更新日:

シンガポールに行くならホテル選びは重要!おすすめはどんな宿?

非日常を味わえる国として人気が高いシンガポールは、東京23区と同じくらいの面積の中に、さまざまな民族が暮らす多民族国家です。コンパクトな国の中に歴史ある建物と最新の高層ビル群が混在しており、さまざまな民族の文化が溢れています。そのため、1回の旅行で経験できることの幅が広くボリュームもあるので、どこに泊まって移動するかという点がとても重要になります。そこで、シンガポール旅行をする際のホテル選びのポイントと、おすすめの宿について解説します。

30,107 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

シンガポールの夜景

☆シンガポール旅行で楽しみにしているのは?

ホテル選びをするためには、何を目的で旅をするのかという点がとても大事になります。そこで、シンガポール旅行の楽しみはどんなところか、アンケートを取って尋ねてみました。

アンケート・シンガポール旅行に行くなら何が楽しみですか?

【質問】
シンガポール旅行に行くなら何が楽しみですか?次の中から選んでください。

【回答結果】
ホテル:42名
グルメ・ショッピング:77名
観光・アクティビティ:104名

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
有効回答数:223サンプル

★シンガポール旅行の主目的は観光やアクティビティ

今回のアンケートでは、シンガポール旅行の楽しみは観光アクティビティだと答えた人が約47%を占めました。

・マーライオン公園の夜景を見たり、日本では見られないような、近代的な建物と伝統的な建物やホテルのコントラストを楽しんだりしたい。(40代/その他専門職/女性)

・ネットで見ても、シンガポールに旅行した友人などの話でも観光所巡りは楽しかったということなので、行くならいろいろ巡りたいと思います。(40代/専業主婦・主夫/女性)>

海外旅行にせよ国内旅行にせよ、遺跡や街並みを見たり、そこでしかできない体験をしたりすることをメインの目的として行き先を選ぶのは一般的なことでしょう。そう考えると、シンガポールも一般的な観光地と同様、観光やアクティビティを体験するために行く人が多いようです。日本では見られないようなものを見たい、日本ではできない体験をしたいというコメントが数多く見られました。

一方、グルメやショッピングが最も楽しみだと答えた人も多く、全体の約35%を占めました。

・多国籍国家であるシンガポールでは、シンガポール料理だけでなく、中華料理やインド料理、アラブ料理、マレーシア料理など他の国の料理も本場の味同様だからです。また多人種の方々が暮らしているので、民族衣装や雑貨等、シンガポールへ行くだけでいろんな国の文化にも触れることができるのも楽しみです。(30代/会社員/女性)

・ファッションなど、日本にないテイストの物がありそうです。バッグなどかわいい物が安く買えると思います。(40代/自由業・フリーランス/女性)

シンガポールはさまざまな民族が住んでいる国であるため、食べ物やファッションも独特なものが生まれやすい土壌だと言えます。そのため、日本では味わえないグルメや珍しいファッションを求めて訪れる人が多いようです。観光やアクティビティを体験した後で、食事をしたりショッピングを楽しんだりすることもできるため、メインの目的ではなくても、実際の旅行で体験する人が多いのは2番目に多かったグルメやファッションのほうかもしれません。

最後に、少数派だったホテルを選んだ人のコメントは次の通りです。

・グルメ、ショッピングとどれも楽しみですが、最近はテレビなどでよく目にする最新の高層ホテルで、シンガポールのホテルリゾートライフを一度経験してみたいと思います。(50代/会社員/男性)

・マリーナエリアにあるリゾートホテルに泊まって、日本ではできない贅沢な休日を存分に楽しみたいです。(40代/専業主婦・主夫/女性)

一般的に考えて、ホテルは寝泊りする場所ですから、旅行のメインの目的になることは少なくて当然です。それなのに、シンガポール旅行では約5人に1人がホテルを最も楽しみにしていると答えているため、これがシンガポール旅行の特徴なのかもしれません。ホテルを楽しみにしている人が観光やグルメ、ショッピングをしないというわけではなく、観光もグルメもショッピングもすべて楽しんだうえで、ホテルでも贅沢な体験をしたいという思いが感じられました。

今回のアンケートではホテルを選んだ人が少数派になりましたが、シンガポールのホテルには、観光客をワクワクさせるような特別な魅力があることがうかがえます。

マリーナベイ・サンズ

☆シンガポールの夜景を存分に楽しめるホテル

シンガポールと言えば夜景の美しさで有名です。特に、マリーナ地区の夜景はシンガポールを代表する絶景として有名です。そんな美しい夜景を見るための絶好のポジションはいくつかありますが、中でも憧れる人が多いのはホテルから見る夜景です。そこで、マリーナベイの夜景を見るのに最適なおすすめホテルを2つご紹介します。

【マリーナベイサンズ】
マリーナベイサンズには、美しい夜景を見られる場所がたくさんあります。ひとつは屋上のスカイパークデッキ。最上階の展望台からマリーナや高層ビル群を一望できます。もうひとつは、宿泊客だけが入ることが屋上のインフィニティープール。プールやジャグジーを楽しみながら、夜景を眺めることができます。もちろん、客室の窓からも眺められますが、屋上から見下ろせば、ほとんどの建物が眼下にあるため、遮るもののなく夜景を楽しめます。

【マリーナ マンダリン シンガポール ホテル】
夜景を見る格好の場所と言えるマリーナベイサンズですが、ただひとつ見られない夜景があります。それは、マリーナベイサンズを含む夜景です。マリーナベイサンズが入った夜景を楽しみたいという人におすすめしたいのは、マリーナ マンダリン シンガポール ホテルです。部屋からの眺望がよいことで人気のホテルですから、部屋にいながら美しい夜景を楽しむことができます。

さらに詳しい情報については、「絶対に見たいシンガポールの夜景!きれいに見えるのはホテルかBarか」をご参照ください。

マーライオン

☆シンガポールのおすすめエリアとアクセスのよいホテル

<オーチャードロード>
ショッピング目的でシンガポールを訪れるなら、オーチャードロードがおすすめ。高島屋と伊勢丹という日系の2大デパートを初め、さまざまなファッションブランドが立ち並ぶエリアです。季節ごとの行事に合わせて飾り付けがされるため、シンガポールらしさを満喫することができます。オーチャードロードでのショッピングをメインに旅行をするのであれば、ホテルは「マンダリン オーチャード シンガポール」がおすすめです。オーチャードロードの中心街にあり、ホテルの建物の中にもブランドショップがたくさん入っています。MRTのオーチャード駅からもサマセット駅からも徒歩5分ほどの場所なので、他のエリアへの移動も便利です。

<クラークキー&リバーサイド周辺>
シンガポールの夜を楽しみたいなら、クラークキー&リバーサイド周辺がおすすめです。夜遅くまで開いているレストランやクラブ、バーなどが集まっているエリアで、夕方ごろから活気づきます。異国情緒を感じながら夜遅くまでこの界隈でお酒や食事を楽しむのであれば、ホテルは「スイソテル マーチャント コート シンガポール」がおすすめです。クラークキーやリバーサイドの飲食店街まで徒歩で行くことができるうえに、駅からも近いので、他のエリアへ観光やショッピングに出かけるのにも便利です。

さらに詳しい情報については、「シンガポールで何をしたい?エリア別おすすめホテル10選」をご参照ください。

マーライオン公園

☆シンガポールで最も注目されているエリア!マリーナ地区のホテル

マリーナベイサンズを初め、独特な形をした高層ホテルが立ち並ぶマリーナ地区は、今や世界的に有名になり、シンガポールを代表するエリアになりました。ハーバーと高層ビル、マーライオン公園のコントラストが作り出す夜景の美しいスポットとしても人気で、夜景を見るためのクルーズ船も就航しています。世界最大の観覧車「シンガポールフライヤー」があるのもこのエリアです。マリーナ地区で最も注目を集めているのは、やはり、57階建ての高層ホテル「マリーナベイサンズ」でしょう。地上200mの場所に舟形をしたルーフトップインフィニティプールがあり、それを3棟のビルが支える独特の形をしています。なかにはホテルの客室だけでなく、カジノやショッピングモール、映画館などもあり、ホテル内だけでも十分シンガポールを満喫できます。このホテルでは、毎晩2回ずつ光と水のエンターテイメントショー「マリーナ ベイ サンズ ライト & ウォーターショー」が行われ、その様子は他のホテルやマリーナ地区の各場所からも見ることができます。

さらに詳しい情報については、「シンガポールに行くならマリーナ地区に泊まりたい!おすすめホテル9選」をご参照ください。

☆家族のシンガポール旅行におすすめのホテル

家族連れ、特に子連れでシンガポールを旅行するなら、セントーサ島がおすすめです。シンガポール島のすぐ南側に位置するセントーサ島は、子どもたちが楽しめるアトラクションやレジャー施設が集中しているエリアです。体験型アトラクションから、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのような施設まで、さまざまなスタイルのアクティビティが揃っています。子どもの年齢や活発度に合わせて行き先を選べるため、まずはセントーサ島内にホテルを取り、そこを拠点に動くようにするとよいでしょう。セントーサ島内で家族連れが利用するなら「フェスティブホテル」がおすすめです。宿泊客の約70%が家族連れというホテルで、子どもが喜ぶサービスをしてくれるのが特徴です。アメニティやスリッパも子ども用の特別なものを用意してくれます。

さらに詳しい情報については、「シンガポール旅行は子連れが楽しい!家族で泊まりたいおすすめホテル」をご参照ください。

☆女性におすすめしたいシンガポールのホテル

シンガポールは東南アジアの中では特に治安がよい国ということもあり、女性の一人旅が多いという特徴があります。観光スポットもショッピングやグルメも女性が好むものが多いという点でも、シンガポールは女性におすすめの旅行先と言えそうです。ただし、海外での一人旅ですから、安心して泊まれるホテルを選ぶことが、旅を楽しむための絶対条件になります。シンガポールを女性が1人で旅をするなら、最もおすすめなのが「ザ・サウスビーチ」です。フランス人の有名デザイナーがデザインしたホテルで、正面玄関とエレベーターの中には少し奇抜に感じられる映像アートがあり、目を引きます。このホテルがなぜ女性の一人旅におすすめかというと、スタッフさえ女性しか入ることができないレディースフロアがあるからです。子どもであっても男性は入れないという徹底した女性オンリーのフロアなので、一人旅の女性でも安心して休むことができます。しかもレディースフロアには特別なアメニティが用意されているので、女性にとって過ごしやすいホテルです。

さらに詳しい情報については、「女性が安心して行けるシンガポール!一人旅におすすめホテルは?」をご参照ください。

☆宿泊費のかかるシンガポール!おすすめの安いホテルはないの?

シンガポールは、ホテルの宿泊費の相場が高いとよく言われます。マリーナベイサンズに代表される高層ホテルの建設が続いたことも影響していますが、ドミトリーやホステルのような安い宿か、5つ星の高級ホテルかどちらかという極端な二極化のせいでもあります。本来なら、観光地には最も利用する層が多い中級ホテルがある程度あるのが当たり前なのですが、シンガポールにはないという点が宿泊費の相場を押し上げているわけです。ですから、観光客が増える時期は、ホテル代がますます高くなり、多くの人は高級ホテルを利用できなくなってしまいます。つまり、シンガポールを上手に旅するためには、格安ホテルやドミトリー、ホステルなどをうまく選んで利用することも必要になるのです。例えば、MRTパヤレバー駅から徒歩約5分のところにある「アクイーン ホテル パヤ レバー」は、格安に泊まることのできるホテルとしておすすめです。ドミトリーやホステルに抵抗がある人でもくつろぐことができ、周辺にはコンビニやスーパーなどもあります。

さらに詳しい情報については、「シンガポールを満喫するなら安い料金で泊まれるコスパのよいホテルがおすすめ!」をご参照ください。

☆シンガポールでのホテル選びは旅行の目的に合わせて

シンガポールの宿泊施設は、高級ホテルと格安ホテルやホステルの二極化しています。そのため、シンガポール旅行のメインの目的は何なのかをよく考えたうえでホテル選びをするのがおすすめです。いくつかあるホテル探しの条件のうち優先順位の高いものに合わせてホテルを選ぶようにすると、満足度の高いホテルを選ぶことができます。

>シンガポールのホテル一覧

シンガポールのおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(シンガポール)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]