世界遺産

1/4ページ

世界100ヵ国以上を旅してきた添乗員がおすすめ!スイスの世界遺産4選

世界遺産検定1級を保持する添乗員が見るべきポイントと世界遺産の魅力をお伝えします。 この記事では、添乗員雨川和世が選ぶ、スイスの世界遺産4選をスイスの豆知識とあわせて解説します。 スイスには12件の世界遺産がありますが、その中でも季節の魅力と共に添乗員目線で本当に行くべき世界遺産をご紹介! 今回聞いた人:添乗員歴約22年。世界107ヵ国を旅し、世界遺産検定1級や総合旅行業務取扱主任者、添乗員能力資 […]

世界143ヵ国を巡った添乗員が語る!氷河特急「エクセレンスクラス」とサンモリッツの魅力

海外旅行では、しばしば、その国の魅力に取りつかれ何度も訪れてしまう国、地域があります。 スイスはまさしく、そういった国の一つになります。 この記事では、氷河特急に新しく誕生した「エクセレンスクラス」と氷河特急の発着地点である「サンモリッツ」についてお伝えします 今回聞いた人:添乗員歴約26年。渡航国数:143カ国、訪れた世界遺産461。 2017ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー グランプリ表彰 […]

カメラの準備はOKですか?憧れのイタリア王道女子旅

食、芸術、ファッション、歴史と魅力あふれるイタリア。周りを見渡せばフォトジェニックな世界。イタリアには思わず、「かわいい!」と言ってしまう女子に人気のスポットが満載です。ローマ、フィレンツェ、ベネチアという人気の3都市の中から押さえるべきスポット+話題のフォトジェニックスポットをご紹介します。 ローマのイチ押しスポット5選 トレヴィの泉 入り組んだ石畳の細い横道を抜けると、突如として現れる壮大な噴 […]

エアーズロック(ウルル)周辺の天気・気温と季節別の服装をチェック!

オーストラリア大陸の中心にそびえる世界最大級の一枚岩、エアーズロック。行ってみたいと思う方も、現地の気候はなかなか想像しにくいのではないでしょうか?今回はエアーズロック周辺の天気や気温、季節に合わせたおすすめの服装を紹介します。 エアーズロックはどんなところ? エアーズロックは、周囲9.4km、高さ348mと、実は東京タワーよりも高い世界最大級の一枚岩。約6億年前から続く地殻変動によって形成されま […]

世界遺産のガラパゴス諸島は、独自の進化を遂げた動物たちの楽園だった。

ダーウィンの進化論でも有名なガラパゴス諸島には独自の変化を遂げた動植物が多数生息しています。 餌が食べやすいように甲羅の形を変えて生き残ってきたゾウガメ、赤道直下に生息する唯一のペンギンガラパゴスペンギン、スカイブルーの足が美しいアオアシカツオドリなど。ガラパゴス諸島に位置する島には、独自の進化を遂げ、今でも生き残っている動物たちが多数生息しています。 そんなガラパゴス諸島は、1978年にユネスコ […]

ノルウェーのフィヨルド観光は、鉄道・バス・フェリーのセットで行く!

ソグネフィヨルド観光の拠点ベルゲン 世界遺産「ブリッゲンの街並み」と山からの絶景を楽しもう ノルウェーの首都・オスロから約460km西に位置する都市ベルゲンは、ノルウェーで2番目に人口の多い都市。フィヨルドに囲まれ、海岸線のすぐそばまで迫る山肌とわずかな平地に建物が密集しています。 観光の中心エリアは、ベルゲン港周辺とベルゲン駅周辺。駅から港までは徒歩20分と比較的近い距離なので、ぶらりと歩きなが […]

中欧の魅力に迫る!世界遺産のスポット&映画の舞台を訪ねる旅

ハプスブルク家の居城都市ウィーン ハプスブルク家の権勢を物語るシェーンブルン宮殿へ 中世から20世紀初頭まで勢力を誇っていたハプスブルク家の居城都市として栄えたウィーン。この街の最大の見どころは、やはりハプスブルク家ゆかりのスポットです。 世界遺産にも登録されているシェーンブルン宮殿は、18世紀、女帝マリア・テレジアの時代にパリのヴェルサイユ宮殿に引けを取らぬ建物として完成しました。宮殿とその庭園 […]

世界遺産の島、マルタ島で美しき地中海に出合う

地中海に浮かぶ観光の島マルタ イタリア半島の先、シチリア島の南約100kmに位置するマルタはれっきとした国。正式名はマルタ共和国といって、首都ヴァレッタがあるマルタ島のほか、ゴゾ島とコミノ島の計3つの島からなる国家です。地中海の穏やかな気候に恵まれ、紀元前4500年頃の遺跡が発見されるほど歴史が古く、貿易港として発展し続けてきました。 歴史を辿ればローマ、イスラム、イギリスが統治しており、随所にそ […]

ポーランドの古都クラクフと人類の負の遺産アウシュビッツ

ポーランド文化が花開いた観光都市クラクフ 東はベラルーシにウクライナ、南にはチェコとスロバキア、西にドイツ、北はバルト海に囲まれた国・ポーランド。国名が「平原」という語源からきているとおり、国土は緩やかな大地に覆われ、ヨーロッパの東と西を繋ぎ、多くの人やもの、文化が往来する国でした。 しかし、ヨーロッパの中央に位置しているがゆえ、戦争で何度も破壊や荒廃を経験。一時は国家自体が消滅する危機に陥るもの […]

ナスカの地上絵に新作登場!? 世界の七不思議をこの目で見てみたい

ナスカの地上絵の玄関口はどこ? ナスカの地上絵を見に行く際、まず起点となるのはペルーの首都リマ。しかし、南米へは直行便が飛んでいないので、アメリカで乗り継ぐ場合がほとんどです。日本国内の出発地によっては、片道だけで乗り継ぎが1〜2回出てくることもあり、所要時間も20〜30時間ほどかかる場合があります。 アメリカの入国審査は混み合うことが多いので、乗り継ぎ時間は長めに設けておいた方が安心です。 また […]

1 4