更新日:

特別なパリの特別な名所【保存版】パリ在住19年の女性に聞きました

パリへの旅行で人気なのはエッフェル塔やモンサンミッシェルだけではありません。ファッション、バレエ、オペラ、絵画、料理、スイーツをはじめ、特にパリの女性の生き方やファッションへの考え方は女性誌の鉄板コンテンツになるほど注目されています。そんなパリの本当の魅力に触れる旅がしたいあなたへとっておきの名所を紹介していただきました。

1,981 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

有名な観光スポットだけじゃない!パリの本当の魅力に触れる旅

観光地以外の場所こそが魅力

成田空港から直行便でおよそ13時間。フランスの首都・パリの名を知らない人はおそらくいないでしょう。洗練された文化、悠久の歴史、芸術…世界の人々の憧れが凝縮しているこの都市は、長きに渡り旅人を魅了し続けています。

日本からも様々なテーマのツアーが数多く、何度か訪れるうちにリピーターになる女性も多いとか。そんなパリで19年暮らし、現地でガイドなどを務める亀田麻矢子さんは、この街の魅力を次のように説明してくれました。

お話をうかがった方

亀田 麻矢子さん現地ガイド
パリ在住19年。現地で個人ガイド等のお仕事をされています。観光客の人々が身近なパリを感じられるようなガイドを心掛けているそうです。

麻矢子さん:長い間こちらで暮らすほど、フランスは自由な国であり、パリは世界一美しい街であるとつくづく実感しています。何百年も前に建築された建物が建ち並ぶパリは、パリジャンやパリジェンヌの誇りともなっています。

麻矢子さん:ただ、パリにいらっしゃるなら単に観光名所だけを見て帰らないでください。この街の魅力は、そこら中にある美しい町並み、そして自由に輝くパリジェンヌ達の生活している姿にこそあると私は思っています。

── 美しいイメージのパリも、実際は多くの人々がそれぞれの夢と現実の中で生活している都市です。名所の観光だけにとどまらず、人々の生活の場としての側面を見ることも、パリの魅力を余すところ無く知るためには欠かせないポイントなのかもしれません。そこで、麻矢子さんがオススメのパリの訪問スポットなどをお聞きしました。

マルシェでパリジェンヌと共に買い物を

── パリには世界にその名を轟かせる観光スポットが数多くありますが、麻矢子さんが特にオススメするのはパリの深みをより感じられるスポットです。

麻矢子さん:パリの真ん中、シテ島にある『サントシャペル教会』は、ステンドグラスで有名なゴシック建築の教会です。青く輝くステンドグラスからの光を受ける教会内は神秘的で美しく、信心深くなくても心が洗われるようです。ノートルダム寺院からも近いので観光するにはとても便利です。

有名な観光スポットだけじゃない!パリの本当の魅力に触れる旅

麻矢子さん:パリの中心にあるオペラ座『オペラガルニエ』は、ベルサイユ宮殿さながらの豪華絢爛なホールは、まるで幼い頃に夢見たお姫さまのお城のよう。そしてシャガールの天井画は、何度見てもため息がでるほど美しいです。見学だけでも素晴らしいですが、上演されるバレエはとても安く観劇できるので、ぜひ観劇されることをオススメします。着飾った紳士淑女たちが、幕の合間にシャンパンを飲んだりする光景は、まさに舞踏会そのものです。

有名な観光スポットだけじゃない!パリの本当の魅力に触れる旅

麻矢子さん:天才画家・モネの睡蓮を360度の視点から見ることができる『オランジュリー美術館』もぜひ足を運んでください。モネは『睡蓮は自然光の中で観覧して欲しい』という遺言を残したのですが、それを叶える為この美術館では、長い間改装工事が行われていました。自然光の中でモネの睡蓮に囲まれる特別室は、本当に素晴らしいの一言に尽きます。

麻矢子さん:あとは骨董からガラクタまで実に色々な物が売られる『ヴァンヴの蚤の市』は楽しめると思います。個性的な店が沢山出るので、見るだけでも面白いです。

── 『オランジュリー美術館』は、パリの本物の名所としてぜひ訪れたい場所ですね。また、パリッ子といっしょに過ごせるスポットも見逃せません。

麻矢子さん:市内にたくさん出店される『マルシェ(市場)』にはぜひ行ってください。規模の大きいマルシェが出店するバスティーユやイエナでは山積みの果物や野菜、たくさんの花が売っていますし、リンゴなどは1個からも買えます。

麻矢子さん:朝食代わりにマルシェに行って果物を買ったり、パリジェンヌ達に混じって買い物を楽しむのは絶対オススメです。パリで宿泊するホテルは近くでマルシェが開催されるところに決めるといいでしょう。

有名な観光スポットだけじゃない!パリの本当の魅力に触れる旅

麻矢子さん:パリの老舗のデパート『ボン・マルシェ』も足を運んでほしい場所。同じ老舗店としては『ギャラリーラファイエット』が有名ですが、より混雑が少ないのでゆっくり買い物ができます。ボン・マルシェの裏には奇跡のメダイユ教会 があり、ここで購入したメダルを人にあげると奇跡が起こると言われています。

麻矢子さん:ほかにも、インテリアから服飾、カフェまで揃うオシャレなマレ地区にあるセレクトショップ『merci(メルシー)』、パリで一番予約が取れないセラピスト・CHICO SHIGETA氏のアトリエ『SHIGETA』などもぜひ立ち寄ってみてください。

挨拶程度のフランス語を覚えていこう

── パリにももちろん美味しいグルメもたくさんあります。麻矢子さんにはフレンチレストラン、スウィーツやパリ版B級グルメなどから推薦のお店を挙げていただきました。

麻矢子さん:フィリップ・スタークが内装を手がけたバカラ美術館内のフレンチレストラン『Cristal Room(クリスタルルーム)』では、ギイ・マルタンシェフのお料理、飲み物はバカラのクリスタルグラスでいただけます。フランスで魚を食べるとソースたっぷりな事が多いのですが、こちらではシンプルに焼いた物が出て来ることもあります。サービスもとても良いです。このレストランを利用すると、同じ建物内のバカラ美術館が無料になります。

麻矢子さん:ケ・ブランリー美術館内のフレンチレストラン『Les OMbre(レゾンブル)』は、セーヌ川のクルーズをした後などの食事に最適です。エッフェル塔が目の前に見える最高の立地。魚料理も豊富なので日本人におすすめです。

有名な観光スポットだけじゃない!パリの本当の魅力に触れる旅

麻矢子さん:キッシュ、タルトが有名な『Le Loir dans la Théière(ル・ロワール・ダン・ラ・テェイエール)』は、味はもちろん友達の家のようなアットホームなインテリアで、落ち着いてお茶を楽しめます。

麻矢子さん:日本でもよく知られているクレープやガレットなどの軽食は、パリのいたる所で販売されています。ランチにもぴったりなので、ぜひお試しあれ。そしてマレ地区で販売されているイスラエルのベジタリアンサンド『ファラフェル』はレアなファストフード。こちらもオススメです。

有名な観光スポットだけじゃない!パリの本当の魅力に触れる旅

── ではパリを旅行する際の注意点を教えてください。

麻矢子さん:夜の一人歩きは気をつけないといけないのは、どこの国でも同じだと思います。パリではルーブル美術館やエッフェル塔など、特に有名観光地にはたくさんスリがいます。女の子や子どものスリもいますが、決して子どもだからと油断してはいけません。公共交通機関の車内などへの忘れ物も注意です。

── 子どものスリがパリにもいることはちょっと驚きですが、概ねどこの国にも共通している注意事項はパリにも当てはまりますね。フランスならではの注意事項があるそうですが?

麻矢子さん:フランス人は昔から、英語で話しかけると機嫌が悪くなると言われていますが、これに関しては未だにあまり変わっていません。若い人たちは英語を話せる人が増えていますが、年配の方には英語を話せない人も沢山います。

── パリに行くならフランス語の辞書は欠かせませんね。

麻矢子さん:パリではガイドブック片手にウロウロしないでください。堂々と胸を張って街並みを見て歩きましょう。

── 犯罪者にとって観光客は狙いやすい標的です。いかにも住み慣れている人のように振舞うことが安全への近道です。このように様々な注意点を一気にご紹介しましたが、最後に1つアドバイスをいただきました。

麻矢子さん:東京や大阪などから比べるとパリは小さい街なので、道に迷っても落ち着いて行動すれば大丈夫ですよ。

── 素敵なアドバイスありがとうございます。また、パリについて魅力的な情報を沢山いただきありがとうございました。

時間に追われるようなパックツアーでは体験できない、パリの街歩きをメインとした旅行に行きたくなりますね。パリへの航空券とホテルの予約、オプショナルツアーなどを時間の余裕をもって組み合わせ、数日は街歩きのためだけに旅程を組んでも良いかもしれません。

「暮らすように旅する」という言葉がありますが、素敵な街パリへの旅なら人生の中でもかけがえのない時間となる気がします。

観光スポット・お店の情報はこちら

●ステンドグラスが美しい教会:サント・シャペル教会

住所8 boulevard du Palais 75001 Paris裁判所(Palais de Justice)敷地内
公式サイトホームページ(英語あり)

●パリの中心に位置する劇場:オペラガルニエ

住所Pl. de l Opera 75009 Paris
公式サイトホームページ(フランス語)

●全方位からモネの『睡蓮』が見られる美術館:オランジュリー美術館

住所チュイルリー公園内 Jardin des Tuileries 75001 Paris
公式サイトホームページ(フランス語)

●パリの老舗デパート:ボン・マルシェ

住所24, rue de Sèvres 75007 Paris
公式サイトホームページ(日本語あり)

●セレクトショップ:merci(メルシー)

住所111 boulevard Beaumarchais 75003 Paris
公式サイトホームページ(日本語あり)

●セラピスト・CHICO SHIGETA(チコ・シゲタ)氏のアトリエ:SHIGETA

住所116 rue du Bac 75007 Paris
公式サイトホームページ(日本語)

●バカラ美術館内のフレンチレストラン:Cristal Room(クリスタルルーム)

住所11,Place des Etats Unis, Paris, France
公式サイトホームページ(フランス語)

●ケ・ブランリー美術館内のフレンチレストラン:Les OMbre(レゾンブル)

住所206 rue de l’université 75007 Paris ケブランリ美術館内 最上階
公式サイトホームページ(フランス語)

●キッシュ、タルトの有名店:Le Loir dans la Théière(ル・ロワール・ダン・ラ・テェイエール)

住所3, rue des Rosiers 75004 Paris
公式サイトホームページ(フランス語)

パリ(フランス)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(フランス)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 予習しておけば感動2倍!ルーブル美術館で歴史的名作に出会う【パリ】2016年12月1日 ルーブル美術館は現地ツアーに参加して鑑賞した方が良い理由 圧巻の質と量で世界を魅了する美術館の王様パリの中心部にあたる1区にあり、セーヌ川の北側に位置するルーブル美術館。元は12世紀末にパリ防衛のために城砦として建造されたものです。その後、フランソワ1世の統治下で宮殿へと姿を変え、王たちが増改築を重ねた末、1678年にルイ14世がヴェルサイユに居を移すまで王宮として使われていました。美術館として一般に公開されたのは、1793年の […]
  • パリから行くシュノンソー城とシャンボール城2016年7月15日 パリから行く「シュノンソー城」と「シャンボール城」を楽しむ旅 [no_toc]自然と歴史的建造物が調和したロワール地方フランス中西部、ロワール川の流域に広がるロワール地方は、シャルル7世がシノン城に宮廷を移した15世紀初めから約160年の間、フランスの政治・文化の中心地として栄えた場所です。シャルル7世はイギリスとの100年戦争に勝利した第5代フランス国王ですが、彼を筆頭に多くの王侯貴族たちが次々とこの地に城を建て、絢爛 […]