更新日:

偉大なる世界遺産カンボジア・アンコールワット

日本人には広くその名を知られているカンボジアの世界遺産・アンコール遺跡。かつてこの地を支配していたアンコール王朝によりジャングルの中に建設された広大な遺跡群は、東南アジアの代表的な観光名所として多くの人々を魅了してきました。カンボジアに訪れる目的になるアンコールワット。ぜひ足を運んで悠久の歴史に触れてみましょう。

2,339 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力

神が宿るアンコールワット

アンコール遺跡はカンボジアの北西部に位置しています。約400平方キロという広大な面積で、大小600の遺跡群が残されています。9~15世紀前半、カンボジアが前身のクメール王国だった頃に建設されました。

日本では「アンコールワット」という名がよく知られています。これはアンコール遺跡の一つである、ヒンドゥー教寺院のことです。12世紀の半ば、30年の歳月をかけて建設された、アンコール遺跡群の代表的な建築物として有名です。

アンコールはサンスクリット語で「王都」ワットはクメール語で「寺院」という意味です。世界遺産の広大なアンコール遺跡の中の「寺院」という意味あいからも代表的な建物の意味があり、カンボジアの青と赤い国旗の中にも中央にシンボルとして描かれています。

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力

アンコールワットを含むアンコール遺跡の建築物は、ヒンドゥー教ならではの「クメール建築」で建てられました。神の宮殿は岩やレンガを用いて造り、 人間である王の宮殿は木で造るなど、建材を使い分けているのが大きな特徴です。

いたる所に刻まれた美しいレリーフも、この遺跡の象徴です。特にアンコールワットを囲む水濠、また、3つの回廊には天国と地獄が描かれたレリーフ、そして天地創造を表現する「乳海攪拌」などの壁画があり、美しさと共に、見る者の心に語りかけてくる迫力があります。

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力

遺跡のほぼ中心部に位置する高さ65メートルの祠堂(しどう)があり、この頂上からは何にも視界を遮られることなく、アンコールワット全体を見渡すことができます。訪れたならぜひその眺望を体感するべき!と言いたいのですが、それには急な階段を上っていかなければなりません。暑さの中でも体力に自信のある人は、ぜひ挑んでみてください。

遺跡はとても広く、階段は滑りやすく石畳はでこぼことしているので疲れにくいスニーカーで行くのがベストです。乾季の場合は砂埃でスニーカーの色が変わってしまうかもしれませんが、歩きやすく足を守ってくれるでしょう。

アンコールトムやタ・プロムの遺跡も見逃せない

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力

アンコール遺跡全体はとてつもなく広大なので、全体をじっくり見て回るには数日を要します。象徴的なアンコールワットだけを見学しても満足できるかもしれませんが、せっかくなら他の遺跡もぜひ見てみましょう。オススメはアンコールワットの北に位置する「アンコールトム」です。

3キロメートル平米の面積があるアンコールトムには、約80の王宮や寺院の遺跡があります。中心にあるバイヨン寺院は、ヒンドゥー教ではなく仏教寺院です。アンコールトムにある5つの門の中で最も美しいと評価されている南大門や、バイヨン寺院へ向かうと長い道にそびえるたくさんの石像は、まさに悠久の歴史を感じるものばかりです。

アンコールトムの東側に位置する「タ・プロム」も、ぜひ立ち寄りたい遺跡の1つ。巨大なガジュマルが根を張り、そうした樹木に飲みこまれそうな人口の建造物の姿は強いインパクトがあります。

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力

建設されたのは他の遺跡と同時期ですが、発見されたのは19世紀になってから。もし発見されなければ、ジャングルに飲みこまれていたであろうと思われる風景には圧倒されると同時に、自然の強さを感じずにいられません。

広大なアンコール遺跡を巡るには、事前に見学したい遺跡をリサーチして、ルートを設定しておくのがベストです。もちろん、遺跡群の観光拠点であるシェムリアップ出発のオプショナルツアーもあるので、利用すれば迷わずに巡ることができます。

猛烈な暑さにご用心

アンコール遺跡が世界文化遺産として登録されたのは1992年です。約600年に渡って繁栄したアンコール王朝の栄華を象徴するかのような美しい建造物がたくさんありますが、長い歴史の中で繰り返された侵略や内戦のため、大きなダメージを負ってきました。

そのため幾度となく大規模な修復が繰り返され、現在に至っています。日本からも修復のための費用が提供されており、その額は30億円とも言われています。その甲斐あって、世界の人々からは「一生に一度は見たいスポット」と称賛され、数ある世界遺産の中でも高い人気を誇っています。

アンコール遺跡観光の拠点として最適なのは、アンコールワットまで車で20分程度の場所にあるシェムリアップです。アンコール遺跡の見学をメインにカンボジアを旅行するなら、シェムリアップのホテルを予約するのがベストでしょう。

シェムリアップには国際空港もありますが、日本からの直行便はありません。タイやベトナムなどで乗り換えが必要です。所要時間はバンコクを経由した場合、成田からバンコクまで6~7時間、バンコクからシェムリアップまで約1時間。プラス待ち時間です。

巨大なアンコール遺跡を見学するために、バイクや自転車などのレンタルもありますが、現地は交通マナーが良くありません。最も便利で楽なのはトゥクトゥク(三輪タクシー)です。日本円で3~4000円程度あれば1日チャーターできます。

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力

カンボジアは入国する際ビザが必要です。通貨は「リエル」で、日本では両替できません。出国前に一度米ドルに両替し、現地でそれをリエルに両替する必要があります。レートは1円35リエル前後です。

カンボジア・シェムリアップへの旅行で最も気を付けたいのが「暑さ対策」です。年間平均気温は約30度ですが湿度が高く、昼間40度を超える夏場に行く場合は朝一番(サンライズ)、朝の光の中で厳粛な景観が眺められ、気温の面でも人気です。11月でも30度ぐらいになることがしばしばあるそうなので、こまめに水分補給をするようにしましょう。なお、朝日が建物の真ん中に見えるのは春分と秋分の時期だけだそうです。

シェムリアップ(カンボジア)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(カンボジア)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • カンクンのビーチ2018年2月28日 カリブ海屈指のビーチリゾート、カンクンで過ごすご褒美旅行【メキシコ】 白い砂浜の向こうには、どこまでも青い空と海が!メキシコのビーチリゾート、カンクンへはどうやって行くの?カリブ海に面したメキシコのビーチリゾート、カンクンへはアメリカ経由かメキシコ経由で向かうことになります。現在、カンクンへはアメリカの主流航空会社のほとんどが接続しており、日本人旅行者の場合はアメリカン航空やユナイテッド航空、デルタ航空といった航空会社を利用する […]
  • ゴールドコーストでマラソンに参加しよう2016年8月12日 ゴールドコーストマラソンに参加しよう! 自然とテーマパークがいっぱいの観光都市オーストラリア連邦北東部、クイーンズランド州の南東部にあるゴールドコーストは、美しい海に恵まれたオーストラリア最大の観光都市です。市内とその周辺には人気の観光スポットが多く、楽しみ方は多彩です。まず足を運びたいのは市の中心地、「サーファーズパラダイスビーチ」。サーフィンや散策はもちろん、大通りではショッピングも存分 […]