更新日:

マングローブの森を探検する旅!レンボンガン島へ行こう

インドネシア共和国にあるバリ島。透き通るような海と南国の象徴として知られるリゾート地ですが、そのバリ島サヌールという海岸からボートで30分の場所に、ひときわ美しい島があることをご存知でしょうか。その島の名前はレンボンガン島といいます。

1,238 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

世界の交易拠点がリゾート地に

インド洋を中心にフィリピンから紅海までを結ぶ島のひとつ、バリ島。古くは交易の場所として栄えてきたこの島は、今や誰もが憧れる南国リゾート地の代名詞です。海上のコンドミニアムや透き通った海、マングローブの森など、沖縄をも凌ぐその美しさは世界屈指ともいえるでしょう。中でも、バリ本島のサヌールから東へ約18km。そこにある小さな島であるレンボンガン島は別格の自然美を残すことでも知られています。

レンボンガン島は、バイクで走れば約2時間で一周できてしまうような小さな島です。そのため、ガイドブックなどでは海に関する遊び方程度しか触れられていないのですが、現地に行くとそこはまさに時間の流れが止まったパラダイスともいえる場所。アクセスには船で行くのが手軽なのですが、潮の流れが速いこともあって船酔いする人は酔い止め持参が必須です。でも、その先には透き通るコバルトブルーの海をはじめとした世界が広がっているのです。ガイドブックでは得られない、そうした魅力の一端に触れることで、バリ島の持つほんとうの魅力に少しでも近づいてみたいものです。

レンボンガン島

島が持つ自然と共存している魅力とは

この島の魅力は大きく分けて5つ。世界屈指の美しさといわれる海、野性的なマングローブの森、この場所でしか食べられない美味しい海の幸、滞在のために開発されたリゾート施設、そして誰もが憧れるサンセット。

中でもその筆頭は、やはり世界屈指の美しさといわれる海でしょう。水深250mといわれるバドゥン海峡を越えた途端、そこに広がるのはコバルトブルーの海。サンゴ礁に囲まれている島には、真っ白な砂浜が広がり、点在するポイントではダイビングやシュノーケリングが楽しめるのです。これぞ南国リゾートの醍醐味といえるのではないでしょうか。ただ、やはり相手は大自然。その力は人知を超えたものであるため、安全に遊べる場所はしっかりガイドに確認するようにしたいですね。ライフジャケットなど現地で貸し出しているものもありますので、ツアーを申し込むときには必ず確認しておきましょう。

そして、海から生えているかのようなガイアの象徴、マングローブの森。島の北東部に広がるこの森では、手漕ぎボートでクルーズすることができるのです。ひとたび森の中に入れば、そこに広がる空気はまるで別物ともいうべき美味しいもの。胸いっぱいに吸い込んで、大自然の恵みを満喫しましょう。そして、ジャングルを探検する主役となって自然と触れ合うことこそ、この魅力を知ったことになるともいえるのです。

マングローブとボート

※イメージです。

また、周囲の海で獲れた魚は国内ではお目にかかれないものたちばかり。銛でついた魚をその場で焼いて食べる豪快さは、漁船が運び込むものとは一味違います。ただし、味付けは日本人にとっては少し塩辛い店が多いので、そうしたものが苦手だという人は他のものを探してみるようにしましょう。

よく聞く声として多いのは、離島だったら日帰りしかできないのではないかというもの。でも、この島自体に宿泊できるようにホテルが開発されていますので、日帰りだけでなく泊ることも可能なのです。激辛料理が苦手な人は、こうした施設を利用すれば食事にも満足できることでしょう。

最後にその自然の中で、一日を締めくくるために神様が演出してくれたのがサンセットです。水平線に沈む夕日を見たい人はぜひ、レンボンガン島の西側にある岸壁へ足を運びましょう。打ち寄せる荒波だけでも一見の価値があることは間違いありません。

一方、ロマンチックなサンセットを楽しみたいのであれば、サンセットビーチでの鑑賞です。眼前に広がる砂浜のあるレストランで、プールで泳ぎながらのサンセット観賞はここでしか楽しめません。

レンボンガン島

ひとつ注意したいのは、レンボンガン島は、島内の移動手段がレンタルの自転車かバイクのみ、ということ。どこへ移動するためにも必要になりますから、予め借りる手配をしておきたいものです。

バリ島は日本人にとって大変身近なリゾート地として有名ですが、その周辺には紹介されていない絶景スポットがまだまだ眠っています。レンボンガン島はまさにそうした場所の代表格ともいえるスポットで、そこを訪れた人はまた来たいという気持ちになるほど魅力のある場所です。

バリ島旅行の中にこうしたオプショナルツアーを盛り込むことで、その旅行はさらに充実し心にあたたかい記憶を残してくれることでしょう。

バリ島(インドネシア)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(インドネシア)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 目的別で選ぶバリ島のビーチリゾート入門2017年2月27日 バリ島ビーチを満喫するならここ!人気定番ビーチをご紹介 バリ島一人気のビーチ「クタ・ビーチ」バリ島随一の繁華街クタ地区に面するクタ・ビーチは、バリ島一人気のビーチとして有名です。デンパサール空港から車で約20分とアクセスも良く、周辺にはショッピングモールやレストランが立ち並び、リーズナブルな宿から高級リゾートホテルまで揃っています。ナイトスポットも充実しており、都市とビーチが一体になったエリアとして、バリ島旅行で一度は […]
  • 女子旅ならバリ島?小さな村ウブドがいま最も女性に注目を集めている理由2016年10月26日 女子旅ならバリ島?小さな村ウブドがいま最も女性に注目を集めている理由 バリの伝統文化に触れられる場所バリ島の玄関口・デンパサール空港までは成田空港から直行便でおよそ7時間。そこから車で90分程走るとウブドに到着します。近年このウブドという村に女性観光客が急増しています。中心部にはムード満点のショップやレストランが建ち並び、一歩外に出れば大スケールの自然。他に類を見ない素晴らしいロケーションなのですが、人気の秘密はそれだけではない […]