更新日:

ドイツ3大クリスマスマーケット・かわいいオーナメントを探しに行く旅

ドイツでは、クリスマス前の約1カ月間にわたり国内各地でクリスマスマーケットが開催されます。イルミネーションや装飾に彩られた街や広場は、まるで童話の世界のようにファンタジック。数ある中でもぜひ訪れたい、長い歴史や規模を誇るドイツの3大クリスマスマーケットをご紹介します。

41,452 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

クリスマスマーケットで売られているオーナメント

ドイツのクリスマスマーケットとは?

ヨーロッパ各国では、毎年11月の感謝祭後からクリスマス前までの準備期間に、クリスマスマーケットが開催されます。ドイツはクリスマスマーケット発祥の地と言われており、国内2500カ所以上の場所で開催され、ドイツ国内中がクリスマスムードに包まれます。

クリスマスマーケットで売られているドイツの木の人形

ドイツのクリスマスマーケットでは、会場中央に設置されたモニュメントを中心にマーケットが広がり、「ヒュッテ」と呼ばれる、かわいくておしゃれなドイツ風屋台が並びます。クリスマスギフトやオーナメント、飲食物を販売するヒュッテは、訪れる人々を多いに楽しませる観光ポイントのひとつ。また移動遊園地や、聖歌隊のコーラスなど、この時期だけのさまざまなイベントも楽しめます。

ドイツクリスマスマーケットのメリーゴーランド

ドイツのクリスマスマーケットは12月24日の夕方には終了し、その後は静かなクリスマスがドイツの街に訪れます。

1. 世界中から観光客が訪れるマーケット、ニュルンベルグ

ドイツのクリスマスマーケットの代表格は、南部バイエルン地方の都市「ニュルンベルグ」で開催されるクリスマスマーケットです。石畳が美しい、中世の面影が残る街で開かれるマーケットには、国内外から観光客が集まります。

旧市街のマルクト広場を中心に広がる、クリスマス一色のマーケットは絵本の中に入り込んだように幻想的。期間限定の遊園地や「クリッペ」と呼ばれるキリスト生誕を再現したジオラマも見ることができます。

ニュルンベルグのクリスマスマーケット

ニュルンベルグのマーケットの象徴は、若い女性が扮した「クリスト・キント」と呼ばれる妖精です。オープニングセレモニーやイベントに登場し、ドイツならではのクリスマス気分を盛り上げます。

2. 世界最古のマーケット、ドレスデン

バロック建築が並ぶ街並みが美しい、ドイツ東部の古都ドレスデン。1434年から開催されているクリスマスマーケットは、ドイツ最古のクリスマスマーケットのひとつと言われています。世界最大のクリスマスピラミッドを中心に、華やかなマーケットが広がります。

ドレスデンのクリスマスマーケット

屋台には地域の工芸品や、クリスマスシーズンにおなじみの「シュトレン」などのクリスマス特有のドイツ菓子が並びます。ドライフルーツやナッツが詰まったシュトレンは、15世紀にドレスデンで誕生し、今や日本でもすっかりおなじみになったスイーツ。クリスマスマーケット期間中にはシュトレン祭りも開催されます。ドレスデンで、クリスマスの機会にぜひ本場ドイツのシュトレンを味わってみては? 比較的日持ちのするお菓子なので、お土産にも最適!

首都ベルリンに滞在する方は、鉄道を利用し片道約2時間でベルリンへ日帰りで行くことも出来ます。クリスマスシーズンに訪れる場合はドイツの歴史あるドレスデンのクリスマスマーケットに足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

3. 世界最大級マーケット、シュトゥットガルト

ドイツ南西部の都市「シュトゥットガルト」のクリスマスマーケットは、300店近くの屋台でにぎわう世界最大級の規模。マルクト広場に面した市庁舎の窓には数字が掲げられ、巨大なアドベントカレンダーに。周囲のデパートもクリスマスイルミネーションに彩られ、街全体がマーケットのようになります。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットの屋台装飾

各屋台の屋根は、キリスト生誕やクリスマスオーナメントで豪華に装飾されており、世界で最も美しいマーケットのひとつとも言われるほど。屋台の装飾の美しさを競うコンテストも開催されます。

旧宮殿の中庭で毎晩開催されるコンサートも、訪れる人々を魅了します。この地の特産ワイン、トロリンガーを使った温かなグリューワインを飲みながら、幻想的なクリスマス気分に浸ってみてはいかが?

ドイツ旅行の観光拠点のひとつフランクフルトからの場合、シュトゥットガルトへは高速列車、ICE(インターシティエクスプレス)等で約1時間半~2時間。アクセスのよさも魅力です。そのため、クリスマスシーズンのドイツ旅行のホテルは、早めに予約することがポイント!

また、フランクフルト発には現地オプショナルツアーでドイツクリスマスマーケットに特化したものが毎年9月から10月に発売になります。旅行と同時に事前予約しておくと、日本語の通訳付きで案内してもらえ、しかもトイレの場所を随所で教えてもらえるため安心して楽しむことが出来ます。

クリスマスマーケットで楽しみたいグルメとは?

もともとニュルンベルグの名物スイーツとして知られる「レープクーヘン」は、スパイスとハチミツたっぷりの伝統的な焼き菓子。ドイツのクリスマスマーケットには欠かせない存在です。この時期は人形や家の形など様々な形に型抜きされ、クリスマスらしいデコレーションが施されたレープクーヘンを販売する屋台が並びます。日持ちがするので、クリスマスツリーのオーナメント用に紐を通したものが屋台に並んでいます。

ドイツクリスマスマーケットに並ぶレープクーヘン

もちろん、ビール&ソーセージの美味しさは欧州随一。各地方ごとに存在する無数の地ビールを味わうのもドイツ旅行の醍醐味でしょう。

屋台で売られている美味しそうな匂いのソーセージ達

屋台でよく見かける「グリューワイン」は、赤ワインにシナモンやクローブなどの香辛料や、オレンジピールやシロップを加えて温めた、寒い冬のドイツのクリスマスにぴったりの甘くて暖かなドリンクです。

ノンアルコール派には、柑橘系ジュースをベースにした「キンダープンシュ」という暖かいジュースもあります。ドリンクはクリスマスデザインのマグカップに入れて渡してもらえて、戻せばデポジットを返してくれますが、そのまま持ち帰ってお土産にもできるので、ちょっとした旅の記念にも。

ドイツクリスマスマーケットで売られている熱々のグリューワイン

そのほかにも、各地の工芸品、玩具やキャンドル、ハンドメイドの靴下や帽子など、眺めているだけでも楽しくなるアイテムが並ぶドイツのクリスマスマーケット。メルヘンチックで幻想的なクリスマス時期のドイツは旅行のベストシーズンといってもいいでしょう。

ドイツのおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(ドイツ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 冬の欧州観光で「ミュンヘンのクリスマスマーケット」がオススメな理由2017年8月22日 冬の欧州観光で「ミュンヘンのクリスマスマーケット」がオススメな理由 見どころいっぱい!ミュンヘンのクリスマスマーケットミュンヘンは、ドイツ南部のバイエルン州にあり、ドイツではベルリン、ハンブルクに次いで3番目に大きな都市として知られています。しかし、大都市の割には都会的な雰囲気が少なく、むしろのどかな雰囲気なので、「人口130万人の村」と言われることも。つまり、人口130万人を擁する大都市にもかかわらず、小さな村にいるような居心地がよ […]
  • ニューヨークのクリスマスシーズンを思い切り楽しむ旅2016年11月22日 Fantastic! ニューヨーク・クリスマスツリーの素敵な装飾をcheck! 幻想的なクリスマスツリーニューヨークのクリスマスシーズンは、マンハッタンにあるロックフェラーセンターのツリー点灯式から始まります。点灯式の時期は11月下旬から12月上旬が恒例(2018年11月28日)。1933年から続く伝統ある点灯式は、大勢のニューヨーカーや世界中からの観光客でにぎわい、テレビで全米に生中継されます。日中はビジネスマンが闊歩するウォー […]