公開日:

【世界遺産】女子的マカオの楽しみ方~おすすめ&人気スポット!

香港からフェリーで約1時間、ギラギラしたカジノの街というイメージが強いマカオ。一方で、総面積が世田谷区の半分位の小さな街には、名だたる世界遺産が建ち並び、愛さずにはいられない多彩な表情と楽しみがあるのです。そんなマカオが放つ魅力の虜になった香港在住ライターが教える、女性のためのマカオ旅入門!

2,233 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

【世界遺産】女子的マカオの楽しみ方~おすすめ&人気スポット!

この記事を書いたひと

甲斐美也子
甲斐美也子さん
フリーランス・ジャーナリスト。東京で女性誌編集者として勤務後、ノルウェー、イギリス、スイスを経てまた東京に戻った後、現在は香港在住。フィガロ・ジャポン、キャセイ・パシフィック航空「香港スタイル」のほか、日本のさまざまな媒体で、香港とマカオに関する執筆や編集、コーディネイトなどを手がけていらっしゃいます。個人ブログは「香港ときどきマカオ」

マカオは世界遺産が風景に溶け込む街

マカオは大きく分けると、旧市街と老舗カジノホテル、世界遺産があるマカオ半島と、最新の巨大カジノリゾートが並ぶコタイ、コタイに隣接しつつ古い街並みも残るタイパ、のんびりとした郊外のコロアンに分かれています。

初めてのマカオへの旅行で、世界遺産をはじめさまざまな魅力を知りたいなら、マカオ半島から始めることをおすすめします。

まずは数世紀にわたり街の中心であり、マカオが誇る世界遺産、セナド広場へ向かいましょう。石畳をたどって、世界遺産の教会、レストランやショップ、カフェ、お土産屋さんなどを冷やかしながら、マカオ随一の世界遺産「聖ポール天主堂跡」に向かいます。

聖ポール天主堂跡、近景

かつては大規模な寺院だったものの、火災で焼失して、前壁だけが丘の上にそびえているという不思議な光景が広がります。

前壁の裏には階段があります(写真下)。高所恐怖症でなければ、景色も良いのでぜひ昇ってみてください。

聖ポール天主堂跡、階段

写真提供:甲斐美也子さん

また、聖ポール天主堂跡の西側には、聖ポールの姿がちらりと見える、ポルトガルのムードが漂う小径(写真下)があります。

聖ポール天主堂跡の西側、小径

写真提供:甲斐美也子さん

マカオの数ある世界遺産の中で、フォトスポットとして人気が高いのが、セナド広場の正面にあり、今も役所として使用されている民政総署です。

「アズレージョ」と呼ばれる白地に藍色の柄が入ったポルトガルのタイル(写真下)がふんだんにあしらわれています。

民政総署のタイル

写真提供:甲斐美也子さん

世界遺産の街マカオで最古の教会、聖ローレンス教会

マカオの世界遺産を集中的に見たい方におすすめなのが、セナド広場から民政総署、複数の世界遺産が集まる聖オーガスチン広場を散策し、そこからマカオの南西の端にある媽閣廟(写真下)にたどり着くというコース。さまざまな見所が点在しています。

マカオの南西の端にある媽閣廟

美しい教会もいくつかラインナップされているマカオの世界遺産群。その中で私のイチオシは、16世紀中頃に建立されたマカオ最古の教会と言われる聖ローレンス教会です。

聖ローレンス教会

写真提供:甲斐美也子さん

マカオの人の暮らしがうかがえる庶民的な古い街並みの中に優しく佇んでいます。埋め立てが進む前は海が近く、船乗りの家族たちがこの教会の階段に座って、マカオに船が戻ってくるのを今か今かと待っていたそうです。そんな言い伝えから順風万帆を祈る「風順堂」という中国名がついたとか。

現在の姿になったのは1846年。現在も地元の人たちに愛され、信者の人たちが慈しんで庭の世話をしています。遺産と言うよりも「生きた教会」という形容がぴったりです。

撮影スポットたくさん! 道に迷うのも楽しい

マカオには、世界遺産ではない文化遺産にも、人気が高い観光地があります。コロアンにある聖フランシスコ・ザビエル教会は、1928年創設の可愛らしい教会です。

ちなみに日本でもキリスト教を布教したザビエルは、マカオに足を踏み入れることは生涯なかったものの、没後に遺骨の一部がマカオに安置された途端に、台風の被害が激減したとか。それ以来、マカオの守護神として愛されています。

聖フランシスコ・ザビエル教会

写真提供:甲斐美也子さん

世界遺産をはじめマカオの魅力を知っていただくためにおすすめしたいアクティビティと言えば「道に迷うこと」。セナド広場や聖ポール天主堂跡から脇道に入って、旧市街を散策してください。マカオ半島以外では、タイパやコロアンもおすすめです。

道すがら、麻雀に興じる老人たちの様子を眺めたり、レトロなモザイクを施したアパートは、鳥かごのような鉄柵で囲まれていたり。異国情緒と懐かしさの両方を感じさせる日常の景色が続きます。

そして、そのすべてが最高の被写体。とにかくあちこちで味がある写真が撮れるので、時間を忘れてしまうかも。自分だけのとっておきのスポットをぜひ見つけてください。

マカオは治安が良いのも大きなポイント。もちろん、不安な人にはマカオのオプショナルツアーを利用して史跡巡りを楽しむのも手でしょう。

マカオの街並

中国、ポルトガル料理をはじめ多彩な料理が楽しめる!

世界遺産の街マカオには、中国やポルトガルの料理、そしてポルトガル料理をベースにしつつ中国や東南アジアの影響も受けたマカオ料理など、B級グルメからファインダイニングまでさまざまなグルメがそろっています。

ほのぼのしたローカルな飲茶なら「龍華茶楼」がおすすめ。昔ながらのスタイルで、積み重ねられた点心から食べたいものをテーブルに自分で運びます。

ゆったりと時間が止まったような緩やかさを楽しみながら、飲茶を味わいましょう。

ローカルな飲茶なら「龍華茶楼」

写真提供:甲斐美也子さん

マカオで人気のポルトガル料理店では、「リトラル」が安心しておすすめできる一軒です。間違いのない美味しさと、予約なしでもOKの入りやすさ、クラシックなインテリアで、立地も便利!

私がマカオで食べる定番は、ポルトガル名物の鱈の塩漬け「バカリャオ」を使ったコロッケ(写真下)、チョリソで出汁をとり、ケールやジャガイモを入れたスープのヴェルデ・カルダ。アサリのレモン蒸し、ピリ辛のアフリカンチキンも外せません。日本人の口に合い、胃も心も温まるはず。

「バカリャオ」を使ったコロッケ

写真提供:甲斐美也子さん

エンターテインメントも充実!

旅先では必ずスパでリラックスしたいという方も多いでしょう。

マカオの高級ホテルのスパは、ゴージャスな空間とセラピストの腕の良さが魅力。大人のムードを楽しみたい方には、「マンダリン オリエンタル マカオ」のスパで、夜のマカオタワーを眺めながらのトリートメントも素敵です。

「マンダリン オリエンタル マカオ」のスパ

写真提供:甲斐美也子さん

コタイ地区にある豪華カジノリゾートにも、実はカジノ以外にたくさんの楽しみがあるのです。

中でも必見なのが、ラスベガスで活躍する名匠フランコ・ドラゴーヌが手がけたショー「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」。

下がプールになった特別ステージを駆使した、驚異的なアクロバットと幻想的な恋物語を同時に楽しめます。

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター

写真提供:The House of Dancing Water

マカオのシンボルであるマカオタワーでのアクティビティも人気が高く、地上233メートルからのバンジージャンプが最も有名です。それはちょっと怖すぎるという方には、タワーを一周するスカイウォークXがおすすめ!

私も家族で体験して、おっかなびっくりでしたが、たっぷり撮影してくれる写真も迫力満点で、忘れられない体験になりました。

マカオタワーのバンジー

写真提供:甲斐美也子さん

マカオの世界遺産が放つ威厳、さらにバラエティ豊かな魅力と楽しさ、感じていただけたでしょうか。マカオへの旅、思い切り楽しんでくださいね。

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

お店の情報はこちら

●飲茶が楽しめる:龍華茶楼

住所3R. Norte do Mercado Alm. Lacerda, Macau

●ポルトガル料理のレストラン:リトラル

住所Rua do Almirate Sergio, 261-A, r/c, Macau
公式サイトホームページ(英語)

●夜景を眺めながらスパを味わえる:マンダリン オリエンタル マカオ

住所Avenida Dr Sun Yat Sen, NAPE, Macau
公式サイトホームページ(日本語)

●アクロバットかつ幻想的なショーが楽しめる:ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター

住所Estrada Do Istmo, Cotai, Macau
公式サイトホームページ(日本語)

●マカオタワーの人気アクティビティ:スカイウォークX

住所Largo da Torre de Macau, Macau
公式サイトホームページ(英語)

マカオのおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(マカオ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • マカオ・世界遺産を1日で30個制覇する旅って?2016年7月15日 マカオ・世界遺産を1日で30個制覇する旅 長い歴史の中で融合した中国と西洋の文化マカオは中国大陸南岸、東南アジアへの入り口とも言えるような地域に位置しています。すぐ隣にある香港と同じく中華人民共和国の特別行政区の1つです。小さな国ですが、その中に30もの世界遺産があるというのが驚きです。22か所の歴史的な建造物と8か所の広場で構成される「マカオ歴史市街地区」が、2005年7月に世界文化遺産として登 […]
  • 香港在住ライター推奨!2泊3日大満喫【香港】モデルコース2017年6月12日 香港在住ライター推奨!2泊3日大満喫【香港】モデルコース この記事を書いたひと甲斐美也子さんフリーランス・ジャーナリスト。東京で女性誌編集者として勤務後、ノルウェー、イギリス、スイスを経てまた東京に戻った後、現在は香港在住。フィガロ・ジャポン、キャセイ・パシフィック航空「香港スタイル」のほか、日本のさまざまな媒体で、香港とマカオに関する執筆や編集、コーディネイトなどを手がけていらっしゃいます。個人ブログは […]