ホテルのデポジットとはどういう意味?注意点なども解説!

ホテルのデポジットとはどういう意味?注意点なども解説!

ホテルのチェックイン時に必要な「デポジット」という言葉を聞いたことはありませんか?
「デポジット」の意味と、海外ホテルを利用する時の注意点について説明していきます。

デポジットとは何か

デポジットとは「預かり金」という意味です。海外のホテルを予約すると「バウチャー」と呼ばれる予約確認書が発行されることが多いですが、そこに記載のないサービス内容(食事代や電話代)などの支払いを保証するためにデポジットが必要になります。例えば、滞在中にレストランや電話、有料のインターネットなどを利用したにも関わらず、清算せずに帰ってしまった場合、最初に支払ったデポジットから利用料金を引かれるというわけです。

また、ホテル利用中に起こったトラブルなどに対応するための保証金という役割もあり、チェックインの手続き時に、主に現金もしくはクレジットカードで支払うことになります。

日本のホテルではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外ではデポジットを求められることが珍しくはありません。

デポジットの支払いから返金までの流れ

ホテルのチェックイン時にフロントでデポジットの支払いを求められるので、クレジットカードを提出します。フロントスタッフが、カード情報だけを控える場合と、デポジット料金を一旦決済され、チェックアウト時にキャンセル処理をする場合があります。

現金の場合は、チェックイン時に指定されたデポジット料金を支払い、「預かり証」をもらいます。この預り証はチェックアウト時に必要ですので、なくさないように注意してください。ホテル内での追加サービスの利用がなければ預り証と引き換えに、チェックアウト時に全額返金されます。支払いが必要な場合は差額の返金もしくは追加請求となります。

デポジットの際に注意したいこと

現金での支払いは対応していないホテルがある

デポジットとしてクレジットカードを利用することで、一定の信用のある人物という証明になります。現金でも支払いが可能な場合もありますが、クレジットカードでの支払いを求められることもあります。海外のホテルに宿泊する際は、例え普段使わないとしても、必ず一枚(できれば二枚)携帯しましょう。

クレジットカードの請求タイミングに注意

デポジットとしてクレジットカードを提出する際、カードがきちんと利用できる状態かチェックするために「プリオーソライゼーション(仮決済)」が行われることもあります。この場合チェックイン時にデポジットの料金が決済され、何も支払いがない場合はチェックアウト時にキャンセル処理が行われます。

チェックイン時に決済が行われてからチェックアウト時のキャンセル処理まで宿泊日数分の期間があくので、クレジットカード会社の締め日をまたぐこともあります。その場合は一旦引き落とされてから翌月にマイナスされることになるので注意。。

チェックアウト時にもしデポジットの支払い金額が全額キャンセルになっていない場合は、電話を使ったのか、食事をしたのかなどどのような項目で利用されているのかしっかり確認しましょう。

ホテルによって最初に決済されるのか、それともカード情報をとるだけなのか異なるため、不安な場合は事前にホテルに確認するかフロントで訪ねましょう。

また、万が一のホテル側のミスにより不当な請求が起きる可能性もあるため、帰国後の明細も確認しましょう。

カードの上限額に注意

デポジットの金額は宿泊日数1~2日分ほどの料金を求められます。もしカードの上限金額に達してしまう場合、デポジットの支払いができません。カードの残高をこまめに気にするか、デポジット用に別のクレジットカードを持っていくのがおすすめです。

まとめ

海外旅行ではわからないことや疑問に思うことがたくさんあり、デポジットは仕組みを理解しないとトラブルの原因にもなります。デポジットは請求されても特に利用がなければ返ってきますので、心配しないでくださいね。
事前にしっかりと確認し、快適な旅行を楽しんでください!

旅の豆知識カテゴリの最新記事