更新日:

みんな満足!人気のおすすめ韓国料理はこれ!

韓国は日本からの距離も近く、国内旅行に近い感覚でふらっと行ける海外旅行先として人気です。日本でも韓国料理は味わえますが、どうせなら現地へ人気の本場の味を堪能しに週末旅行はいかがでしょう?ここでは特に人気のおすすめ韓国料理を厳選してご紹介します。

1,953 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

今や外食の選択肢のひとつとなった韓国料理

日本では、外食時の選択肢のひとつとなった身近な韓国料理ですが、和食と比べて唐辛子やニンニク、生姜をはじめとした香味野菜が多く使われる特徴があります。

日本の味噌とは違った味や香りをもつ大豆発酵調味料、カンジャン(醤油)やテンジャン(味噌)が使われることで独特の旨味があることや、ごはんと混ぜて食べる、スープとご飯と一緒に食べる、という日本と似た食習慣であることから、親しみやすい存在でもあります。

女性には美肌効果で人気の「乳酸菌と植物繊維を一緒にとれるキムチ」「コラーゲン豊富な参鶏湯(サムゲタン)」の方が、身近な韓国料理かもしれません。

参鶏湯(サムゲタン)

国内で韓国料理を食べようと思えば、都市部ではどこでも食べることができます。それぞれの店が日本人好みにアレンジしていて、とても食べやすく美味しい料理のひとつでしょう。でも、本場で食べる味はやはり違うもの。郷土料理を東京の店で食べるよりもご当地で食べたほうが風情も含めて美味しく味わえるように、韓国料理も現地で食べるほうが本場の味を楽しめるものです。

ただ、どの韓国料理がどこのご当地料理なのかは、なかなかわからないところ。そこで日本人に人気のある韓国料理を紹介しながら、それが食べられる地域をあわせてご紹介しましょう。

本物の韓国料理を食べたい

タッカルビ

日本でもなじみ深いものといえば、韓国レストランでもよく見かけるタッカルビ。特製のタレで下味をつけじっくりと寝かした鶏肉を、キャベツ、ねぎ、ニンジン、さつまいも、エゴマの葉といった野菜と一緒に鉄板で炒めた料理です。しっかりした味付けなのでご飯がとても進むだけでなく、食べ終わったあとのタレを、ご飯に絡めれば二度美味しいという満足感の得られる料理です。本場韓国では江原道(カンウォンド)の春川(チュンチョン)という街がご当地です。ソウルなど主要都市ならどこでも食べられ看板にも「春川」という文字が見られます。

アワビのお粥

女性やカロリーを気にしている人に人気なのはアワビのお粥。透き通るような美しい済州(チェジュ)の海で獲れた新鮮なアワビを、身だけでなく内臓まで細かく刻んで煮込みます。磯の香りがいっぱいのご当地でも人気メニューです。まさに韓国版地産地消の代表格ともいえるのではないでしょうか。もちろん食べるなら済州周辺がおすすめです。

アワビのお粥

黒豚焼き(フッテジセングイ)

そして定番ともいえるのが、同じく済州近辺特産の黒豚を使った黒豚焼き(フッテジセングイ)。体は小さいのですが、その身は肉汁も多くコクがあることで知られています。普通の豚肉より柔らかくて甘みが強いことでも知られます。国内でもよく見かけますが、やはり本場の済州で食べるとその味わいも増すというものです。

ビビンバ

同じく日本では焼肉屋さんでも定番メニューとなっているのがビビンバ。韓国風混ぜご飯の意味を持つビビンバですが、日本で食べるものとの大きな違いは、牛肉で出汁をとったスープを使って米を炊くということ。とても濃厚な味わいで香ばしく、卵とナムル、コチュジャンを混ぜて食べるのが本場の食べ方です。日本で食べるビビンバとは一線を画したものともいえるでしょう。この本場のビビンバは、おもに全州(チョンジュ)市で食べることができます。

ビビンバ

チヂミ

日本でもスーパーの冷凍食品売り場で定番になるほど人気の韓国風お好み焼きのチヂミ。本場韓国でもスタンダードなメニューです。地で獲れたネギをふんだんに使っていますので甘みもあり醤油ベースのタレをからませると思わず手が伸びてしまう逸品です。地酒のマッコリとの相性もよく、広く地元の人たちにも愛され続けているご当地メニューです。「チヂミ」は江原道(カンウォンド)から釜山での呼び名で、ソウルでは「ジョン」という呼び方が一般的かもしれません。本場でぜひ食べておきたい韓国料理です。

チヂミ

ケジャン

ちょっと贅沢なところを狙うのであれば、ケジャンではないでしょうか。国内ではおもに出汁として使われるワタリガニ。しかし韓国ではその身の美味しさを追求しているのです。別名「ご飯泥棒」と呼ばれているケジャンは、醤油ベースの薬味ダレに生のワタリガニを漬け込んだもの。黄色い卵がいっぱいに詰まった甲羅に、ほかほかのご飯とタレを混ぜれば、箸が止まらなくなる名物料理なのです。群山(クサン)地域で食べれば、本場の味に触れることができるでしょう。

ケジャン

韓国料理のなかでも日本人に人気のあるスタンダードな料理を紹介してきましたが、観光客が泊まる韓国のホテルでは、こうした料理を地方に行かずとも食べることができるレストランが入っていることが多いです。それでも本場のしかもご当地で楽しむ究極のグルメ旅。日本から近いからこそ気軽に行けるのではないでしょうか。

※掲載画像はイメージ画像です。

ソウル(韓国)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(韓国)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]