更新日:

タイの水上マーケットで究極のアジアごはんを

所せましと水の上に浮かぶたくさんの小舟の上には、あらゆる雑貨や地元ならではの美味しいものがぎっしり!アジアならではのエキゾチックな風情を感じられる水上マーケットは、タイへの旅行では欠かせないスポット。懐かしくて温もりのあるアジアごはんをタイの水上マーケットで選んで見ませんか?

3,625 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

タイ・バンコクの風情が濃厚に感じられる場所

近年目ざましい経済発展をとげるタイ。それに合わせてバンコクなどの大都市は急速に近代化が進んでいます。

タイ・バンコクの高層ビル群の夜景

そんな都市部とは異なる昔ながらのタイの風情を感じられるのがタイの水上マーケットです。熱帯雨林を縫うように流れる川、運河、沼などの水際に立ち並ぶ大小様々な小屋。そして活気に包まれています。

西欧圏ではなかなか出会うことができない、アジアならではの魅力的な雰囲気にあふれている場所が水上マーケットです。

タイでは水上マーケットが国内各地で開かれていて、水上には日用品や地元の食材をいっぱい積んだ小舟が、水面が見えなくなるくらいたくさん浮かんでいる風景は、タイに行ったことが無い人でも写真や映像で見たことがあるのではないでしょうか。

人間同士、水、売り買いされる商品…、そこにあるもの全ての距離が近く雑然とした空間は不思議な温もりがあり、そして独特の活気があります。毎日開催されているマーケットもあれば、土日だけ開催されるマーケットもあります。そして客層も異なります。

地元客がメイン、観光客がメインなどマーケットごとに違いがあるほか、食事専門のマーケットなど、それぞれ個性があるのも特徴です。

バンコクの水上マーケット

いろいろなスタイルの人気水上マーケット

水上マーケットは昔から、タイの水辺で暮らす人々の生活の一部として存在していました。正確な起源はわかりませんが、「百年市場」という名のマーケットもあり、かなり以前から現地の人々に親しまれていたことがうかがえます。

マーケットによって開催日時や取り扱い商品だけでなく、スタイルもいろいろです。

陸から買い物ができるよう、商品を積んだ小舟が接岸しているマーケット、客がチャーターした舟に乗って自由に移動しながら、お目当ての品を積んだ小舟までアプローチして買い物するマーケットなど、場所によって異なります。ゴザやテーブルを並べた桟橋を屋台の小舟が囲んで停泊し、客はそれぞれの舟からお好みの味をオーダーできる、タイの水上マーケットならではのレストランもあります。

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

驚くことに、小舟の上で器用に調理をして、出来立ての料理を出してくれる店も珍しくありません。

地元で人気のインスタントラーメンを売っている店もあれば、もっと本格的な料理を出す店もあります。舟の揺れもなんのその。器用に火を使って調理する売り子さんを見ていると、水上マーケットがタイに古くから根付いた文化であることをひしひしと感じます。

販売されている商品も様々で、食事やお土産、日用品の購入など全てできるマーケットももちろんあります。観光客が多いマーケットのなかには日本語や英語が堪能な人がたくさんいる場合もあるので、初めて訪れる人には心強いでしょう。

初めてのタイ・水上マーケットはオプショナルツアーで行くのがオススメ

タイの各地で開催される水上マーケットは、場所によって客層や内容が異なります。特に人気が高いマーケットもあり、ネットで検索してみると「タイの3大水上マーケット!」などと紹介しているサイトがすぐヒットします。

それらのサイトをいくつか見てみると、かなりの確率で紹介されるのが「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」です。

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

バンコクから約80kmの所にあるここは、タイの水上マーケットで一番人気、と高く評価されています。そのため世界中から観光客が集まります。

ここでは売り買いはほとんど舟の上で行われます。一部は水辺に屋台が並んでいますが、舟と並行して進む歩道がないところでは、売り子さんが舟の上に立って商売をしています。まさしくこれぞタイの水上マーケットという雰囲気が魅力です。

次々と商品満載の舟がやってきては、「買っていかない?食べていかない?」という声がひっきりなしにかかります。日本人にはちょっと戸惑う雰囲気かもしれませんが、そこは堂々と対応しましょう。物怖じせずに過ごすうち雰囲気にも慣れ、マーケットの活気を楽しめるようになります。

観光客が多いため、他のマーケットよりも多少価格が高いようです。それならば値段交渉してみましょう。売り子さんとコミュニケーションしながら「これぞアジアならでは」という買い物が楽しめるでしょう。

ツアーを利用してタイ旅行する際は、バンコクと世界遺産のアユタヤを訪れる場合が多いのですが、1日自由行動の日がある場合は、別にこの「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」をバンコク発のオプショナルツアーで申し込むとタイ旅行が充実したものになります。

個人旅行する際にも、水上マーケットにアプローチしやすいタイのホテルに宿泊するのがオススメです。もちろんアクセスしやすいバンコクのホテルからなら複数の現地ツアーで水上マーケットがあります。出発前に計画し予約をしておきましょう。成田からバンコクまでは直行便でおよそ6時間程度の所要時間です。

タイの水上マーケットは、タイにに行くなら絶対オススメです!

バンコク(タイ)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(タイ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • アジア屈指の絶景! コムローイで一生モノの写真を撮る2017年9月29日 アジア屈指の絶景! タイ・コムローイで一生心に残る風景を撮ろう 「ロイクラトン」と「コムローイ」コムローイ(タイ語で天灯)とは、仏教国タイで陰暦12月(今の11月)の満月の夜に行われる「ロイクラトン」というお祭りの一部です。ロイクラトンの祭りは、収穫や水の精霊に感謝の祈りをささげ心の罪などを洗い流すという意味で川に灯籠(とうろう)を流します。ロイは川、クラトンは灯籠を表すタイ語です。ロイクラトンはタイ各地で行われま […]
  • タイの古都アユタヤの夕陽2018年4月9日 バンコクから足をのばすなら、世界遺産の街アユタヤへ【タイ】 タイの首都バンコクから日帰りできるとあり、人気の古都アユタヤ アユタヤってどんなところ?いにしえの面影を残す、アユタヤ歴史公園アユタヤは、かつてタイの首都だった古い都です。タイの中南部にあり、現在の首都バンコクからは北に60kmほどの距離にあります。その歴史は古く、1351年にウートン王が都を築きました。これは日本では南北朝時代に当たりま […]