パスポート申請の必要書類・期間・料金・やり方・手順・注意点を紹介!

パスポート申請の必要書類・期間・料金・やり方・手順・注意点を紹介!

はじめての海外旅行、パスポート申請は済ませましたか?
パスポートの取得が間に合わないと、旅行に行くことができないので、出発前までに余裕をもって手続きを行いましょう。

目次

パスポート申請の手順

パスポート申請に必要な手順は

・書類の準備
・窓口での申請
・窓口での受領

の3つです。

パスポート申請に必要な書類は5種類

必用な書類は全部で5つあります。

1.一般旅券発給申請書 1通

一般旅券(パスポート)の申請書に必要事項を記入して提出します。

2018年10月から、「手書き書式の申請書」に加え「ダウンロード申請書」の利用が可能となりました!
これにより
・署名以外は、手書きが不要になる
・申請書を事前に準備できるため、申請日当日の時間を節約できる
・代理申請の場合、訪問回数を減らせる
ことになります。

今までは、パスポート申請窓口(旅券窓口)で記入しない場合は、パスポート申請窓口や、市区町村の窓口などにパスポート申請書を取りに行く必要がありました。家から遠かったり、書き損じた場合などは、再度申請書をもらいにいく手間がかかり不便でしたので、便利なサービスですね。

但し、ネット上で手続きできるのは、「申請書のダウンロード」と「必要事項の印字」のみとなります。電子申請ができるわけではないので、パスポート申請窓口に行く必要はあります。

もちろん今まで通り「手書き書式の申請書」は、パスポート申請窓口で書くこともできます。

申請書のリンクはこちら(外務省のリンクに飛びます)>>

2.戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通

申請日前6か月以内に作成されたもの

3.住民票の写し 1通

基本的に必要ありませんが、以下に当てはまる方は準備をする必要があります。

・住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方
・住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方(道府県によっては対応が異なりますので、詳細は申請先のパスポートセンターにて確認ください。)
例)地元が北海道で大学進学を機に東京に住んでいる方など

4.写真 1葉

パスポート写真用の規格に沿った大きさの写真が必要です。

・提出日の6ヶ月前以内に撮影されたもの
・縦45mm×横35mmの縁なし、無背景の写真
・帽子などは被らず、正面を向いているもの
・写真の裏面には申請者の氏名を記入(インクのにじみや文字が表面に浮かばないよう注意)

証明写真機でパスポート用の設定で撮影すれば基本的に問題ありません。

出入国審査の際には、パスポートに内蔵されているICチップの画像と、パスポートを提示した人の顔を照合します。近年顔認証ゲートを導入している空港も増えていますので、普段の見た目とギャップがない写真にしましょう。
また、出入国審査のときに瞳の色は重要は識別ポイントになるため、カラーコンタクトはつけずに写真を撮りましょう。

写真の詳しい規格や見本についてはこちら(外務省のリンクに飛びます)>>

5.申請者本人に間違いないことを確認できる書類

基本的には、以下のうち、1点でもあれば大丈夫です。
・マイナンバーカード(個人番号カード)※通知カードは不可です
・運転免許証
・船員手帳
・宅地建物取引士証
・身体障害者手帳 など

上記の書類がない場合は、以下の書類の中から2種類を用意してください。

【この中から2点】
健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(登録した印鑑の現物も必要です)など

【この中から1点、上から1点】
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書など
(写真が貼ってあるものが有効です)

パスポートの発行にかかる料金

5年間有効なパスポートと10年間有効なパスポートで料金が異なります。

10年間有効なパスポート(20歳以上)

手数料(各都道府県の収入印紙):2,000円
収入印紙:14,000円
合計:16,000円

5年間有効なパスポート(12歳以上)

手数料:2,000円
収入印紙:9,000円
合計:11,000円

5年間有効なパスポート(12歳未満)

手数料:2,000円
収入印紙:4,000円
合計:6,000円

年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。
このため、手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。

※発行に必要な料金はパスポートの受取の際に支払います。

申請から発行までに必要な期間

書類の準備が終わったら、パスポートの申請を行いましょう。

パスポートの申請に必要な期間は、土日祝・振替休日・年末年始(12/29~1/3)を除いた6日間です。(申請、受領日も6日間のうち1日とカウントします)

祝日等がない期間の申請であれば、月曜日に申請した場合、次の週の月曜には受領できます。
(月-金曜日の5日間と受取日の月曜日の1日で合計6日間)

※あくまでパスポートの申請に必要な期間です。パスポート申請に必要な戸籍謄本などの書類の申請期間は別途必要なので注意してください。
※渡航先によっては、ビザ(査証)が必要となることもあります。一定の期間を要する国もありますので余裕をもった申請をおすすめします。

受け取りで必要な書類

申請が終わり6営業日後には受け取ることができます。申請した場所以外で受け取り不可なので、注意が必要です。

(1)申請の時に渡された受理票(受領証)
(2)手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付してください。)

※都道府県によっては印鑑(認印)が必要となります。

パスポート申請の窓口がある場所

都道府県によって申請する場所が異なります。必ずご自身の地域の都道府県の場所を確認してください。

確認はこちらから(リンクから外務省のサイトに飛びます)>>

多くの県の場合は、市町村ごとにパスポート発行の窓口があることが多いですが、東京では4か所、京都は5か所となっていますので、パスポート申請を検討する際は早めにどの場所で申請するか調べておきましょう。

東京でパスポート申請ができる場所

東京でパスポート申請できる場所は4か所です。

4か所とも、受付時間は以下のようになっています。

月曜~水曜(申請・交付)
9時~19時

木曜、金曜(申請・交付)
9時~17時

日曜日(交付のみ)
9時~17時

新宿パスポートセンター

住所:新宿区西新宿2-8-1 都庁都民広場地下1階

有楽町パスポートセンター

千代田区有楽町2-10-1東京交通会館2階

池袋パスポートセンター

豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティ内
ワールドインポートマート5階

立川市パスポートセンター

立川市曙町2-1-1
ルミネ立川店9階

京都でパスポート申請ができる場所

全部で5か所あります。

京都府旅券事務所

京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル8階

受付時間は以下のようになっています。

月曜日、水曜日、金曜日
9:00~16:30(申請)
9:00~18:30(交付)

火曜日、木曜日
9:00~16:30(申請)
9:00~19:00(交付)

日曜日
9:00~16:30(交付)

山城広域振興局旅券窓口

京都府宇治市宇治若森7-6 山城広域振興局 宇治総合庁舎3階

南丹広域振興局旅券窓口

京都府亀岡市荒塚町1-4-1 南丹広域振興局 亀岡総合庁舎1階

中丹広域振興局旅券窓口

京都府舞鶴市字伊佐津213-8 西駅交流センター2階(JR西舞鶴駅内)

丹後広域振興局旅券窓口

京都府京丹後市峰山町丹波855 丹後広域振興局 峰山総合庁舎1階

上記4つの窓口の受付時間は以下のようになっています。

月曜~金曜日
9:00~16:30(申請・交付)

パスポート申請で注意すべき項目

住民票の登録がある都道府県で申請する必要があり

基本的にパスポートの申請は住民票の登録がある都道府県の所定の窓口で申請する必要があります。

※ただし、居所申請が可能な場合があります。
例えば、都内に住んでいるが、住民票が他の県にある学生など、在学証明書や賃貸契約書を用意できれば東京都でパスポート申請が可能です。

詳しくはこちら(東京都生活文化局にリンクが飛びます)>>

戸籍謄本(または戸籍抄本)は本籍地への手続きが必要

パスポートに必要な戸籍謄本(または戸籍抄本)は、直近半年以内で発行されたものである必要がありますが、こちらは本籍地のある市区町村役場に申請をします。

役場に直接行って申請するか、郵送してもらうことができます。

郵送の場合、申請から受け取りまでの時間が数日間必要になりますので、パスポート申請に必要な期間は6日間+数日間が必要と考えましょう。(郵送に時間がかかる地域の方はとくに注意しましょう。)

パスポートの写真は履歴書の写真とはサイズが違うので注意

パスポート用の写真を取る時間がなかったり、直近に撮影した履歴書用の証明写真があるのでそれを利用しようと思っている方は注意が必要です。

履歴書の写真とは規格が違うため、別途パスポート用に撮影する必要があります。

ローマ字表記に注意

航空券に記載されているローマ字表記と、パスポートのローマ字表記が異なる場合、飛行機に乗ることができませんので特に注意してください。

パスポートで書くべきローマ字表記はヘボン式ローマ字表記です。ルールに従って記入してください。
外国人との婚姻、両親のいずれかが外国人、又は外国との二重国籍等により、戸籍上の氏名が外国式にカタカナで記載されている場合、又は戸籍上の氏名が漢字で記載されていてもヨミカタが外国式の場合には、旅券の氏名をヘボン式ローマ字ではなく、外国式の綴りで表記することができます。
上記以外で、ヘボン式によらないローマ字氏名表記(長音H・O・Uの挿入やRに代えてLの使用等)を希望する場合には、あらかじめ電話案内センター又は各旅券窓口にご相談ください。

とにかく「航空券とパスポートの表記が同じ」であることが一番重要です。

気を付けたいポイントを以下に示します。

・長音は記入しない
「おおもり」という名前の方は「OMORI」

・「ん」は「N」で表記
「あんざい」という名前の方は「ANZAI」

※B・M・Pの前の「ん」は「M」で表記
「ほんま」という名前の方は「HOMMA」

・「っ」は子音を重ねて表記
「ろっかく」という名前の人は「ROKKAKU」

※CHの前ででの「っ」は「T」で表記
「えっちゅう」という名前の人は「ETCHU」
※外国人との婚姻、両親のいずれかが外国人、外国との二重国籍などの方は該当しません。

受け取りに関するルールや注意点

・申請は代理人が行うことはできるが、受け取りは本人しかできません。
・申請書を提出した窓口と同じ窓口で受け取る必要があります。
・パスポートは赤ちゃんであっても、受け取りには同席する必要があります。

まとめ

パスポート申請は必要な書類を揃えるのに時間がかかったり、手続きのルールもしっかりしているので申請から発行まではある程度の期間を要することがあります。

何か不備があって旅行や出張の日程に間に合わない・・・ということがないように、余裕をもって申請しましょう!

旅の豆知識カテゴリの最新記事