コネクティング・ルーム

英語表記:Connecting Room

コネクティング・ルーム(Connecting Room)とは、隣り合わせの客室をコネクティング・ドアで繋げた、ホテルのルームタイプです。

もちろん客室同士は独立しているので、別々に使用することが可能です。ホテルの都合により単独のツインルームやダブルルームとして、使用されることもあります。

家族やグループなど複数の人数で使用する場合は、ドア1枚で仕切られた、続き部屋として使用が可能です。別々の部屋同士をコネクティング・ドアで繋げている為、部屋の外に出ることなく行き来でき、他人の視線が気にならない点が特徴です。親子で利用した場合には、子供の様子を確認できるというメリットがあります。

1,255 view更新

海外ホテル用語集のトップページへ戻る

コネクティング・ルームに関連する用語

RELATION TOPICS[関連記事]

  • ジャーマンツイン2017年5月19日 ジャーマンツイン ジャーマンツイン(German Twin)とは、ツインの部屋タイプの1つで、1つのヘッドボードを共用し、二つのベッドマットレスをつけて並べているツインのことを言います。中には、二つのマットレスを離して使用できるタイプもあります。通常のツインとは、シングルベッドかダブルベッドが2台ある状態の部屋ですが、ジャーマンツイン(German […]
  • ベッド ルーム2017年5月19日 ベッド ルーム ベッドルーム(bedroom)とは、寝室のことを指します。ホテルにおいては、シングル、ダブル、ツイン、スイートなど、ベッドの種類によって部屋のサイズが異なり、ほとんどの部屋は、寝室にバスルームなどが併設されたスタイルです。スイートルームでは、1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームとベッドルームの数が増えるほど高い費用の部屋となります。 […]