更新日:

【本場で味わう】タイ料理おすすめ10選!

辛味、酸味、甘味の絶妙なバランスが食欲をそそるタイ料理は、近年カフェ飯としても注目を集め、女性を中心にひとつのブームとなっています。日本でも専門店が続々とオープンしていますが、やはり一度は現地で本場の味を楽しみたいところ。タイの首都・バンコクへは日本から約6時間。直行便も豊富に出ており、気軽に楽しめるアジアの都市としても人気です。そこで、バンコク旅行で食べたいタイ料理おすすめ10選をご紹介!

2,432 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ガパオライス

ガパオライス

タイ料理のおすすめといえば、真っ先に「ガパオライス」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。日本でもカフェを中心に、ガパオライスを提供するお店が増えています。挽肉をスイートバジル、唐辛子で炒め、ライスに目玉焼きと共に添えるのが一般的です。

一方、本場タイではガパオというハーブを使用します。これがガパオライスの由来で、スイートバジルを使用する日本と違い、鼻を通るようなハーブの香りが特徴です。こちらのタイ料理のおすすめ店は、バンコクのプロンポン駅から歩いてすぐ、日本人街として知られるスクンビット・ソイ33にある「ウタイ」というお店。辛さ控えめのガパオライスを提供していますので、屋台の辛さが苦手な日本人にはピッタリです。

カオマンガイ

カオマンガイ

「カオマンガイ」は、茹で鶏をその茹で汁で炊いたご飯にのせ、パクチーやネギ、ニンニク、ショウガなどを合わせたピリ辛の香味ソースをかけて食べる人気&おすすめのタイ料理です。旅好きのH.I.S. SNSフォロワーによる「旅ランキング」本場で食べたい!バンコクグルメランキングでも第2位です。

バンコク随一といわれる人気のお店が「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」。スタッフ全員がピンクのポロシャツを着用していることから、通称ピンクのカオマンガイともいわれています。いつも地元の人と旅行者で満席状態の人気店なので、テイクアウトもおすすめ!

グリーンカレー

グリーンカレー

ココナッツミルクをベースに、青唐辛子のスッキリとした辛さが特徴の「グリーンカレー」は、日本でもおなじみのおすすめタイ料理です。ルーがサラサラしたイメージのあるグリーンカレーですが、本場の味は意外にもこってり。

バンコクの有名店「ガルパプルアック」は、辛さを抑えたマイルドな味わいが人気。激辛なお店が多いバンコクの中で、日本人におすすめのタイ料理店です。店内もとてもきれいなカフェなので、初めての方でも気軽に入れる雰囲気です!

トムヤムクン

トムヤムクン

世界三大スープに数えられる「トムヤムクン」は、日本のエスニックブームの火付け役ともなったタイ料理を代表するスープです。トムヤムクンといえば、激辛スープというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、本場タイでは現地の調味料やハーブ、スパイス、野菜が使用されており、辛さと酸味、さらに甘味が複雑に絡み合って絶妙な味わいに。おすすめのタイ料理店は、トムヤムクンヌードルが食べられる「ラーン・ピーオー・クイッティアオ・トムヤムクン」です。日本でおなじみのカップヌードルとは違った、本場の味を試してみて下さい。

タイスキ

タイスキ

日本のすき焼きが名前の由来となった「タイスキ」は、タイ風の水炊き鍋。日本の水炊きのように、だし汁で肉や魚のすり身、野菜を茹でて食べます。茹で上がった具材をだし汁と共にお椀へ取り分け、パクチー入りのタレと薬味を加えて好みのスープに仕上げて食べるのが、日本の水炊きとは違った特徴です。

おすすめのタイ料理店は、日本でもチェーン展開し、バンコクのデパートやショッピングセンターでもよく見かけるM.K.レストランです。予算的には、セットで頼んでも一人前2,000円未満と比較的手頃なので、気軽にタイスキを楽しむことができます。

パッタイ

パッタイ

「パッタイ」は、日本人にもなじみが深いタイ風焼きそば。米から作られた麺とプリップリのエビが特徴的です。日本の焼きそばと違って、ニンニクやナンプラー、酸味調味料や砂糖を使って味付けをします。屋台料理としても人気ですが、本格タイ料理店もおすすめ。1966年創業の老舗「ティップサマイ」で、メニューはパッタイのみというこだわり! バンコク旅行の際は、ぜひ立ち寄りたいお店のひとつです。

カオソーイ

カオソーイ

タイ北部・チェンマイの名物「カオソーイ」は、バンコクでもすっかり人気となったカレーラーメン。酸味の効いたココナッツミルクのカレースープをベースに、茹でた卵麺、さらに揚げたカリカリの卵麺が乗っているのが大きな特徴です。初心者におすすめのタイ料理店は「カオソーイ・チェンマイ」。カオソーイ専門店のこちらのお店では、バンコクにいながら本場チェンマイの味を楽しむことができます。

生春巻き

生春巻き

タイ料理の名脇役といえば、やはり「生春巻き」ではないでしょうか。新鮮な野菜とプリップリのエビをモチモチのライスペーパーで包み、甘酸っぱい専用のタレにつけて頂きます。おすすめは、タイ料理のいろんな店が並ぶ市場タイ航空マーケット内にある「Khun Tip」。ここは本物のブランド品が激安で手に入ることで有名で、女性の観光客に人気のスポットとしても知られています。お買い物中の食べ歩きに立ち寄ってみてはいかが?

ガイヤーン

ガイヤーン

「ガイヤーン」は、いわゆるタイ風焼き鳥です。ナンプラーと香辛料で漬け込まれた鶏肉を炭火でじっくり焼き上げます。その甘辛い味わいは、ビールとの相性抜群で、お酒好きには欠かせない一品。おすすめのお店は「サバイジャイ・レストラン」。ガイヤーン以外にも、タイ東北部のイサーン料理をバンコクで楽しめます。辛い料理が好きなには特におすすめ!

プーパッポンカリー

プーパッポンカリー

タイ好きの間で密かな話題になっているのが、この「プーパッポンカリー」。香味野菜とスパイスで甘辛く味つけられた、渡り蟹のカレー炒めです。当初はシンプルなカレー炒めだったようですが、卵を加えたりとアレンジされて、今やタイの名物料理として確立されました。この料理を考案したのが「ソンブーン・シーフードレストラン」です。タイ料理おすすめの元祖プーパッポンカリーを是非味わってみて下さい。

●タイ料理おすすめのガパオライス「ウタイ」

住所:33/1 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
電話:081-773-2595
営業時間:9:00〜16:00(金・土曜は時間変更の可能性あり)
定休日:なし

●タイ料理おすすめの「ガルパプルアック」

住所:120 soi Phrom Chit,Sukumvit road,Klongton Tan Nues ,Wattana
電話:2 258 5603
営業時間:11:00~22:00

●タイ料理おすすめの「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」

住所:960-962 Phetchaburi Rd, Khwaeng Makkasan, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
電話:61 656 9659
営業時間:6:00~14:00 17:00~2:00(金・土・日は時間変更の可能性あり)

●タイ料理おすすめの「パッタイ・ティップサマイ」

住所:313-315 Mahachai Rd., Samranrat Sub-District Pranakorn District,Bangkok 10200
電話:02-221-6280
営業時間:17:00~2:00(無休)

バンコク(タイ)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(タイ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • タイの古都アユタヤの夕陽2018年4月9日 バンコクから足をのばすなら、世界遺産の街アユタヤへ【タイ】 タイの首都バンコクから日帰りできるとあり、人気の古都アユタヤ アユタヤってどんなところ?いにしえの面影を残す、アユタヤ歴史公園アユタヤは、かつてタイの首都だった古い都です。タイの中南部にあり、現在の首都バンコクからは北に60kmほどの距離にあります。その歴史は古く、1351年にウートン王が都を築きました。これは日本では南北朝時代に当たりま […]
  • タイで楽しみたい水上マーケットのショッピング2016年6月27日 タイの水上マーケットで究極のアジアごはんを タイ・バンコクの風情が濃厚に感じられる場所近年目ざましい経済発展をとげるタイ。それに合わせてバンコクなどの大都市は急速に近代化が進んでいます。そんな都市部とは異なる昔ながらのタイの風情を感じられるのがタイの水上マーケットです。熱帯雨林を縫うように流れる川、運河、沼などの水際に立ち並ぶ大小様々な小屋。そして活気に包まれています。西欧圏ではなかなか出会 […]