更新日:

子供も楽しめる!ハワイオアフ島へ子連れ旅行!親子で楽しむおすすめスポットを紹介

普段子育てで大変な思いをしているママさんも、たまには海外で思い切り羽を伸ばしてみませんか?でも子連れで海外旅行は大変かも・・・。でもオアフ島なら大丈夫!親も子どもも一緒に多彩な楽しみ方ができるテーマパーク「ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ」はカップルにもおすすめです。

1,611 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

子連れも安心、カップルにも大人気!な巨大テーマパーク

海外旅行は、出張やひとり旅でない限り、子供や家族、恋人、一緒に行く人のそれぞれの好みや事情があって、なおさらどこへ行けばいいのか悩むところです。そこで、国内とは別世界を満喫できるハワイ旅行の中でも、大人も子供も最高に楽しい子連れ旅行をご提案。1日の思い出ができる場所をご案内しましょう。

パイナップルとトロピカルドリンク

オアフ島西部のファーリントンハイウェイ沿い。空港からは車で約15分、ワイキキからは約35分の場所にその場所、「ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ」はあります。

東京ドーム3個分の広大な敷地いっぱいに、15個のアトラクションを持つこのテーマパークは、ずばりハワイにある「水の楽園」。ハワイに咲くトロピカルな植物たちに囲まれ、くつろぎたい人はジャグジーへ。また、みんなで楽しく遊びまわりたい人はスライダー系のアトラクションを満喫できるのです。

中でも子連れ旅行の方におすすめなのが、子どもがパパ、ママといっしょに楽しめて大好評のウォーターワールド!大きなプールに飛び石のように浮かんだ蓮の葉をイメージした浮き輪を伝い歩いたり、頭上のネットにぶら下がって水上を渡ってみたり、体験すればだれでもすぐにアドベンチャーワールドの主人公になれるのです。

ハワイでプールを楽しむなら

プールの利用に身長制限はありません。親が一緒であれば、小さな子どももすぐに夢の世界へ踏み出せ、海と比較し安心して楽しめるため、子どもにとても人気があります。プール中央にあるスライダーを滑れば、もう興奮の絶頂であることは間違いありません。ただし、危険防止のため、スライダーだけは身長制限がありますのでご注意を。

ハワイでプールを満喫

愛を深めるスライダーはキッズや友達同士にもおすすめ

また、恋人同士がドキドキしたいのであれば、ワイアナエ・コースターが評判です。自然の地形を利用した建物約5階分の高さからのスライドは、国内を見渡しても存在しないスケール感。大きくうねりながらその頂上から滑り落ちるダイナミックなスリルを満喫したら、ふたりだけの思い出として生涯忘れられないものになるのではないでしょうか。

そして世界最大のハーフパイプのスライド、シャカ。U字型のスライドを滑り落ちるスリルは、まさに絶叫系の真骨頂。落ちている間、頼れるのは恋人だけ。しっかりと手をつないで落ちないと離れ離れになってしまうので、二人三脚のつもりでチャレンジしたいですね。

友人同士のグループでのハワイ旅行なら、ぜひトルネードにもチャレンジしましょう。高さ15mから40mもの巨大な竜巻の中に飛び込んでいくスリルは、そのスケールも含めてこのウェット・アンド・ワイルド・ハワイでしか体験できません。2~4人乗りなので、カップルやダブルデートにもってこいのアトラクションと言えそうです。勿論はしゃぎたいキッズや大人も楽しめます。

これだけ遊びまわれば、お腹もすいてしまいます。パーク内には、ウインドジャマー・フードコートがあるので、そこでちょっと腹ごしらえ。衛生面に力を入れているテーマパークですから、子連れ旅行にも最適でママも安心。弁当の持ち込みなどはできませんが、手ごろな価格でピザやホットドック、ハワイならではのローカルフードが揃っているので常夏気分にたっぷり浸れることは間違いないでしょう。

ちょっと大人の時間を過ごしたいときには、スウィート・スポットでカクテルを飲むのもいいでしょう。併設されたステージで、ハワイならではのショーを楽しみながら過ごすひととき。本場の醍醐味を味わう絶好の機会でもあるはずですね。ただし、アルコールが未成年禁止なのは世界共通です。身分証明書の提出を求められることもあるので、携帯するようにしておくといいでしょう。

ワイキキからのアクセスも約35分と、絶好の立地条件のウェット・アンド・ワイルド・ハワイですが、今ではさまざまなハワイのオプショナルツアーに組み込まれています。レンタカーのために国際ライセンスを取るのは面倒、という方はワイキキの主要ホテルを巡回する送迎が含まれるパッケージの利用が便利です。

日焼け止めは必須

宿泊先のハワイのホテルか、その近隣に設定されている集合場所へ集まれば、あとはハワイの景色を楽しんでいる間にウェット・アンド・ワイルド・ハワイへ到着。細かい下調べも必要なく、ハワイ旅行のビギナーでも、たとえ子連れの旅行であっても、夢の世界を体験することが手軽にできるのです。

子連れ旅行で家族との思い出を作ったり、恋人とスリリングでロマンチックなひとときを体験したいのであれば、ハワイのスケール感を満喫しながら、子供も大人も大はしゃぎできる「ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ」がおすすめです。

※掲載画像はイメージ画像です。

ホノルル/オアフ島のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(ハワイ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • ハワイで食事に悩んだらサンセットディナークルーズ!2016年6月2日 美味しいハワイの食事と夕日を楽しむならサンセットディナークルーズがおすすめ その土地の食材を景色ごと満喫してしまう贅沢ハワイ旅行をしたとき、その場所で何が食べられるのかということはあらかじめリサーチして、1日くらいは特別な食事の予約もしておきたいものです。もちろんレストランで楽しむことだって選択肢のひとつ。ランチなら、屋台でポキを買って木陰で食べるのも素敵です。(※ポキ:ポケともいい、ハワイ料理のひとつで新鮮な生の魚介類をダイス状に切った […]
  • ハワイのクアロア牧場で楽しめる5つのこと2016年6月2日 ハワイのクアロア牧場で楽しめる5つのこと クアロア牧場ならではの魅力とはマイケル・クライトン原作の小説が、1993年に映画化された「ジュラシック・パーク」。化石から採取したDNAをもとに、現代によみがえらせた恐竜たちの住むテーマパークでのパニック・サスペンス映画が世界的に大ヒットしました。所狭しと走り回る恐竜たちの住む島、「ジュラシック・パーク」。そのロケ地こそ、ハワイ・オアフ島の北東部に位置するクアロア牧場 […]