【HIS社員60名に聞いた】台湾旅行におすすめの服装を季節ごとに紹介

【HIS社員60名に聞いた】台湾旅行におすすめの服装を季節ごとに紹介

今回の記事ではHISの社員に向けて実施したアンケート結果をもとに、台湾旅行おすすめの服装を季節ごとに紹介していきます。
女性社員からの回答が多かったので、参考にしてみてください。

台湾旅行におすすめの服装

台湾の天気は変わりやすい

台湾(台北)は東京よりも平均5~10℃気温が高く、基本的に暑いです。台北の冬の平均気温は約20℃、夏は35℃まで行くことも。1~9月は東京よりも雨が降ります。
朝と夜の寒暖差があり、突然のスコールが降ることも。1週間単位で気温が変化することもあるので、天気予報をみて服装は慎重に決めましょう。

台湾の気候

台北市は日本に比べて年間を通して温暖です。
春(3~5月):日本の春に比べて暑く、夏のような陽気です。日中と朝晩の寒暖差があります。
夏(6~9月):梅雨。湿気が多く蒸し暑いです。台風シーズンでもあり、スコールが降ることもあります。
秋(10~11月):朝晩は涼しく、雨量も減ります。日本と比べると暑いです。
冬(12~2月):気温の低い季節です寒波に覆われることもありますが、日本よりも暖かいです。

参考:weather.com
(台北の月間天気予報が見れます。)

季節ごとの服装

春(3~5月)


※写真はイメージです

3月

ロンT、夜はジャケット。室内ではカーディガン必須。
3月末でしたが暑くて日中半袖だったのを覚えています。
天気が良ければ暑くなる可能性があるので体温調節できる服装をおすすめします。
位置は沖縄の先ですから沖縄に行くつもりの服装で。
長袖ワンピースにサンダル。日差しがでたりすると暑くなるので、すぐに調節できる服装がいいと思います。セーターより、ロングTシャツ+羽織も。
半袖にカーディガンを羽織りました。観光地はデコボコ道が多いので、スニーカーで行きました。
3月なので寒くないだろうと思っていったが、想定外に寒く、薄手のセーターに薄手のコートと日本の3月とほぼ変わらない服装でした。
私が行った時は11~12℃と3月にしてはわりと寒かったですが、その1週間前は20℃程あったとのことでした。気温の変化が激しいため、天気予報をマメにチェックしたほうがいいです。

動きやすい服装・・・3月でも日中は汗ばむほど暑いので、Tシャツとパンツで十分。ただ、念のため薄手の羽織物があるといいかと思います。

 

3月でも意外と暑いため、基本的には半袖+カーディガンなどの気温の変化に対応できる服装がおすすめのようです。
日によっては日本と同じくらい寒い時もあるため、旅行日程の天気予報はマメにチェックしましょう!

4月

長袖にジーパン。念の為カーディガンを持参。 冷房が本当に強いので、カーディガンは必携。
4月頃でも暑かった。Tシャツにスカートなど。
日本の真夏の恰好でOK。羽織れるものはあった方がよい。
日本と同じような服装。
薄手の服+羽織れるアウター。調節できるように。
肌寒くも感じたので温度調節できるような服装がいいです。
短パン、Tシャツで十分。博物館など建物内は女性には寒いと思う。

 

4月も暑いという意見と寒いという意見が分かれます。
天気予報をコマメにチェックしましょう。

5月

日本と変わりありませんが、朝夜に行動する場合にはジャケット、軽いコートなどの防寒対策とまではいわないものの厚手の服装も必要、そうでなければ日本と同じ、ただし夏場は沖縄に行くときと同じ恰好が良いと思います。 最近は台湾でも高地では雪が降ったりするので、それなりの対策は必要です。
日差しがでたりすると暑くなるので、すぐに調節できる服装がいいと思います。
セーターより、ロングTシャツ+羽織もの。
タンクトップ・ショートパンツ とにかく暑かったので。
日差しが強いのでサングラスをもっていけばよかったと思った。
夏服。お店の冷房が強めなので羽織って着れるカーディガンを持っておくと良い。

夏(6~9月)


※写真はイメージです

6月

タンクトップ(日本の真夏の服装)
冷房対策で薄手の羽織はあったほうが良いと思います。

7月

ビルケンシュトック(サンダル)にコットンワンピ、冷房対策にカーディガン。
夏だったので基本的に動きやすい恰好。ただし、室内は寒いことが多いので、カーディガンなどは欠かせません。
集中豪雨がある場合がるので軽いレインコート/ウィンドブレーカーなど。
半袖、スニーカー。街歩きで結構歩くため。

8月

日本の真夏以上なのでTシャツ・ショートパンツ・ワンピース。
長袖・長ズボン不要だが店内は冷房寒いので薄手の羽織物必須。
折り畳み傘必須。
蒸し暑かったので極力涼しい薄着の恰好。基本的に涼しい恰好で、冷房に対応するため薄手の羽織があるといい。
Tシャツとショートパンツや楽なズボン とにかく暑かったのと沢山歩いた記憶なので楽な恰好がいいと思います。あとフットマッサージをしたので、足を出しやすいパンツなど。

9月

日本と同じ、真夏の恰好。
2、3、8、9月に渡航経験があります。基本的に夏服で問題ないものの、建物内は冷房が効いているので羽織るものは必須。

 

6月~8月は日本の真夏より暑いとのこと。
薄着でいくのはもちろん、冷房対策も忘れずに!

秋(10~11月)


※写真はイメージです

10月

薄手の長袖、動きやすいパンツ<
蒸し暑いときもあるので、調節ができるような服装の方がオススメ。
半袖(日本の6-7月の服装)
冷房対策で薄手の羽織はあったほうが良いと思います。
半袖かノースリーブ。
室内ではカーディガン必須。
歩きやすい綺麗目の靴で、ジャケット羽織りました。
シャツ。

11月

11月長袖ワンピースにサンダル。
日差しがでたりすると暑くなるので、すぐに調節できる服装がいいと思います。
セーターより、ロングTシャツ+羽織もの。
Tシャツや薄手の長袖シャツ、ワンピースなど。
日本と同じかそれより薄手の服装だったと思います。
ポロシャツ・ジーパン。
Tシャツ、ハーフパンツ 日本の夏の恰好でいいと思います。

 

秋も日本よりは薄手の服装で行くのがよいでしょう!

冬(12~2月)


※写真はイメージです

12月

薄いコートで過ごせました。
晴れてると結構暑くて脱ぎ着しやすい恰好。

1月

長めのシャツにショートパンツ、日本の10月くらいの服装でしたがそれだと夜は寒く感じました、また九分は肌寒いです、雨はふりませんでした。
ジャケットがあるといいが、重たいコートではなく重ね着をしてくれば日本発時も無駄なものがない。
日本の冬と同じ恰好
薄い長袖

2月

薄手の長袖
雨が多いのでTシャツなどの替えをおすすめします
ニットの長袖。上着はユニクロのウルトラライトダウンをたまに着ました
基本的に、秋ぐらいの恰好でもたまに暑いと思うくらいだったんですが、
結構雨が降るので、夜に雨が降ると結構寒くなります。上着持っていかずに夜の十分のツアーに行って、雨が降って来てめちゃくちゃ寒かった記憶があります。
ヒートテック・インナー・カーディガン・ジャケットorコート(日中は寒くないけど、夜は寒い)
冬でパーカー 雨が多いので折りたたみ傘を持ってい行くとよい

 

冬とはいえ日本と比べると暑いようですが、雨が降ると冷えるので羽織るカーディガンやジャケットは持っていくのがおすすめです。

季節にかかわらず、おすすめの服装は?

階段も多くよく歩くのでスニーカーがMUST
日差しがでたりすると暑くなるので、すぐに調節できる服装がいいと思います。
セーターより、ロングTシャツ+羽織もの
雨が多いのでTシャツなどの替えをおすすめします
折りたたみ傘は必須
天気が良ければ暑くなる可能性があるので体温調節できる服装をおすすめします。
気温の変化が激しいため、天気予報をマメにチェックしたほうがいいです。

 

台湾は雨が多いので、折り畳み傘は必須。着替えのTシャツもあるとよいでしょう。

同じ季節でも気温の変化が激しいため、天気予報をチェックして服装を選んだり、脱ぎ着しやすい恰好を選びましょう。

台湾カテゴリの最新記事