更新日:

バリ島ビーチを満喫するならここ!人気定番ビーチをご紹介

アジア随一のリゾート地として知られるインドネシアのバリ島。東西南北どこへ行っても必ずビーチがあるためか、一年を通して世界中から多くの観光客が訪れ、のんびりとバカンスを楽しんでいます。そんなバリ島の代表的ビーチリゾートを目的別でご紹介します。


1,588 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

バリ島一人気のビーチ「クタ・ビーチ」

クタ・ビーチ

バリ島随一の繁華街クタ地区に面するクタ・ビーチは、バリ島一人気のビーチとして有名です。デンパサール空港から車で約20分とアクセスも良く、周辺にはショッピングモールやレストランが立ち並び、リーズナブルな宿から高級リゾートホテルまで揃っています。ナイトスポットも充実しており、都市とビーチが一体になったエリアとして、バリ島旅行で一度は足を運んでみたいビーチリゾートです。

クタ・ビーチが人々を魅了し続ける理由のひとつが、バリ島一美しいと言われるサンセット。夕方近くになると多くの観光客やカップルが集まり、ビーチでくつろぎながら夕暮れを待っています。それもそのはず。どこまでも続くビーチの向こう側に、ひときわ大きな夕日がゆっくりと沈んでいく光景は言葉を失うほどの美しさです。クタ・ビーチのサンセットは、神々の島と言われるバリ島の神秘を感じられる瞬間といえるでしょう。

クタ・ビーチのサンセット

また、クタ・ビーチはバリ島でもっともサーファーたちが集まるサーフスポットとしても有名です。かつてサーファーたちが良質な波を求めてこのあたりに大勢移り住んだことから、クタ地区はバリ島随一の繁華街へ発展したと言われるほど。ビーチには数多くのサーフショップが軒を連ねるほか、サーフスクールもあるので、まったくの初心者でも気軽にサーフィンを楽しむことができます。バリ島のビーチでサーフィンデビューしてみるのもいいかもしれません。

バリ島の高級ビーチリゾート「ヌサドゥア・ビーチ」

ヌサドゥア・ビーチ

インドネシア政府が観光のために開発し、5つ星ホテルが数多く立ち並ぶヌサドゥア・ビーチは、バリ島一の高級ビーチリゾート。ローカルな民家や商店などはほんのわずかで、ホテル滞在者がゆったり過ごせるように設計されているため、のどかでゆったりとした時間が流れています。

ここはバリ島でも高級ホテルのプライベートビーチが多いエリアですが、誰でも訪れることのできる公共のヌサドゥア・ビーチには、プライベートビーチと変わらぬ白砂と真っ青な海が広がっています。また、周辺にはショッピングモールやレストラン、カフェも充実しており、夕暮れどきになると観光客ばかりでなく、デートを楽しむ地元カップルの姿もチラホラ。歩いているだけで、ロマンティックで優雅な気分に浸れるエリアです。

ビーチでバーベキューを満喫「ジンバラン・ビーチ」

ジンバラン・ビーチ

ヌサドゥア・ビーチに次ぐバリ島の高級ビーチリゾートといえば「ジンバラン・ビーチ」です。ジンバラン・ビーチの特徴は、ヌサドゥア・ビーチのように5つ星ホテルが立ち並ぶ一方で、海辺にはビーチクラブやバーが軒を連ね、ナイトスポットとしても栄えている点。それでいてクタ・ビーチのような喧騒はなく、静かで落ち着いたバリ島のビーチリゾートを楽しむことができます。

こちらの魅力は、なんといってもビーチで楽しめるシーフードバーベキュー。魚を焼くという意味のイカン・バカールというこのバーベキュースタイルは、新鮮な魚が集まるジンバランならではの名物です。夕暮れ時、サンセットを眺めながら、獲れたてのフレッシュな魚介類を味わうことができるイカン・バカールは、ジンバラン・ビーチならではの贅沢な時間の過ごし方といっていいでしょう。

また、昔から漁村として有名なジンバランでは、今でもビーチにバリ島独特の木舟が並び、地元の漁師が魚を捕りに船を出す光景を目にすることができます。こうした情緒に溢れた風景も、観光客の人気を集める理由となっているのかもしれません。

シーフードバーベキュー

アクティビティを楽しむなら「サヌール・ビーチ」

バリ島のビーチでマリンアクティビティを楽しむなら、穏やかな海の「サヌール・ビーチ」がオススメです。バリ島一の繁華街であるクタからタクシーで20分ほどとアクセスが良いわりには、クタとはまるで違う、のんびりと落ち着いた雰囲気が広がっています。そうした理由からか、欧米の観光客が好んで滞在することでも知られるビーチです。

サヌール・ビーチ

波が静かなサヌールは、子どもも安心して泳ぐことができることから、家族連れにも大人気。マリンアクティビティを楽しむ人も多く、ダイビングやシュノーケリング、ウインドサーフィン、カヌーなどを楽しむ観光客も。こうしたマリンスポーツを楽しむオプショナルツアーで、バリ島の海を満喫してみるのもいいかもしれません。

また、バリ島では夕日が沈む美しいサンセットを眺められるビーチが多いのに対し、ここサヌール・ビーチでは素晴らしい日の出を拝むことができます。少し早起きして、バリ島の違った魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

バリ島は日本から直行便で7時間半前後で到着です。3、4日の短い休暇でも十分にバカンスを満喫できるビーチリゾートです。ご紹介した4つビーチの他にも、バリ島には違った顔を持ったビーチがたくさんあります。是非、自分だけのお気に入りビーチをバリ島で見つけてみてくださいね。

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

バリ島のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(インドネシア)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 神々の島・バリの中でも特別な美しさを誇るレンボンガン島2016年6月2日 マングローブの森を探検する旅!レンボンガン島へ行こう 世界の交易拠点がリゾート地にインド洋を中心にフィリピンから紅海までを結ぶ島のひとつ、バリ島。古くは交易の場所として栄えてきたこの島は、今や誰もが憧れる南国リゾート地の代名詞です。海上のコンドミニアムや透き通った海、マングローブの森など、沖縄をも凌ぐその美しさは世界屈指ともいえるでしょう。中でも、バリ本島のサヌールから東へ約18km。そこにある小さな島であるレンボンガン島は […]
  • 世界中の女性を魅了するベトナムの2大リゾート・ダナンとニャチャン2017年6月12日 世界中の女性を魅了するベトナムの2大リゾート・ダナンとニャチャン ベトナムってどんな国?タイ、ラオス、カンボジアと同じインドシナ半島の東の端に位置する南北に細長い国、ベトナム。西欧諸国の植民地だった時代は、フランスにより支配されていました。また、第2次世界大戦の初期段階で、フランスがドイツに敗れた1940年には、日本軍が進駐し支配した歴史もあります。1945年 […]