更新日:

ドイツ古城ホテル5選・本物の「カワイイ!」が満ちあふれている

ヨーロッパが好きな人なら、一度は体験してみたいのが「古城ホテル」での宿泊です。かつて王侯貴族が住んでいた古い城や、歴史的な建造物を改築したホテルは、近代ホテルにはない歴史の重みと、ゴージャスさが魅力。童話のような世界での宿泊は、女性なら誰もが憧れる世界でしょう。
イギリスやフランス、チェコなど、ヨーロッパ各国に古城ホテルがありますが、中でも日本人旅行者に人気なのが、ライン川流域を中心にしたドイツの古城ホテルです。ドイツにあるオススメの古城ホテルの楽しみ方をご紹介します。

1,389 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ドイツオーバーヴェーゼル(Oberwesel)にあるシェーンブルク城

カジュアルな服装で大丈夫!古城ホテルの楽しみ方

何百年もの歴史があるドイツの古城ホテル。昔、王侯貴族が住んでいたと聞くと、どうしても「格式の高い場所」、つまりハードルが高いというイメージを持っている人は少なくないかもしれません。

しかし!実は、そんなことはまったくありません。意外なほどフレンドリーな場所なので、肩肘張る必要はナシ。気軽な気持ちで出掛けましょう。服装は、カジュアルな服装でOKですが、「お姫様気分を味わいたい!」という理由で、自分なりのおしゃれをしてみるのもいいでしょう。

普通のホテルなら「夕食は繁華街にあるレストランに食べに行く」という人が多いと思います。でも、ドイツの古城ホテルなら、夕食はぜひホテルレストランで食べることをお勧めします。ゆっくりと時間をかけて味わうディナーは、クラシックで重厚な雰囲気と相まって、思い出深いひとときになるでしょう。

交通アクセスは事前にチェックを

ドイツの古城ホテルに宿泊する場合、強いていえば、注意点は2つあります。一つは、どうせ泊まるならオリジナル・ビルディング(本館)に宿泊すること。

新しい建物に宿泊するのもいいですが、せっかくなら本館に泊まって、ヨーロッパの歴史の重みを体感したいものです。また、冬季は休館するホテルが多いので、予約時に必ず休館期間を確認しましょう。

なお、ドイツの古城ホテルは「昔から存在するお城や歴史的建造物」なので、必ずしも交通アクセスが良いとは限りません。しかも、多くの古城ホテルが高台にあるため、徒歩ではそれなりの距離と勾配があります。あらかじめホテルに電話して、駅~ホテル間のタクシーを手配しておくことをお勧めします。

また、現地のホテルスタッフの話す英語のレベルは個人差がありますが、ホテルのスタッフも頑張って英語で対応してくれるので、それほど心配はありません。

日本人トラベラーには、どの古城ホテルがオススメ?

ドイツは、古城ホテルの宝庫!数あるドイツの古城ホテルの中でも、日本人トラベラーに人気の高いホテルをご紹介します。どれもリピーター率の高さで知られる、素晴らしいドイツの古城ホテルです。

ドイツの地図

①ブルクホテル アウフ シェーンブルク
(Burghotel Auf Schoenburg)

ライン川を見下ろすように建つ「ブルクホテル アウフ シェーンブルク(Burghotel Auf Schoenburg)」は、1000年以上の歴史を誇るドイツの古城ホテル。リピーターが大変多い、まさにイメージ通りのドイツの古城ホテルです。

ブルクホテル アウフ シェーンブルク2

ブルクホテル アウフ シェーンブルク

「一度は泊まってみたい!」という憧れのスポットは、古城とライン川の景観と相まって、そのたたずまいは実にロマンチック!テラスからの眺めは、特に一見の価値があります。

ブルクホテル アウフ シェーンブルクテラスから

テラスから眺めるライン川

ブルクホテル アウフ シェーンブルクは、12世紀に城として築かれましたが、一度は破壊されてしまった過去を持ちます。廃墟と化したその姿を、かの文豪・ヴィクトル・ユゴーは「最も美しい廃墟」と褒めたたえました。その後、19世紀後半にホテルとして再建。客室も、城の当時のままの間取りを取り入れています。

ブルクホテル アウフ シェーンブルク客室

客室はどこもアンティーク調の家具に囲まれ、中世にタイムスリップしたかのよう。お姫様気分を存分に味わいましょう。

ブルクホテル アウフ シェーンブルク客室

客室でユニークなのは、隠し扉(本棚)があるお部屋。まるで絵本の世界に迷い込んだようなその扉の奥にあるサプライズ・バスルームは、普通のホテルとは異なるもので、ステイの楽しさをいっそう盛り上げてくれます。お風呂が好きな日本人でも、大満足のバスタイムとなるでしょう。

また各部屋には、無料のミニバー&シェリー酒が付いているので、誰にも邪魔されない自分だけのひと時を堪能できます。

ディナーは、ぜひレストランで。ライン渓谷を眼下に眺めがら、最高ランクの4コースディナーを堪能できます。

ブルクホテル アウフ シェーンブルレストラン

  • 【ホテル】ブルクホテル アウフ シェーンブルク
  • ・都市名:オーバーヴェーゼル(ラインラント プファルツ州/ドイツ)
  • ・アクセス:オーバーヴェーゼル(Oberwesel)駅よりタクシーで約5分
  • Burghotel Auf Schoenburg ホテル詳細ページ

②ロマンティックホテル シュロス ラインフェルス
(Romantik Hotel Schloss Rheinfels)

ロマンティックホテル シュロス ラインフェルス(Romantik Hotel Schloss Rheinfels)は、ザンクトゴアール駅からタクシーで5分。ライン川のほとりにたたずみながら、ヨーロッパの歴史を静かに見つめてきたドイツの古城ホテルです。

ロマンティックホテル シュロス ラインフェルス

シュロス ラインフェルス

ロマンティックホテル シュロス ラインフェルス

建物の歴史は古く、13世紀に建てられた要塞をホテルに改造したものです。16世紀にフランス軍の攻撃を受け、破壊を免れた部分がホテルとして利用されています。

スタンダードルーム

スタンダードルーム

ロマンティックホテル シュロス ラインフェルステラス席

屋上のテラス席はライン川を見渡せる最高のロケーションで、ドイツ旅の思い出を目に焼き付けることができます。また、対岸にある「ネコ城」もお見逃しなく。城の建造者がネコに似ていたという説や、城の一部がネコに似ているという説のある、いわくつきの古城です。

ロマンティックホテル シュロス ラインフェルス レストラン

レストラン

キャンドルが灯るレストランは、まさに中世ヨーロッパの荘厳な雰囲気に満ちており、その味も旅行者には大評判。その他、スチームサウナを完備したプールや、外の景色を長めながらのバスタイムも魅力です。

この古城ホテルは、ユネスコ世界遺産に指定されているローラレイロックの向かいにあり、ゆっくり滞在するならライン川下りを楽しむのもオススメです。

  • 【ホテル】ロマンティックホテル シュロス ラインフェルス
  • ・都市名:ザンクトゴアール(ラインラント プファルツ州/ドイツ)
  • ・アクセス:ザンクト・ゴアール駅からタクシーで5分
  • ROMANTIK HOTEL SCHLOSS RHEINFELS ホテル詳細ページ

③シュロスホテル クロンベルク(Schlosshotel Kronberg)

シュロスホテル クロンベルク(Schlosshotel Kronberg)は、フランクフルト中央駅からSバーン(都市近郊列車)で最寄り駅まで約20分、そこから無料シャトルバスが出ているため、アクセスの良さが魅力です。

シュロスホテル・クロンベルク2

シュロスホテル・クロンベルク

もともとこの城は、ビクトリア・フリードリッヒ(ドイツ皇帝、フリードリッヒ三世の后。英国ヴィクトリア女王の王女で、ドイツに嫁いだ)が1893年に作った城を、1954年にグランドホテルとしてオープンしました。ドイツの古城ホテルとしての評価は最高ランクの「5つ星」です。

客室は、高級アンティークの素材がふんだんに使われ、インテリアは限りなくゴージャス! たくさんの絵画コレクションも見どころで、エレガントなムードに包まれたひと時を満喫できます。Wi-Fiを完備しているのもポイントなので、SNSへの投稿もスムーズにできそうです。

レストラン

シュロスホテル クロンベルク客室Grand Park View2

Grand Park View

客室にはアンティークな家具

レストラン

レストラン

  • 【ホテル】シュロスホテル クロンベル
  • ・都市名:フランクフルト(ヘッセン州/ドイツ)
  • ・アクセス:フランクフルト中央駅から約20分/クロンベルク駅とホテル間は無料のシャトルバス
  • Schlosshotel Kronberg ホテル詳細ページ

④シュロスホテル シュタインブルク (Schlosshotel Steinberg)

「ロマンティック街道」の北のスタート地点となる、バイエルン州ヴュルツブルク。シュロスホテル シュタインブルク は、ヴュルツブルク中央駅からタクシーで10分と、交通アクセスの便利なドイツの古城ホテルです。

シュロスホテル シュタインブルク

シュロスホテル シュタインブルク

まずユニークなのはそのロケーション。なんとブドウ畑の上に建っているのが驚きです。建物は1897年に建てられたもので、無料で使えるプールの他、サウナも完備しており(有料)、旅の疲れを癒やしてくれます。

ヨーロッパ貴族の気分を味わえる客室

ヨーロッパ貴族の気分を味わえる客室

シュロスホテル シュタインブルク (Schlosshotel Steinberg)客室

Traumschloss

シュロスホテル シュタインブルク (Schlosshotel Steinberg)客室

Landschloss Schlosstage

シュロスホテル シュタインブルク (Schlosshotel Steinberg)客室

Landschloss

シュロスホテル シュタインブルクのレストラン

シュロスホテル シュタインブルクのレストラン

レストランは豊富なコース料理やワインが揃っており、レストランのみの利用客も少なくありませんが、宿泊すればよりヨーロッパ貴族の気分を満喫できるというもの。これこそまさにドイツの古城ホテルの醍醐味でしょう。

  • 【ホテル】シュロスホテル シュタインブルク
  • ・都市名:ヴュルツブルク(バイエルン州/ドイツ)
  • ・アクセス:ヴュルツブルク中央駅からタクシーで約10分
  • Schloss Hotel Steinburg ホテル詳細ページ

城のあるヴュルツブルクは、マイン渓谷の中流に位置している歴史深い街で、マイン川の両岸に広がる街並みが素晴らしいことで知られています。

夕暮れ時のヴュルツブルク

夕暮れ時のヴュルツブルク

古城に泊まるワクワク感がたまらない!

ひと口にドイツの古城ホテルといっても、実は時代背景や建造された目的により、さまざまなタイプがあります。ヨーロッパの古城ホテルには、大きく分けると4つのタイプ があります。

15世紀までの中世期に建てられた古城の多くは、戦争に用いられた要塞としての機能を持つもので、重厚なゴシック様式が特徴です。

また、16世紀から19世紀にかけて建てられた古城は、私たちの持つ「古城」のイメージに近い、華やかなルネッサンス様式やバロック様式が特徴です。生活の場所でありながらも、贅を尽くしたインテリアが目を引きます。

さらに、王族やその一族が、別邸として使った「宮殿」も、古城ホテルに活用されています。こちらは別邸だけあり、インテリアも特別感があります。

そして、以上のどれにも当てはまらない、修道院として使われていた建物や、大邸宅など、歴史的な建築物も、古城ホテルと呼ばれます。

ドイツの古城ホテルは、その地域のシンボルであり、長い歴史を刻んできた重みがあります。ドイツの古城ホテルに宿泊するなら、ぜひ、その時代背景も少し頭に入れておくことをオススメします。「私が今いるところに、何百年前はどんな王侯貴族が住んでいたのかしら?」と思うと、ワクワクしませんか? そのワクワク感こそ、実際に足を運んで、五感で触れてみないと体験できない部分です。これぞまさに、海外旅行の醍醐味ですね!

写真をたくさん撮ってSNSに上げまくっちゃおう!

どこまでもロマンチックなドイツの古城ホテルは、「写真映え」もバツグンです。そのため近年では、ドイツの古城ホテルで撮影した写真をSNS上に投稿する人が急増しています。

⑤ドルンレッシェンシュロス サバブルク(DORNROESCHENSCHLOSS SABABURG)

とりわけおすすめは「ドルンレッシェンシュロス サバブルグ」(Dornroschenschloss Sababurg)という古城ホテル。小さな女の子から大人の女性まで、女性が大好きな「カワイイ!」に満ちた、SNS撮影におすすめしたいホテルです。それもそのはず、この城はグリム童話「いばら姫(眠れる森の美女)」の舞台になったことで知られる場所なのです。

ドルンレッシェンシュロス サバブルグ

ドルンレッシェンシュロス サバブルク

ドルンレッシェンシュロス サバブルク

ドルンレッシェンシュロス サバブルグ客室

この建物はもともと、貴族の狩猟用の城館として1334年に建てられた歴史ある城館。室内には、グリム童話をモチーフにしたインテリアが施されています。中でも「塔の部屋」は、100段ある階段を上った先にある部屋で、室内には部屋にはなんと天蓋付きベッドを完備! まさに、いばら姫が眠っていたかのような、メルヘンチックなシチュエーションが、たまらなく乙女心をくすぐります。

ロケーション的には、カッセルとゲッティンゲンの間に位置する「ラインハルトの森」の中心にあり、自然に囲まれた落ち着いた雰囲気に、身も心もリラックスして過ごせます。

ご旅行前に外務省・安全情報(ドイツ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 孤独な王の夢と幻想が創りだした美しき城、 ノイシュバンシュタイン城2016年6月2日 必見ドイツ名城ノイシュバンシュタイン城を造った人物とは? ロマンチック街道の終点はバイエルン王の夢の世界だったノイシュヴァンシュタイン城この城は、王や騎士たちが活躍する時代が過ぎ去った1869年、第4代バイエルン王ルードヴィヒ2世の命により着工されました。18歳の若さで国王の座についた彼には、人生経験も政治的な経験もありませんでした。プロイセンとの戦争で敗れた彼は、多額の賠償金を請求されてしまいます。そのためバイエルン王 […]
  • マハラジャが愛したインドの宮殿ホテルに泊まろう2017年11月7日 マハラジャが愛したインドの宮殿ホテルに泊まろう 世界遺産「タージマハール」インドでおすすめの4つの宮殿ホテル永い歴史の中でそれぞれの場所にそれぞれのマハラジャ(マハーラージャ)の時代がありました。君主や貴族であった彼らが広大な領地内に贅を尽くして建てた宮殿があり、その宮殿が現代に改築されホスピタリティと共に高級ホテルとして甦りました。マハラジャが愛したインドの宮殿ホテル。その中から4つの宮殿ホテルを […]