更新日:

冬の欧州観光で「ミュンヘンのクリスマスマーケット」がオススメな理由

ヨーロッパでは、クリスマス前の約1カ月間、各地で「クリスマスマーケット」が開催されます。中でも盛んなのはドイツで、150以上の都市で、2500カ所以上のクリスマスマーケットが開催されると言われています。中世の町並みが美しい「ニュルンベルグ」、世界最古のマーケットと言われる「ドレスデン」、世界最大級の規模と言われる「シュトゥットガルト」がドイツ3大マーケットと呼ばれていますが、それに続いていま人気急上昇中なのが、ミュンヘンのクリスマスマーケットなのです。

6,454 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ミュンヘンマリエン広場

見どころいっぱい!ミュンヘンのクリスマスマーケット

ミュンヘンは、ドイツ南部のバイエルン州にあり、ドイツではベルリン、ハンブルクに次いで3番目に大きな都市として知られています。しかし、大都市の割には都会的な雰囲気が少なく、むしろのどかな雰囲気なので、「人口130万人の村」と言われることも。つまり、人口130万人を擁する大都市にもかかわらず、小さな村にいるような居心地がよい街、それがミュンヘンなのです。

ミュンヘンの見どころは、歴史的な建物が立ち並ぶ旧市街です。その中心にはリング状の大通があり、そのさらに中心にあるのが、ミュンヘンのシンボルと言える「マリエン広場」です。ミュンヘンのクリスマスマーケットでは、この広場を中心に、11月の最終日曜日からクリスマスイブの12月24日まで開催されます。

マリエン広場で開催されるミュンヘンのクリスマスマーケットには、100台もの屋台が立ち並び、市民や観光客は立ち飲みしたり、おみやげを買ったりと、あれこれ見て回りながら思い思いの時間を楽しめます。

同広場に面した「新市庁舎」には「グロッケンシュピール」と呼ばれるドイツ最大の仕掛け時計があり、11時と12時、そして17時(3月~10月のみ)に15分間動きます。クリスマスのミュンヘンに響く鐘の音は、実に厳かで、心があったかくなります。また毎日、広場で生演奏が聴けるのも、ミュンヘンのクリスマスマーケットの特徴です。

ちなみにこの新市庁舎、「新」なのに1909年 に完成した歴史的建造物。ネオ・ゴシック様式の重厚な趣が、ミュンヘンのクリスマスマーケットの趣を一段と高めてくれ、高さ25mほどあるクリスマスツリーとのコントラストは絵画のような美しさです。

そして、ミュンヘン新市庁舎には、レストラン『Ratskeller(ラーツ・ケラー)』があります。英語のメニューがあり、メニューにはぜひ食べておきたい、ミュンヘンの白ソーセージや、ニュルンベルクの焼きソーセージが並びます。

なぜミュンヘンのクリスマスマーケットがおすすめなの?

クリスマスマーケットの商品_木工製品のトナカイ

では、なぜミュンヘンのクリスマスマーケットがおすすめなのでしょう。それはまず、ミュンヘンには日本からの直行便が飛んでいることが挙げられます。飛行機に乗ったら、乗り継ぎなしでそのままミュンヘンなので、アクセスしやすいのがポイントです。

また、「人口130万人の村」と言われるだけあって、観光客に対してすごくフレンドリーな点が挙げられます。規模や華やかさだけでなく、あったかさがあるのが、ミュンヘンのクリスマスマーケットの最大の魅力と言えるでしょう。

市中心部のマリエン広場以外でも、徒歩で行ける距離で、別のマーケットが楽しめるのも、観光客にはうれしいポイントです。マリエン広場から徒歩圏内の場所にある「ノイハウザー通り」や「カウフィンガー通り」をはじめ、ゆっくりと回転する巨大ピラミッドのある「リンダーマルクト」や、中世のドイツのクリスマスをイメージしたクリスマスマーケットのある「ビッテルスバッハー広場」など、ミュンヘン市内のクリスマスマーケットをバラエティ豊かに楽しむことができます。

ミュンヘンではどんなグッズが買えるの? クリスマスに人気のお土産は?

かわいい木工細工

ミュンヘンのクリスマスマーケットの楽しみといえば、もちろんショッピングです。

マーケットをウインドウショッピングしていると、クリスマスを彩るグッズがたくさん目に付きます。クリスマスツリーの飾りになるオーナメントは、本当に可愛らしいものばかり。中でも土地ごとの名前が入った「ご当地オーナメント」は、おみやげにも最適です。

キャンドルやキャンドル立ても種類豊富です。中には、火をつけたらロウソクの熱で回転するような凝ったものまで売られています。

そのほか、木製のおもちゃやお菓子の焼き型、リース、クリスマス飾りなど、どれもラブリーなものばかりで、目移りすること間違いなし。女性なら「これ、かわいい!」の無限リピートが続くことでしょう。ショッピングには、かなり時間に余裕を持っておくことをオススメします。

ミュンヘンのクリスマスは防寒対策をしっかりと

リスの置物

ミュンヘンでクリスマスマーケットが開催される時期は、厳寒のシーズン。11月の最低気温は1度、12月になるとマイナス6度まで下がります。真冬の防寒対策をして行きましょう。

ただし、室内やバスの中は暖房がかかっているので、分厚いアウターで脱いだり着たりしやすいものが理想的。冷たい空気に触れないためのマフラーや手袋はマストですが、小物類はクリスマスマーケットでも販売しているので、お気に入りのものがあれば、現地調達するのも手です。日本からは使い捨てカイロを持参をお忘れなく。これさえあれば、ミュンヘンのクリスマスの凍える寒さにも楽勝です。

その他にも、ショッピングの戦利品が増えてしまった時のためのパッカブル仕様のエコバッグや、食べ歩き時に便利なウェットティッシュも持参すると、何かと重宝します。

古都ミュンヘンは見どころいっぱい!スポットガイド

ドイツ有数の古都であるミュンヘンは、クリスマスの時期でなくても、見どころがいっぱいです。ぜひミュンヘン観光も目いっぱい100%楽しみましょう。ミュンヘンはホテルが市中心部にたくさんあるので、宿泊に困ることはありません。

フラウエン教会

フラウエン教会

ミュンヘンのシンボル的存在と言えるのが、大きな玉ネギ型のドームがツインで塔になっている「フラウエン教会」です。塔の高さは約100メートルあり、南塔はエレベーターまたは階段で登ることも可能。天気が良ければ、はるかアルプスも眺められます。この教会は15世紀後半に建造された後期ゴシック様式で、入口付近にある「悪魔の足跡」は、ミュンヘン必見の観覧ポイントです。

ミュンヘンでもっとも古い教会とされる「ペータース教会」も、足を運びたいスポットです。塔を登るには300段の狭い階段を上がる必要がありますが、塔からの眺めは実に素晴らしいものがあります。

レジデンツ

レジデンツ

ミュンヘン観光の目玉のひとつ「レジデンツ」は、14世紀から約500年間、バイエルンの王族が住んでいた宮殿です。中に入ると、歴代の君主が増改築を続けただけあって、贅の限りを尽くしたインテリアに目を奪われます。当時の貴族の生活に思いをはせ、時間が経つのを忘れてしまうほどのインパクトです。

ミュンヘンのクリスマスマーケット必需品! 名物ホットワインでほっこり

ミュンヘンマリエン広場で開かれるクリスマスマーケット

マリエン広場

寒いミュンヘンのクリスマスを温めてくれる名物ドリンクといえば、かわいらしいマグカップに入ったホットワインの「グリューワイン」です。赤ワインの中にはオレンジピールなどの香辛料や砂糖などが入っていて、甘く豊かな風味が体を芯からあっためてくれます。

注文時に飲み物代とカップ代を支払い、飲み終わってカップを返すと、カップ代が返金されるシステムです。もちろん、カップが欲しいときはそのまま持ち帰ってOKですし、「カップだけ欲しい!」というリクエストにも応えてくれます。

そして忘れちゃならないのが、ビールです。ミュンヘンは、ドイツ最大のビール醸造所があるビールの聖地。毎年秋にはビールの祭典「オークトーバー・フェスト」が開催されます。寒いクリスマスの時期、ミュンヘンの寒空の下で飲む、冷たいビールも旅の良い思い出となるでしょう。

アルコールのお供には、名物のソーセージをぜひ! ミュンヘンのクリスマスでは、焼きソーセージはもちろん、カレー味のソーセージや、ハンバーグのようなものまで各種ソーセージが満喫できます。また、ピザやフライドポテト、クレープのようなスイーツまで、さまざまなフードが楽しめます。

ひと足延ばして①~ニュルンベルグのクリスマスマーケット

ニュルンベルグのクリスマスマーケット

ニュルンベルグのクリスマスマーケット

ミュンヘンのクリスマスマーケットを満喫したら、ドイツの他の町のクリスマスマーケットにも足を運んでみてはいかがでしょう。ミュンヘンのクリスマスとは違った、その町独自の味わいがあります。

城壁に囲まれた中世の町並みが美しい「ニュルンベルグ」では、世界中から約200万人もの観光客が押し寄せる「世界一有名なクリスマスマーケット」が開催されます。

中央広場「ハウプトマルクト」に出現するメイン会場には、200近い屋台がびっしりと軒を連ね、大変なにぎわいを見せます。14世紀に建てられたフラウエン教会など、クラシカルな建物もムードたっぷり。

また、ニュルンベルグに来たら、ご当地グルメ「ニュルンベルガーソーセージ」をぜひ味わってみてください。ハーブやスパイスの香りが食欲をそそります。

nuremberg bratwurst

ニュルンベルガーソーセージ

ミュンヘンからニュルンベルグまでは、ICE(高速鉄道)で約70分です。

ひと足延ばして②~ノイシュバンシュタイン城

冬のノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城

ロマンチックなドイツの思い出を、ミュンヘンのクリスマスに追加して、もう一つ作りたい。そんな思いに駆られたら、迷わず「ノイシュバンシュタイン城」に足を運びましょう。

ノイシュバンシュタイン城は、女性が誰でも一度は夢見たシンデレラ城のモデルになった城です。豊かな自然の中にたたずむ姿は、一生忘れられないほどの美しさです。

城の中は、数奇な運命をたどったルートヴィッヒ王の魂が今も住み着いているようで、豪華絢爛なファブリックやインテリアにうっとりすること間違いなし。

ノイシュバンシュタイン城へは、ミュンヘンの現地オプショナルツアーを利用するのが賢い選択。ミュンヘン発着なので、ミュンヘンをベースに観光するなら大変便利です。特に、ノイシュバンシュタイン城と、ロココ様式の豪華な装飾で知られる「リンダーホーフ城」を1日でめぐるツアーが人気です。

日本からミュンヘンへのアクセスは?

ミュンヘン

日本からミュンヘンへのアクセスは、東京(成田・羽田)からミュンヘンへの直行便が、JALやANA、ルフトハンザ・ドイツ航空から出ています。飛行時間の目安は、約12時間です。また乗り継ぎ便なら、ターキッシュエアラインズなど各社が運航しています。

ミュンヘンには、「H.I.S.海外支店 ミュンヘン支店」など、日本の旅行会社が支店を持っています。ツアー利用者なら、ここで現地オプショナルツアーの申し込みなど受け付けているので、現地で大変便利です。面倒な手続きはイヤ!という方は、あらかじめ日本で申し込んでおくといいでしょう。この冬は、素晴らしいミュンヘンのクリスマスをお過ごしください!

ミュンヘンのスポット情報

レジデンツ宮殿

住所Verwaltung der Residenz München Residenzstrasse 180333 Munich
電話番号(0)89 290 671
FAX(0)89 290 672 25
開館時間4月~10月16日9:00~18:00 (最終入館~17:00)/10月17日~3月 10:00~17:00(最終入館~16:00)
休館日1月1日/懺悔火曜日/12月24~25日/31日

オクトーバーフェスト

開催期間2018年9月22日~10月7日
初日以降の営業時間:平日/テント10:00~23:30/土日祝/テント9:00~23:30
*Käfer(特選食料品)とワインのテントは25:00(AM1:00)まで営業。

ノイシュヴァンシュタイン城

アクセスフュッセン駅バスターミナルから『シュヴァンガウ』か『ターゲルベルグバーン』行きのバスに乗車『ホーエンシュヴァンガウ』で下車する。そこから徒歩40分程度。 / バスでは、ホテル『Lisl(リースル)』前から出発『マリエン橋』で下車する。そこから徒歩10分程度。
開館時間4月~9月9:00~18:00(ガイドツアーは~17:00)/10月~3月10:00~16:00
休館日1月1日/12月24・25・31日
入場料12ユーロ(ホーエンシュヴァンガウ城との共通チケットの場合21.50ユーロ)

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

ご旅行前に外務省・安全情報(ドイツ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • まるで童話の世界! ドイツの3大クリスマスマーケット2016年11月22日 ドイツ3大クリスマスマーケット・かわいいオーナメントを探しに行く旅 ドイツのクリスマスマーケットとは?ヨーロッパ各国では、毎年11月の感謝祭後からクリスマス前までの準備期間に、クリスマスマーケットが開催されます。ドイツはクリスマスマーケット発祥の地と言われており、国内2500カ所以上の場所で開催され、ドイツ国内中がクリスマスムードに包まれます。ドイツのクリスマスマーケットでは、会場中央に設置されたモニュメントを中心にマ […]
  • 人情とグルメとスパの街、ドイツ・ミュンヘンはひとり女子旅におすすめ2016年10月26日 人情とグルメとスパの街、ドイツ・ミュンヘンはひとり女子旅におすすめ お話をうかがった方NILOさんシンガーミュンヘン在住のシンガーソングライター。2007年メジャーデビュー。オフィシャルサイト2007年に日本でメジャーデビューし、2011年からミュンヘンに拠点を移して活動されているシンガー。これまでもバックパックを背負って世界中を巡ってきた、1人旅のエキスパートでもあります。女性の1人旅についてアド […]