更新日:

いったい何分並ぶ?行列ができる人気店【台湾グルメ旅】

美味しい飲食店には行列がつきもの。お店の前に長い列ができていると、つい気になってしまうのは日本も台湾も同様です。そこで、台湾で行列ができている有名飲食店に並んでみて、どれくらい待つと食べられるか、台湾大好きなグルメライターが挑戦してみました!

5,097 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

こんにちは、台湾大好きのグルメ&旅行ライター、タケムラユウカと申します。
ここ数年、旅行先として台湾の人気が急上昇しているのは周知の通り。理由のひとつとして、台湾のグルメが挙げられるのではないでしょうか。

行列ができる人気飲食店、いったい何分並ぶ?【台湾グルメ旅】

写真提供:タケムラユウカさん

実際、台湾は何を食べても美味しいのですが、特に人気のお店は日本同様、とても長い行列ができています。そこで、今回は行列ができている人気店に並んでみて、どれくらいの時間でお目当てにたどり着けるのか試してみました。ぜひ台湾グルメ旅行の参考にしてみてくださいね。

この記事を書いたひと

タケムラユウカさん
東京都在住、会社員ときどきグルメ&旅行ライター。公私ともに日本と台湾を行ったり来たりの生活を送っている。本気で移住を考え始めた1982年生まれ。

台湾行列グルメ1軒目「阜杭豆漿」(フーハン・ドウジャン)

まずは朝食から。台湾では豆漿(ドウジャン)という豆乳スープが朝食の定番ですが、その中でも超人気店「阜杭豆漿」へ行ってみることにしました。

台北地下鉄の善導寺駅

写真提供:タケムラユウカさん

台北市内を走るMRT(台北地下鉄)の「善導寺」駅の5番出口を出ると目に入ってくるのが……

阜杭豆漿の行列、店外

写真提供:タケムラユウカさん

お店が朝6時開店だそうですが、朝7時30分で、すでにこの行列!

阜杭豆漿の行列、店内

写真提供:タケムラユウカさん

待つこと約1時間、やっと店内に入れました。それでもまだ行列。

行列に並んでる時

写真提供:タケムラユウカさん

待っている間に、他のお店が営業に来るのも台湾らしい風景ですね。

阜杭豆漿の注文カウンター

写真提供:タケムラユウカさん

やっとこそ注文カウンターへ。日本人客も多いのか、店員さんから慣れた口調で「(豆漿の種類は)熱いの? 冷たい?」と日本語で聞かれてしまいました。

鹹豆漿

写真提供:タケムラユウカさん

これがお目当ての鹹豆漿!(シェントウジャン)、25元(約90円)。 豆漿という豆乳スープをさらに塩っぱくした、朝食の定番メニューです(鹹は塩っぱいという意味)。おぼろ豆腐のようにトロトロした豆乳の固まりが、起き抜けの体にスーッと入っていきます。中央に浮かんだ揚げパンもカリカリで美味しい! うん、これは……行列でも並んじゃうわ。

厚餅夾蛋

写真提供:タケムラユウカさん

こちらの厚餅夾蛋(35元、約120円)もおすすめ。玉子焼き入りパンといったところでしょうか。台湾の朝食はグルメな人にとってはたまらない魅力がありますね。

台湾行列グルメ2軒目「鼎泰豊本店」(ティンタイフォン)

次は、言わずと知れた有名店「鼎泰豊本店」へ。台湾グルメを代表するお店のひとつといってよいでしょう。

鼎泰豊本店

写真提供:タケムラユウカさん

到着したのは朝10:30を回ったところでしたが、お店の前はすでに黒山の人だかりが。

鼎泰豊本店の待ち時間、30分

写真提供:タケムラユウカさん

それもそのはず、すでに30分待ち状態。人気のほどがうかがい知れます。

鼎泰豊本店、整理番号

写真提供:タケムラユウカさん

鼎泰豊本店は、一般のお客さんは事前予約ができません。その代わり、こんな受付表を配ってくれるのがありがたいのです。行列に並ぶことなく、自分の受付番号が表示されたらお店へ入れるシステムです。

鼎泰豊本店、小籠包

写真提供:タケムラユウカさん

たっぷり1時間待ってからいただく小籠包はやっぱり格別。肉汁が口の中勢いよく弾けます!

ただ、待ち時間ほぼナシでお店へ入れる台湾のオプショナルツアーもあるので、時間がない場合は利用するのが得策でしょう。

鼎泰豊本店の待ち時間、90分

写真提供:タケムラユウカさん

お店から出ると、待ち時間がさらに長くなっていました……。

台湾行列グルメ3軒目「阿宗麵線」(アゾンミェンシェン)

少し小腹が空いたので、若者の街・西門町にある「阿宗麵線」にやってきました。ここは豚の大腸が入った台湾B級グルメ「麵線」が有名です。

阿宗麵線

写真提供:タケムラユウカさん

こちらも、いつ訪れても大変なにぎわいを見せている人気店のひとつ。この日も行列ができていました。

麵線を注ぐところ

写真提供:タケムラユウカさん

ただし、店員さんが麵を盛るスピードが早いためか、

麵線アップ

写真提供:タケムラユウカさん

待ち時間約5分で小椀が食べられました。値段は50元(約180円)。大腸の臭みもなく、鰹だしが効いたトロトロのスープは日本人の口にも合うのではないでしょうか。おすすめ!

台湾行列グルメ4軒目「老士林 大餅包小餅」(ラオシーリン ダービンバオショビン)

夕方は台湾最大規模の夜市、士林夜市にやってきました。

士林夜市

写真提供:タケムラユウカさん

台湾の屋台グルメを楽しむには格好のスポットです。

士林夜市の地下、美食区へ

写真提供:タケムラユウカさん

こちらの地下にある美食区へ行ってみると、

美食区の様子

写真提供:タケムラユウカさん

大勢の店がひしめく一大飲食店街が!

台湾の屋台グルメ

写真提供:タケムラユウカさん

台湾の屋台グルメをたっぷり楽しめる場所です。

老士林大餅包小餅

写真提供:タケムラユウカさん

中でも目立っているのは、行列ができていた老士林大餅包小餅。

台湾屋台のスナック

写真提供:タケムラユウカさん

こちらのお店は、ハンマーで粉々に砕いた揚げ餅をクレープのような皮で包むという台湾屋台のスナック。ひとつひとつ丁寧に作っていくためか、予想以上の待ち時間です。

大餅包小餅

写真提供:タケムラユウカさん

大餅包小餅、35元(約120円)一気に10個を注文お客さんも多かったためか、並び初めてから20分ほどかかってしまいました。外側はもちもち、中はサクサクの食感が独特。台湾のグルメって本当にいろんな種類の食べ物があるんですね。

士林夜市一番の名物、巨大フライドチキンの屋台の行列

写真提供:タケムラユウカさん

ちなみに、士林夜市一番の名物、巨大フライドチキンの屋台にも長い行列が出来ていましたよ。

台湾行列グルメ5軒目「阿柑姨芋圓店」(アーガンイーユーイェン)

最後は台北から足を伸ばして、九份へやってきました。

九份

写真提供:タケムラユウカさん

映画『千と千尋の神隠し』の風景にどことなく似ていることから、日本でも有名な観光地となっています。

阿柑姨芋圓店(アーガンイーユーイェン)の様子1

写真提供:タケムラユウカさん

九份の名物スイーツといえば、タロイモで作る台湾の伝統的な団子、芋圓。創業40年の老舗である阿柑姨芋圓店は、常に行列ができている人気スイーツ店となっています。

阿柑姨芋圓店(アーガンイーユーイェン)の様子2

写真提供:タケムラユウカさん

こちらは意外もスイスイ進んで、5分ほどで買えました。ガラス越しに、菓子職人さんたちが働く様子が見えたりして、食事以外の楽しさも味わえます。

芋圓

写真提供:タケムラユウカさん

こちらが芋圓、45元(約160円)。広い店内で、ガラス越しに九份の景色を眺めながらいただきます。お味は台湾風ぜんざいといったところでしょうか。タロイモのモチモチ感がたまりません!(冷たい芋圓はかき氷入りです)

いかがでしたか? この他も台湾には行列のできる美味しいお店がいっぱい。もし予約が可能なお店なら台湾のホテルのカウンターで予約をお願いしてみるのも手です。時間を上手に使って快適な台湾グルメ旅行を楽しんでくださいね!

お店の情報はこちら

●1軒目:阜杭豆漿(フーハン・ドウジャン)

住所台北市忠孝東路一段108号2F-28
最寄駅MRT善導寺駅5番出口

●2軒目:鼎泰豊(ティンタイフォン)本店

住所台北市信義路二段194号
最寄駅MRT東門5番出口

●3軒目:阿宗麵線(アゾンミェンシェン)

住所台北市峨嵋街8号之1
最寄駅MRT西門駅6番出口

●4軒目:老士林 大餅包小餅(ラオシーリン ダービンバオショビン)

住所台北市基河路101号地下美食区
最寄駅MRT劍潭駅1番出口

●5軒目:阿柑姨芋圓店(アーガンイーユーイェン)

住所新北市瑞芳区福住里豎崎路5号
公式サイトfacebook

台北のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(台湾)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 台湾へ行く理由になるほど幻想的な夜の「九ふん」2016年6月27日 台湾へ行く理由になるほど幻想的な夜の「九ふん」 千と千尋の神隠しの世界観ジブリ映画のなかでも人気の高い「千と千尋の神隠し」。石造りのトンネルを抜けると、そこには神々の世界があり、幻想的な空間が広がることでも知られています。そこに迷い込んだひとりの少女が、さまざまな体験をすることで成長する物語ですが、その世界の夜景がここ九ふんがモデルになったのではないかと言われています。折角行くなら事前にDVDでその物語の世 […]
  • 人気インスタグラマー太郎さんのインスタグラムに映った台湾のあの店!2017年1月19日 人気インスタグラマー太郎さんのインスタに映った台湾のあの店! 女子旅で人気が急上昇している台湾旅行。定番の観光地を巡る旅もいいですが、女性なら台湾の可愛いスポットも押さえておきたいところ。台湾の人気インスタグラマー太郎さんに、自身のインスタグラムに映る台湾のお店について聞いてみました。 […]