更新日:

海外クルーズ旅行をリーズナブルかつコンパクトに楽しもう!

日本では長い間、「セレブのための楽しみ」「時間に余裕のあるシニア向け」と言われてきたクルーズという旅行スタイル。でも、そのイメージは変わりつつあると言えます。近年、外国客船が日本の港をベースにした格安ショートクルーズ(1週間前後)を積極的に行うようになったからです。同時に海外発着のクルーズに日本から参加するという人も増えてきており、普通とは違う海外旅行が身近になっています。

1,424 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ダイヤモンド・プリンセス

この記事を書いたひと

カナマルトモヨシさん
国内および世界各地をクルーズで訪問する航海作家。雑誌『クルーズ』(海事プレス社)で連載やクルーズ乗船レポートなど執筆。同社発行「クルーズシップ・コレクション」の執筆にも携わる。クルーズ記者会会員。

いま、クルーズ旅行は密かなブーム

日本から気軽に参加できるクルーズ旅行が、いま密かなブームです。現在、横浜や神戸から発着する「ダイヤモンド・プリンセス」や、金沢や福岡など日本海側の港町から発着する「コスタ・ビクトリア」(2017年からは「コスタ・ネオロマンチカ」が就航)が頻繁に、しかもかなりの低価格かつ短期間の日本発着クルーズを実施しています。参加者もシニアにとどまらず、働き盛りの世代から子どもたちまでとその世代が急速に広がりつつあり、クルーズという旅行に対する注目や関心がこれまでになく高まってきています。

豪華客船

写真提供:カナマルトモヨシさん

クルーズは3つのカテゴリーに大別される

実はひとくちに「クルーズ」と言っても、さまざまなスタイルがあります。価格や客層によって大きく3つのカテゴリーに分けられます。クルーズの旅行についての知識はなにも持ち合わせていない方でも、「クイーン・エリザベス」という客船の名前を一度は耳にしたことがあるかもしれません。こちらはラグジュアリーという最高カテゴリーに分類されます。「ダイヤモンド・プリンセス」はラグジュアリーに次ぐプレミアム、そして「コスタ・ネオロマンチカ」はスタンダード(カジュアルとも呼ばれます)となっています。

桟橋の向こうから来る客船

初心者にオススメのスタンダード客船

このなかでクルーズ旅行の初心者にオススメなのはスタンダードの客船です。ここではコスタ・ネオロマンチカの2017年日本海周遊クルーズ(金沢、京都府舞鶴、福岡発着)を例にとってみます。「4泊5日で62,800円~、1泊あたり1万円台」と、コンパクトな期間とリーズナブルな価格。そして乗船者層も他のカテゴリーに比べ子ども連れのファミリーが多いなど、「自分だけがビギナーじゃないんだ」と安心でき、初めてのクルーズの旅行でも気軽に過ごせるからです。

海外発着クルーズならいつでも楽しめる

こうしたコスタやプリンセスなど外国船の日本発着のクルーズは、残念ながら通年ではなく、春から秋にかけてしか行われません。一方、海外発着のクルーズなら1年中、世界の各地で実施されています。

クルーズ船

写真提供:カナマルトモヨシさん

また、寄港地が国内中心の日本発着クルーズに比べて、海外発着クルーズだと寄港地は全て外国なので、「普通とは違う海外旅行」を演出できます。

代表的なクルーズエリアは地中海とカリブ海。夏限定ですがアラスカや北欧も人気のエリアです。また、アジアではシンガポール発着の東南アジアクルーズ(3~4泊前後)がポピュラー。日本からのフライト時間も短いので、クルーズ旅行のデビューにはちょうどいいかもしれません。

日本人コーディネーターのいる船に乗ろう

1日の予定表

写真提供:カナマルトモヨシさん

海外発着クルーズの旅行では「日本人コーディネーター」が乗船しているものを選ぶのがベスト。外国船はさまざまな国の乗客が相乗りしておりインターナショナルなムードにあふれますが、コミュニケーション面でストレスを感じてしまう可能性もあります。日本人コーディネーターがいれば、1日の船内プログラムを記した「船内新聞」も日本語版が発行され、日本語で問い合わせることも可能です。

ドレスコードも心配無用

クルーズという旅行スタイルの魅力は、なんと言っても飛行機や陸上交通の利用ではなかなか周れない場所にも行けることでしょう。たとえばカリブ海だとマルティニーク島や、アドリア海では旧ユーゴスラビアの小国モンテネグロにあり、世界遺産にも指定されているコトルなどがその最たる例です。

モンテネグロ コトル

船内で行われるイベントは乗船料金に含まれており、一流のショーを毎日楽しめます。

ショー

写真提供:カナマルトモヨシさん

含まれているといえば船内での美味しい食事も。船長主催のウェルカムパーティーや、フォーマルディナーなどもあります。

肉料理の写真

写真提供:カナマルトモヨシさん

ところでフォーマルというと「男性はタキシード、女性はロングドレス」というイメージはありませんか? 心配ご無用。現在、そこまで厳格なドレスコードを強要する客船はありません。

ある女性の方は、いつも着物を持参するそうです。フォーマルディナーの日に着物姿で登場すると、欧米など海外の乗船者からの注目が集まり、一躍、船内の人気者になれるとのこと。「私は日本からやってきました!」とアピールできるファッションも面白いかもしれません。

船内での出費は計画的に

カジノ

写真提供:カナマルトモヨシさん

こんな素敵なクルーズという旅行スタイルですが、気になるのが船内でのお金。安い!と思って乗船したのに、意外と船内でお金がかかったりすることもあります。例えば、バーやラウンジでのアルコール飲料は別料金。スパを利用した際のアロマセラピーなどのサービスも同様です。また、日本ではできないカジノを備えた船も多く、あまりにも熱が入りすぎて気がつけばお財布の中身が……というケースも。クルーズ旅行における船内の出費は計画性が必要だということを覚えておきましょう。

オプショナルツアーを有効に活用しよう

寄港地での滞在時間も限られるのがクルーズという旅行の特徴。なかには3~4時間だけの寄港というケースもあります。あれも見たいこれもしたい、という欲張りスタイルよりも、「ここではこれを見る、これをする」と決めておいた方がベターです。

デッキから眺める夕日

現地発着のオプショナルツアー(選択小旅行)に参加するのもいいでしょう。どの寄港地でも、クルーズ船社が用意した観光ツアーがいくつかあります。値段はちょっと高めかもしれませんが、初めて訪れる寄港地を効率的に巡りたいなら強い味方になるはず。日本語のツアーを用意している船社もあるので、これに参加すれば有意義な陸上行動ができます。

人とはちょっと違った海外旅行をしてみたいなら、クルーズ旅行を一度試してみませんか。

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

地中海クルーズ寄港地の魅力を知るならこちら!

ご旅行前に外務省・安全情報(イタリア)をチェック

ご旅行前に外務省・安全情報(ギリシャ)をチェック

ご旅行前に外務省・安全情報(フランス)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 豪華絢爛シドニー湾クルーズでカウントダウン!2018年最高のスタートを2017年8月22日 豪華絢爛シドニー湾クルーズでカウントダウン!2018年最高のスタートを 花火とライトアップが彩るシドニー湾で、2018年最高のスタートを切る!年間を通じ、たくさんの観光客が訪れるオーストラリアのシドニー湾。シドニー湾が1年でいちばん輝く日は、12月31日の大晦日です。時差の関係により、世界の大都市の中でもっとも早くニューイヤーを迎えるシドニーには(日本より2時間も早い!)、新しい年を少しでも早く迎えたい人々が押し寄せ、美しいシドニ […]
  • ハワイで食事に悩んだらサンセットディナークルーズ!2016年6月2日 美味しいハワイの食事と夕日を楽しむならサンセットディナークルーズがおすすめ その土地の食材を景色ごと満喫してしまう贅沢ハワイ旅行をしたとき、その場所で何が食べられるのかということはあらかじめリサーチして、1日くらいは特別な食事の予約もしておきたいものです。もちろんレストランで楽しむことだって選択肢のひとつ。ランチなら、屋台でポキを買って木陰で食べるのも素敵です。(※ポキ:ポケともいい、ハワイ料理のひとつで新鮮な生の魚介類をダイス状に切った […]