際は、日焼け止め、サングラス、帽子、のど飴、クリームなどが必需品です。
双眼鏡があれば、はるか遠くの動物も見られ、ワイルドかつリアルなサファリをより楽しめます。

優雅なホテル滞在も楽しめるケニア旅行

まだまだ日本ではケニアは特殊な旅行先というイメージですが、実はヨーロッパでは野生動物を目的に昔からケニアは人気の旅行先でした。そのためホテル設備も充実しているのが嬉しいポイント。壮大な自然を満喫しつつ、優雅なグランピングを楽しめます。

雄大なサファリを眺めながらの食事は最高

雄大なサファリを眺めながらの食事は最高

  • 安心の日本語ガイドがご案内!=マサイマラ&ナイバシャ湖周遊6日間 マサイマラ国立保護区で野生動物を観察!!ナイバシャ湖にてボートサファリを体験!!
  • 詳細はこちらからご覧ください 

アフリカンな色使いの「マラ・セレナ」

高台に建てられた「マラ・セレナ」は眼下にサバンナが広がり、マラ川も見渡せる眺望抜群なホテルです。
客室やレストランは、マサイ族の家がテーマになっていて、カラフルで可愛らしいインテリアが印象的。ツアーがない日中はパノラマビューが楽しめるプールでのんびりとした時間を過ごすのがおすすめです。

マラ・セレナは丸みをおびた外観が特徴

マラ・セレナは丸みをおびた外観が特徴

趣きある老舗「ガバナーズ・キャンプ」

1972年からケニアを訪れる旅行客をあたたかくもてなしてきた「ガバナーズ・キャンプ」。
木々の間にひっそりとたたずむ景観は、まるで建物自体が自然の一部のよう。マラ川からも近く、テント式ロッジからは雄大なアフリカの大地が肉眼で望めます。そのクラシックな雰囲気は、欧米からの観光客を魅了し続けています。

ガバナーズ・キャンプでは、すぐ近くまで野生動物が接近してくることも

ガバナーズ・キャンプでは、すぐ近くまで野生動物が接近してくることも

浴室含むどの部屋からも景色が堪能できるデザイン

浴室含むどの部屋からも景色が堪能できるデザイン

動物好きなら他の国立公園も!

ケニアを旅行する際、マサイマラ国立保護区は外せないケニアの人気旅行スポットですが、時間があるのなら他にもあるケニアの名所を旅行してみましょう。

動物好きならマサイマラ国立保護区だけでなく、ケニアを代表する3大国立公園・保護区を制覇してみるのもいいかもしれません。
ナイロビ市内から車で約2時間の距離にある「ナクル湖国立公園」はその中のひとつ。ここはフラミンゴが有名ですが、ペリカンなどの水鳥も豊富なので、バードウォッチングの天国とも呼ばれています。ケニア各地で保護された動物も受け入れており、その中には絶滅危惧種のクロサイも含まれています。

世界遺産の一部としても登録されているナクル湖

世界遺産の一部としても登録されているナクル湖

マサイマラ国立保護区、ナクル湖国立公園と並び、もう1つのケニア3大国立公園・保護区はアンボセリ国立公園です。

タンザニアとの国境近くに位置し、アフリカ最高峰のキリマンジャロを背景に野生動物がたたずむ景観は、まさに絶景。ヘミングウェイがケニアを旅行した際、「キリマンジャロの雪」を執筆した場所としても有名です。3大国立公園・保護区草原は草原、湖、山などそれぞれ異なる自然を堪能できる、もっともケニアらしい旅行先なのです。

朝と夕方のわずかな時間に姿を現すキリマンジャロ

朝と夕方のわずかな時間に姿を現すキリマンジャロ

サークル・オブ・ライフの世界へ

ライオンにシマウマ、ゾウやヌーなど、日本では動物園でしか見ることができなかった動物が自由に駆け巡る国、ケニア。旅行で訪れるなら、野生動物の宝庫といわれるマサイマラ保護区はぜひ訪れたいところです。
マサイマラ保護区以外にも、国立公園、国立保護区、動物保護区のエリアが国内に59ヵ所もあるほど自然が豊かなケニアで、旅行中に目にする景色を脳裏に焼き付けながら、アフリカらしい生命のエネルギーを受け取りましょう。

空を燃え尽くすほどの巨大な夕日は、人生の宝モノになること必至

空を燃え尽くすほどの巨大な夕日は、人生の宝モノになること必至

日本でもなじみのある“サファリ”という言葉は、実はアフリカ東部・中部で使われていたスワヒリ語が語源になっています。その後、19世紀後半に英語に取り込まれ、日本に伝わってきました。
もともとは“長い旅”を意味するサファリ。その言葉の通り、アフリカ大陸にあるケニアへの旅行は距離的にも時間的にも長い旅なのかもしれませんが、その時間を裏切らない感動があるはず。アフリカの大草原で目にした動物たちの姿はきっと生涯の思い出となって脳裏に刻まれることでしょう。

>ナイロビのホテル一覧
>モンバサのホテル一覧
>ケニアのオプショナルツアー一覧

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 上海は素敵な夜景の宝庫2019年8月19日 上海は素敵な夜景の宝庫 上海の三大夜景スポット上海旅行と聞いてなにを思い浮かべるでしょう。近未来的なタワーや高層ビル群? あるいは「豫園商城(ユーユェンシャンチャン)」のような一大観光地でしょうか。ものすごいスピードで経済発展を遂げる中国の象徴ともいうべき上海は、海外旅行先としても人気の都市となりました。そんな上海は、実は素敵な夜景の宝庫。中でも上海三大夜景と呼ばれる代表的なエリアは […]
  • ピンクガネーシャにお願い事をしてから、おしゃれバンコクに繰り出そう!2019年9月6日 ピンクガネーシャにお願い事をしてから、おしゃれバンコクに繰り出そう! バンコク旅行ならピンクガネーシャはハズせないタイ旅行では、「スコータイとその周辺の歴史的都市群」「アユタヤ」といった世界遺産も観光地として人気がありますが、近年特に注目されているのがパワースポット。中でも一番人気は、SNSでも話題の巨大なピンクガネーシャ像で知られる「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」という寺院です。ピンクガネーシャはバンコク旅行でもとくに時間を割い […]