更新日:

世界遺産の楽園「パラオ」へ直行便で行こう

多くのゲストを魅了し続けるパラオ共和国。2012年には「ロックアイランド群と南ラグーン」が世界遺産に登録されました。10万ヘクタールという広大な海に点在する445の島を擁する一帯と、美しいトルコブルーのラグーンに囲まれたマッシュルーム状の丸みのあるその島々はまさに「楽園」。

4,253 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

この海にシュノーケリングセットを身につけて浮かべば、その魅力がわかります。最初にパラオリゾートを体感すると、不思議と心が豊かになりそしてきっと次の海外リゾートを訪ねたくなります。そしてふたたび戻って来たくなる。パラオはそんな魅力をもった楽園です。

2012年ユネスコ世界遺産に登録された美しい楽園「パラオ」

海外リゾートは初めてという方にもおすすめな理由

1. 直行便で行けて時差がない

日本からパラオは、デルタ航空で成田発週2便、直行便があり、およそ4時間40分で到着します。日本とパラオの間に時差はなく、時差で辛い思いをせずにそのまま日常へと帰ってくることができます。

2. ゴールデンウィーク頃が安くてしかもベストシーズン

パラオは、赤道付近にあり小さな台風が誕生する場所に近いため、大きな台風の影響を受けることは少ないです。6月~10月が雨季にあたり特に7月と10月は雨量が多いです。11月~5月が乾季にあたり、ダイバーにとっては海が濁らない12月~5月がベストシーズンとなります。

雨季と言っても日本の梅雨とは異なり一日中雨ということは無く、降ったり曇ったりとコロコロと天気が変わります。アクティビティが中止になることはあまりありません。

3. 美しい海がある

パラオは豊かな海を楽しむダイビングスポットがたくさんあります。ツアーも多くあり、もちろんダイビングだけではなく、シュノーケリングやサーフィン、カヤックをはじめ沢山のマリンスポーツを楽しむことができる充実したオプショナルツアーがあります。海を楽しむだけで嬉しくなる毎日を過ごすことができるリゾート、それがパラオです。

4. 1島に1つの贅沢なリゾートホテル

アラカベサン島にある「PALAU PACIFIC RESORT(パラオ パシフィック リゾート)」

マラカル島にある
「PALAU ROYAL RESORT(パラオ ロイヤル リゾート)」

コロール島にある「PALAU PLANTATION RESORT(パラオ プランテーション リゾート)」

3つがパラオの代表的な高級リゾートホテルです。少し背伸びをしてでも3つのホテルのいずれかで、ぜひ行き届いたホスピタリティを体験してほしいです。

「PALAU PACIFIC RESORT(パラオ パシフィック リゾート)」略してPPR(ピーピーアール)は、ラグジュアリーホテルとして人気があり、美しい夕陽が望めるプライベートビーチがあり、スパも併設されています。シュノーケリングセットを借りてホテルの目の前のビーチで海に浮かぶだけの過ごし方、正しい海外リゾートの過ごし方かもしれません。浅瀬でも小さな魚たちを見ることができます。

「PALAU ROYAL RESORT(パラオ ロイヤル リゾート)」にはプライベートビーチとヨットハーバーが併設されています。H.I.S.パラオデスクがあり、日本人スタッフが常駐しているため、オプショナルツアーの追加申し込みや困った時に相談でき、旅の初心者には安心です。

「PALAU PLANTATION RESORT(パラオ プランテーション リゾート)」は市街地にありながらジャングルとタロイモ畑に囲まれており、夜は爬虫類の鳴き声が聞こえるという珍しいホテルです。また、ホテル内の居酒屋「JUNGLEBAR」の食事が美味しいと評判です。

2012年ユネスコ世界遺産に登録された美しい楽園「パラオ」

海の魅力を様々に体感できる

パラオは日本からほぼ真南に位置する、多数の島々から成るミクロネシアという地域の中にある温暖な国です。バベルダオブ島という大きな島の南北に小さな島が点在して国土を形成しており、なんといっても美しい海が魅力的です。ビーチリゾートやダイビングの名所として世界中から人気があります。

同様の魅力を持つスポットは世界にいくつかあります。日本人に身近なのはグアムやハワイですが、それらのスポットよりも観光客は少なく観光地色も薄いため、その点を気に入って何度も訪れるリピーターもいるようです。

2012年ユネスコ世界遺産に登録された美しい楽園「パラオ」

パラオを訪れたらビーチでのんびり過ごすのもよし、パラオ旅行のオプショナルツアーを利用してダイビングやフィッシングのほか、数々のマリンスポーツを楽しむのもよし。美しい海を満喫するのがパラオの旅行では欠かせません。

ミルキーウェイ

そしてパラオの海の魅力はもうひとつ。「ミルキーウェイ」というスポットの海底部にある白い泥は、パックのように使用すると美容効果が期待できます。この近隣では全身を泥で真っ白にしたまま通りを行き交う観光客や地元民がたくさんいます。女性ならぜひ試してみてください。

2012年ユネスコ世界遺産に登録された美しい楽園「パラオ」

世界遺産ロックアイランド群と南ラグーン

世界遺産に登録されたエリア、北のコロール島から南のペリリュー島までに点在する445の島々で構成されるロックアイランドは全て火山とサンゴの隆起により出来た島々で、石灰岩で出来ており、その上にマッシュルーム状に緑が植生し青い海と伴って、ひときわ目を引く自然美が生まれています。

また、美しいだけではなく、現在は無人島であるウーロン島に古代パラオ人が遺したと言われる2,000年から3,000年前の岩絵が残されており、その他950年前の石造りの集落の跡など、歴史的な見どころもあります。

そして、気候に恵まれ、絶滅危惧種の魚や珊瑚礁、貝類、鳥類、植物など、多くの生態を保持していることも確認されており、保護と規制の目的からロックアイランドを含むコロール州でダイビングやシュノーケリングをする際には、「ロック・アイランド&ダイビング許可証」が必要です。1人US$50で10日間有効です。

自然に恵まれた海に魅せられたのはダイバーたちだけではなく魚や植物、鳥類も同じでした。人類の共通の宝であると定義され次の世代に受け継いでいくものとされる世界遺産、その豊かさをパラオで感じる旅は心を豊かにしてくれるかもしれません。

パラオの基本情報

パラオの公用語はパラオ語ですが、リゾートホテル内は英語が通じます。治安は良く、また、温厚で親日国であることもあり、人懐っこい人々が多いです。

2012年ユネスコ世界遺産に登録された美しい楽園「パラオ」

夜は、ホテルの外へ出歩くことは控えた方が良いでしょう。日本人が夜安全に歩ける地域は、世界でも稀です。その他、野良犬に遭遇した場合は要注意です。狂犬病のニュースはないですが、怪我をしないに越したことはありません。十分注意してください。

他には、チップの習慣がないことや、ビザなしで30日間滞在可能であること、通貨は成田空港で両替できる米ドルが使用できるといった要素も、パラオを身近な旅行先にしています。

パラオの首都はバベルダオブ島のマルキョクという都市です。パラオ国際空港があり、コロールの中心部までは車で30分程度。2006年までは「コロール」というコロール島にある都市が首都であったことから、ホテルや商業施設もコロール島の方にたくさんあります。

パラオのおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(パラオ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • パラオの世界遺産「ロックアイランド」を半日で満喫する方法2017年9月26日 パラオの世界遺産「ロックアイランド」の無人島を半日で満喫する方法 「ロックアイランド」はパラオ最大の見どころミクロネシアの楽園、パラオ共和国。その中でも一番の知名度を誇る観光スポットが、パラオの至宝「ロックアイランド」です。2012年6月、パラオの「南ラグーンのロックアイランド群 」は、世界複合遺産 […]
  • グアム最大の楽園「ココス島」の楽園たる5つの理由2016年6月27日 【グアムの離島】タモン地区から送迎付ツアーでココス島へ行こう! グアムの離島はひとつグアムの離島は「ココス島」という名前です。グアムの離島と言えば「ココス島」と「ジープ島」があげられることがありますが、「ジープ島」は、ミクロネシア連邦という国の607の島のひとつでグアム(アメリカ合衆国)ではありません。しかし、グアム空港から飛行機で1時間半の南東にあるトラック本島の船着場からさらにボートで40分ほどの場所にある離島です。 […]