更新日:

オプショナルツアーで満喫!ハワイ島の観光スポット

ハワイ島への旅行は、ポイントを絞ってよりディープな体験をすることでより充実したものになります。豊かな自然を存分に体感する、島の営みや歴史をより深く感じる。そうしたオプショナルツアーに参加してみてはいかがでしょう。

1,048 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

HAWAIIと書かれた看板

ビギナー&リピーター 共に便利なオプショナルツアー

「道に迷わないかな」「途中でトイレを探せるかな」「言葉は通じるかな」「治安は大丈夫かな」。始めて行く海外旅行には、どうしても不安がつきまといます。海外に行ったことがない人はもちろん、旅慣れた人でも同じではないでしょうか。

でも不安要素だけにとらわれているばかりで何もしなければ、せっかくの海外旅行の楽しさも向こうからはやって来てくれません。

なかなか踏み出す勇気を持てない人は、旅先でオプショナルツアーに参加してみてはいかがでしょうか。日本語ができるガイドさんが付く散策やインストラクターがいる体験なら、安心です。

オプショナルツアーの利用というと、どこか「海外旅行ビギナーのため」というイメージがあります。ところが逆に、リピーターが利用するケースも多いのです。一度訪れた場所をより深く知りたい。例えば町を散策する際、現地をよく知る案内があればその場所の魅力を見逃すことはありません。自然を体感できるアクティビティを安全に楽しむには、インストラクターが心強い味方です。ビギナーでもリピーターでも、大いに活用できるのがオプショナルツアーです。大自然や街並み、とにかく多彩な楽しみが凝縮しているハワイ島のツアーは種類も多く、ネットや旅行パンフレットなどで探すことができます。

大自然や街並みを、より深く感じるツアー

ではハワイ島には具体的にどのようなツアーがあるのでしょうか。まずはハワイ島ならではの大自然を満喫できるツアーをご紹介しましょう。その名も「イルカ高等学校 コナキャンパス」です。

イルカ

やっぱりハワイ島に行くなら絶対泳ぎたい!と考える人が多いと思いますが、このツアーならただ泳ぐだけではなく、イルカと一緒に泳ぐことができます。透明度の高い海で、時には優雅に、時には飛んだり跳ねたりするイルカとの遭遇率が高いことで知られるのがこのツアーです。運が良ければイルカだけではなくマンタと泳げる可能性もあります。インストラクターがいるからできる、海の生き物とのコンタクトです。

泳ぐために必要なシュノーケル、マスク、フィン、ライフジャケットなども全て用意されているほか、軽食も付きます。ツアー参加者が集合、解散する場所とホテルとの送迎付きプランも用意されており、費用は日本円で14,000円程度から。夏と冬でスケジュールが変わりますが、約半日のツアーです。

ほかにも、ハワイ島観光のハイライトとも言える世界遺産キラウエア火山国立公園のトレッキングツアーなど、島ならではの自然を楽しめるツアーがあります。

溶岩

その他、魅力ある町並みをのんびりと散策するツアーもあり、例えば「コナさんぽツアー」。カイルア・コナの街を日本語ガイドと共に散策します。カメハメハ大王ゆかりの地としても知られる地を歩きながら、街の成り立ちや歴史などの際説を聞きつつ地元ならではのお店などを訪問します。ハワイ発祥のパシフィック・リムキュイジーヌを考案したシェフの1人、サム・チョイ氏の海が見えるレストラン「サム・チョイズ」に立ち寄りがあります。朝から夕方までの1日のツアーで価格は15,000円程度からです。

同じエリアの夜を楽しめる「カイルア・コナの街散策ツアー」もあります。

カイルア・コナ地区のメインストリート・アリイドライブに沿って散策したあと、映画「フォレスト・ガンプ」をテーマにした「ババ・ガンプ・レストラン」での夕食を楽しみます。 ディナーはプリセット・メニューが用意されており、メインディッシュを選ぶことができます。こちらは夕方16:00からスタートし、21:00頃に解散するツアーで、価格は9,100円程度から。いずれもワイコロア地区、サウス・コハラ地区の魅力をじっくりと味わえるツアーです。

カイルア・コナ

ツアーを利用しやすい立地のホテルをチェック

狭いエリアをじっくり探索するツアーだけではなく、ハワイ島全域の名所を巡るオプショナルツアーもあります。ハワイ島は四国の半分程の面積があります。全域を回るにはほぼ一日がかりのツアーとなります。

ツアーによっては立ち寄るスポットが異なるほか、時間帯も違います。食事も昼食・夕食がセットされていたり、昼食だけだったりなど、ツアーによって様々です。

もちろん価格帯も幅がありますが、12,000円程度からが目安になるでしょう。またツアーは、一定以上の人数が集まらなければ実施されないケースが多いです。今回紹介したオプショナルツアーは、いずれも2人以上が条件になります。

ツアーの集合場所まで送迎サービスが無いケースもあり、その場合は自分で集合場所に行かなければなりません。ですからオプショナルツアーを利用する際は、希望するツアーがハワイ島のどの場所に集合かを確認し、その付近のホテルに宿泊するのがベストです。

ツアーはいろいろ活用の仕方があります。初めてハワイ島を訪問した際は、まず島一周をツアーで巡り、そこで気に入ったスポットに、後日改めてレンタカーなどで行ってみるのもひとつの方法でしょう。ハワイ島のレンタカーは日本の免許証があれば利用できるので、ツアーでの観光を予定している方もぜひ持っていくとよいでしょう。

ハワイ島のホテルは価格帯の幅が広く、リゾートホテルライフを楽しみたいのか、ホテル併設のゴルフコースを回りたいのか、ホテルは質素でも様々なオプショナルツアーを楽しみたいのか、長期滞在型で暮らすようにリゾートライフを楽しみたいのか、など目的によって選ぶことができます。

ハワイ島の夕陽

おすすめは、自分たちが一番楽しみたいオプショナルツアーを1日1本選び、日程を決め、予算に合わせてホテルやレンタカー、航空券を予約していく方法です。時間も予算も行きたい場所も自分たち仕様のカスタムメイドの旅。オプショナルツアーを上手に活用することで、あらゆる楽しみ方ができるのがハワイ島の大きな魅力です。

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

ハワイ島(ハワイ)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(ハワイ)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • ハワイ島の旅は、レンタカーを借りて自由気ままがおすすめ2016年6月2日 ハワイ島の旅は、レンタカーを借りて自由を楽しむのがおすすめ 旅の自由度が桁違いに高くなる旅の重要な要素の1つが移動手段です。電車やバスなどの公共交通機関が充実している場所であれば、地元ならではの乗り物を利用すること自体が、楽しみの1つとなります。ハワイ島の公共交通機関はバスです。もちろん旅行者にも利用できますが、走行するエリアや便数が限られているほか、大型の荷物の持ち込みが有料、あるいは制限されるなど、どうしても制約が […]
  • ハワイ島の観光なら!世界中からリピーターが訪れるというビッグ・アイランド2016年6月2日 世界中からリピーターが訪れるハワイ島の観光スポット 多彩な顔を持つハワイ最大の島ハワイ島はハワイの他の島を合計した面積よりも、さらに2倍近い大きさがあります。そのため「ビッグ・アイランド」と呼ばれています。ハワイ州と同じ名前なので、呼び分けしやすいようにこの愛称が使われているそうです。その大きさにふさわしく、ハワイ島での観光にはたくさんの魅力があふれています。ハワイならではの広大で迫力満点の自然、その自然によっ […]