更新日:

天国に一番近い島、ニューカレドニア・ウベア島の魅力と楽しみ方とお土産

世界の美しいビーチリゾートは日本人にも大人気です。せっかくビーチリゾートに行くなら、あまり騒々しくない静かな海を満喫してみたい。そういう人にオススメの場所のひとつがニューカレドニア・ウベア島です。

3,048 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

3737944_620x415

天国に一番近い島までは日本から8時間半

日本から南へ約7000キロメートル。オーストラリアの東側に位置するニューカレドニアは、本島のグランドテール島を含む複数の島々で構成されているフランスの海外領土の1つです。日本からの直行便も出ており、成田からだと約8時間30分のフライトで到着します。日本との時差は2時間です。

同じビーチリゾートで有名なハワイやグアムなどよりも情報が少ないニューカレドニアですが、いったいどのような場所なのでしょう。現地の男性とご結婚されて以来、この素敵な場所に暮らす日本人女性・ミュギー紀子さんに聞いてみました。

お話をうかがった方

ミュギー紀子さん
ニューカレドニア・ウベア島在住。現地の男性とのご結婚をきっかけに移住。テニス、タヒチアンダンス、散歩がご趣味というアウトドア派。

紀子さん:
綺麗な海と穏やかな気候がこの地の大きな魅力です。海辺では映画のようなワンシーンを日常的に見ることができます。そしてそれ以上に、人の温かさがとっても魅力的です。地元の人々はとてもアットホームな感じで、日本から行くと、のんびりと癒される場所だと思います。

ニュ-カレドニアの首都、本島のヌーメアでさえハワイやグアムとは違い、街はとても静かです。派手さには欠けるかもしれませんが、街中にはかわいい靴や洋服などの小さなお店が並んでいます。また、フランス領であることからフランス料理のお店が多かったり、ベトナムからの移民が多い為ベトナム料理のお店があるなど、様々な文化が共存していることが実感できます。

観光客はフランス人、その他ヨーロッパ圏、お隣のオーストラリア、ニュージーランドからが多いです。大人のリゾートが楽しめるところではないかと思います。

79785528_620x415

── ニューカレドニアを初めて訪れる人に紀子さんがイチオシするのが「ウベア島」という島です。どんな場所なんでしょうか。

紀子さん:長く続く真っ白なビーチ、海と空の青のグラデーション。その景色を目にすると他に何もいらない…そんな気分にさせてくれるのがウベア島です。ぜひこの島のホテルに何日か滞在していただいて、朝から夕方までの景色をビーチでチェアに寝そべって楽しんでほしいです。小鳥のさえずり、波の音、全てがスペシャルです。

── 「全てがスペシャルです」という言葉に、すでにウベア島の魅力が垣間見えます。では、更なる島の魅力やスポットについて伺ってみましょう。

本物の自然の美しさと恵みを満喫

紀子さん:
ウベア島とムリ島を結ぶ『ムリの橋』は、撮影にもよく使われている絶景ポイントです。自然が守られているウベア島を象徴するような海がとにかく綺麗。カメやエイの群れが泳いでいることもあります。橋の下は魚の通り道なので、泳ぐことが禁止されているので注意してください。

『カメの洞窟』『青の洞穴』 はどちらも神秘的な空間。カメの洞穴からはカメが順番に、息継ぎをしに水面に現れます。青の洞穴は文字通り真っ青。その大きさや形状に驚くはずです。

サンゴ礁が隆起してできた『レキンの絶壁』も必見です。唖然とするような自然の壮大さに圧倒されます。潮が引いているときは、ガイド同伴であれば立ち入ることができます。中には小さな教会があります。

島北部にある『オニャ湾』というビーチもオススメです。ニューカレドニアには気軽に軽食を食べられる『スナック』と呼ばれる地元の食堂のようなお店があります。

ウベア島にも数軒あるのですが、ここオニャ湾にある『soleil levant』 というスナックは、地場で採れた魚や野菜を使ったランチが絶品。現地ならではの味を楽しめます。また『soleil levant』の裏手のスポットでは、海の流れに乗ってスノーケリングを楽しめます。

美しすぎる!南半球の静かな楽園。ニューカレドニア・ウベア島のロングビーチ体験

── その他のグルメ、そしてお土産のオススメはどのようなものがあるでしょう。

紀子さん:先ほど紹介したスナックは、特にヌーメア周辺をはじめ色々な場所にあるので、ぜひ気軽に立ち寄ってください。ベトナムの揚げ春巻き「ネム」が定番料理として置いてあったりして、ニューカレドニアが文化の混合した土地だということを感じます。

美しすぎる!南半球の静かな楽園。ニューカレドニア・ウベア島のロングビーチ体験

紀子さん:
ウベアならではの味といえば、ココナッツを食べて育ち、またココナッツの殻を棲み家にする甲殻類『ヤシガニ(ココナッツクラブ)』です。ホテルやスナックなどで食べられますが、必ず前日に予約をしておきましょう。本島では食べられないレアフードです。

ウベア島のお土産なら、ココナッツにまつわるものがベストです。島にはココナッツ石鹸の工場があり、私たち地元民も使っている石鹸のほか、『ココナッツオイル』はお土産品として喜ばれます。ココナッツ製品は本島より安く購入できます。

美しすぎる!南半球の静かな楽園。ニューカレドニア・ウベア島のロングビーチ体験

ウベア島で時間の流れに身を任せよう

── 自然を大切にし、その自然の恵みこそが魅力。ウベア島はそんな島なんですね。アクセスなどの基本情報や、旅行における注意点を教えていただきました。

紀子さん:
ウベア島へはグランドテール本島ヌーメアにある国内線空港「マジャンタ空港」から飛行機で約35分。空港からホテル街までは車で約15分です。本島には鉄道が無く、唯一の公共交通機関はバスです。バスは平日だと1時間に3~4本ありますが、時間通りにはなかなか来ませんし、またアナウンスもありませんので時間に余裕のある人向きです。観光客の方も利用していますが、海外旅行に不慣れな方にはちょっと厳しいかもしれません。観光で行くなら、タクシーやホテルの送迎を利用すると良いでしょう。

ウベア島にはバス等の交通機関がありません。空港からはホテル側が宿泊者を送迎してくれます。ホテル到着後の移動は、レンタカーかレンタサイクル(ホテルによる)、徒歩になります。個人手配は難しいので、日本人観光客はほとんどツア-で来ています。パターンとしてはウベア島宿泊付きのパックツア-を利用するか、本島ヌーメア発のウベア島日帰りツア-をオプションとして追加する方法の2種類です。日帰りツア-は日本人スタッフがヌーメアから同行するツア-で島内観光をする形です。

── 公用語や通貨、チップについてはどうでしょう。

紀子さん:通貨は『パシフィック・フラン』です。レートはユーロと固定レートで(1ユーロ =119.33パシフィック・フラン)、ユーロの変動に応じて変わります。成田空港、現地の銀行やホテルで両替できます。チップの習慣は基本的にありません。言語はフランス語が公用語です。英語も多少なら通じます。日本語は通じません。

── フランス語の辞書やスマホの翻訳アプリ、指さし会話集などが欠かせませんね。治安などはどうなのでしょう。

紀子さん:
ニューカレドニア全体としては、治安は良いほうだと言われています。しかし日本人女性が1人で行動していると、声をかけてくる人もいます。夜の1人歩きは避けた方がいいです。と言っても、夜に開いているお店は飲食店ぐらいです。

本島で最も大きな都市・ヌーメアのホテル周辺は観光客がたくさんいますので、夜食事に出かける程度なら大丈夫だと思います。ウベアでは夜どこも開いていないので、必然的にホテルで過ごすことになると思いますが、夜は道も暗いし、人も少ないので外出は避けましょう。散歩に出かけるなら夕方か早朝がいいでしょう。

またニューカレドニアは、日曜日はほとんどのお店がクローズしてしまいます。『日曜日の街はゴーストタウン』と言われるほど。買い物はできませんし、人も少ないので1人で出歩くのは避けてください。

── 特にウベア島・ヌーメアを旅行するには、移動などを考えると紀子さんがおっしゃる通り、海外旅行ビギナーはオプショナルツアーを利用したほうが良さそうです。紀子さん推薦のスポットには、島の酋長の許可を事前に取っておかないと見学ができないところも含まれています。

美しい海を眺め何もしない贅沢、静かな時を満喫するウベア島。フランスの洗練されたグルメやショッピングを楽しむ本島ヌーメア。両方満喫できるのがオプショナルツアーの良さです。ニューカレドニアへの旅、1日は「全てがスペシャル」なウベア島を訪れたいものです。

紀子さん、取材にご協力いただきありがとうございました。

お店の情報はこちら

●ランチが絶品の食堂:soleil levant

住所BP330, 98814, New Caledonia

ヌーメア(ニューカレドニア)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(ニューカレドニア)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 世界中の女性を魅了するベトナムの2大リゾート・ダナンとニャチャン2017年6月12日 世界中の女性を魅了するベトナムの2大リゾート・ダナンとニャチャン ベトナムってどんな国?タイ、ラオス、カンボジアと同じインドシナ半島の東の端に位置する南北に細長い国、ベトナム。西欧諸国の植民地だった時代は、フランスにより支配されていました。また、第2次世界大戦の初期段階で、フランスがドイツに敗れた1940年には、日本軍が進駐し支配した歴史もあります。1945年 […]
  • 移住者が教えてくれた世界一幸福度の高い国フィジーの観光スポット2016年9月15日 フィジーの海とピザとビール!移住者に聞いたそれ絶対幸福度高い奴 フィジーの基本情報ニュージーランドの北に位置しているフィジー共和国は、300を超えるの火山島で構成されている島国です。美しいロケーションのビーチリゾートは世界から人気があり、特に近隣のニュージーランド、オーストラリアを中心に欧米などからの観光客が多い国です。日本からの直行便は無く、韓国の仁川空港などを経由していくのが一般的です。所要時間は乗り換えの待ち時間などによ […]