更新日:

パリから行く「シュノンソー城」と「シャンボール城」を楽しむ旅

外国の映画を観ていると、華麗な衣装を身にまとった王族・貴族たちが暮らす美しいお城が登場することがあります。「いつかこんなお城を訪ねてみたい」と憧れている人も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、映画のロケ地にもなった名城が数多く点在する夢のようなスポット、フランスのロワール地方です。

1,342 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS
[no_toc]

自然と歴史的建造物が調和したロワール地方

フランス中西部、ロワール川の流域に広がるロワール地方は、シャルル7世がシノン城に宮廷を移した15世紀初めから約160年の間、フランスの政治・文化の中心地として栄えた場所です。

シャルル7世はイギリスとの100年戦争に勝利した第5代フランス国王ですが、彼を筆頭に多くの王侯貴族たちが次々とこの地に城を建て、絢爛豪華な暮らしを繰り広げたと言われています。

やがてフランスの政治の拠点はパリ郊外へ移ります。そしてシュノンソー城やシャンボール城などの古城をはじめ、要塞や聖堂など中世の歴史的建造物が多数残るロワール川流域は、パリの中でも世界中から旅行者が訪れる人気観光スポットとして知られるようになっていきました。

パリから行くシュノンソー城とシャンボール城

フレンチ・ルネサンスを代表する建築や庭園が集中していることから「フランスの庭」とも呼ばれ、2000年には、ロワール河流域の800kmに渡る一帯は世界遺産として登録されています。

日本からロワール地方を訪れるなら、まずはパリを目指し、パリから電車やバス、タクシーなどの交通機関を利用して行くのが一般的です。成田空港からパリへは、直行便なら約12時間。パリからロワール地方へは、お目当てのお城や交通の状況などにもよってまちまちですが、うまく乗り継げれば2~3時間程度で到着します。

お城の多くはロワールの豊かな自然の中に囲まれており、決してアクセスがいいとは言えません。電車やバスを使うと、迷ったり待ち時間が発生するなどして、思った以上に時間をとられる場合もあるでしょう。

最も手軽でスムーズにたどり着きたいなら、パリからツアーバスでロワールの目玉スポットを効率的に回れる古城巡りのオプショナルツアーを申し込みましょう。オプショナルツアーならパリのホテルを拠点に、日帰りでロワール観光を楽しむことが可能です。

優美なシュノンソー城、最大規模のシャンボール城は必見

パリから行くシュノンソー城とシャンボール城

ロワール地方に残る古城は、大小合わせて130以上あるとも言われています。その中でも絶対に外せないのは「シュノンソー城」と「シャンボール城」でしょう。

シュノンソー城は、「シェール県の母なる川」として知られるシェール川をまたぐように建てられた白い城館。フランソワ1世の次男、アンリ2世が、愛妾であるディアーヌ・ド・ポワティエに贈り、アンリ2世の死後は正妻であるカトリーヌ・ド・メディシスの手に渡ります。

その後も女性城主ばかりに相続されたことから、シュノンソー城は「6人の奥方の城」という別名で呼ばれることも。その呼び名にふさわしい、全体から高貴な女性の気品が立ち昇るような芸術的なお城です。

特にシェール川にかけられた橋の上に建てられたギャラリー(回廊)が川の水面に映る景観は、ため息が出るほどの美しさです。城内に展示された見事な美術品や、木々や色とりどりのバラの花が美しい2つのフランス式庭園、カトリーヌの庭園とディアーヌの庭園もシュノンソー城の見どころです。

もう一方のシャンボール城は、16世紀初頭に9代目の国王フランソワ1世が狩猟のために建設した城で、ロワール川流域最大の規模を誇ります。

建設当時はルネッサンスの絶頂期。建築様式や装飾は、力のこもった豪華な仕上がりになっています。

パリから行くシュノンソー城とシャンボール城

最大の見どころは城の中心にある、人がすれ違うことなく上り下りできる二重のらせん階段。この階段をはじめ、設計にはイタリア・ルネサンス最盛期を代表する芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチが力を貸したとも言われています。

敷地内には鹿や猪など野生の動物たちが住む広大な森もあり、自然と高度な文化が融け込んだロワールらしい雰囲気の中で、のんびりと散歩を楽しむことができます。

クロ・リュセ城では、ダ・ヴィンチの芸術世界を体感

パリから行くシュノンソー城とシャンボール城

シュノンソー城とシャンボール城以外にもう一カ所、ロワールでお城を訪ねるなら「アンボワーズ城」と、隣接する「クロ・リュセ城」もオススメスポットです。

これらの城はもともと要塞でしたが、シャルル8世とフランソワ1世の頃に改装されて王たちの住まいとなりました。

2人の王は、ヨーロッパで活躍していた知識人や芸術家をアンボワーズ城に招いたと言われているのですが、あのレオナルド・ダ・ヴィンチも招かれた一人。最晩年をこの地で過ごしたダ・ヴィンチは、アンボワーズ城の敷地内のチャペルにある墓に眠っています。

ここまで来たら、アンボワーズ城からわずか400mほどの場所にあるダ・ヴィンチ最期の住まい、クロ・リュセ城にも、ぜひ足を伸ばしましょう。クロ・リュセ城の庭園は、自然の中でダ・ヴィンチの発明品や創作物に触れられるユニークなテーマパークになっています。

見て楽しいだけでなく、世紀の天才として知られるダ・ヴィンチの暮らしぶりや才能の源をうかがい知ることができる貴重なスポットです。

パリから行くシュノンソー城とシャンボール城

造りが豪華なことはロワールのどのお城にも共通していますが、それぞれのお城の建築や佇まいに個性があり、城主たちの想いや人生のストーリーを静かに物語っているところに、フランスの文化の豊かさ、奥深さを感じます。あなたはどの古城に心を掴まれるでしょうか?

<2018年>シュノンソー城 開館時間スケジュール

(お城とショップはチケット売り場の営業終了30分後まで入場が可能)

・1月1日~2月9日 9:30~17:00
・2月10日~4月6日 9:30~17:30
・4月7日~5月27日 9:00~18:30
・5月28日~6月30日 9:00~19:00
・7月1日~8月26日 9:00~19:30
・8月27日~9月30日 9:00~19:00
・10月1日~11月5日 9:00~18:30
・11月6日~11月11日 9:00~18:00
・11月12日~12月21日 9:30~17:00
・12月22日~12月31日 9:30~17:30

下記の週末の閉館時間は19:30

・3月31日~4月2日 イースター
・4月28日~5月1日 メーデー
・5月5日~8日 ヨーロッパ戦勝記念日
・5月10日~13日 キリスト昇天祭
・5月19日~21日 聖霊降臨祭

<料金>

個人(パンフレットを見ながらの自由見学・所要2時間)
大人 14.00₣
小人(7~18歳) 11.00₣
小人(7歳未満) 無料

個人(オーディオガイド付き見学・所要45分または1時間)
大人 18.00₣
小人(7~18歳) 14.50₣
小人(7歳未満) 無料

<アクセス>

■高速道路A10(ブロワまたはアンボワーズ出口)で2時間
■TGV(高速鉄道)にてシャルルドゴール空港駅からサン・ピエール・デ・コール駅まで1時間40分
■TGV(高速鉄道)にてパリ・モンパルナス駅からサン・ピエール・デ・コール駅(トゥール)まで1時間
■トゥールからTER(普通列車)で25分

(出典:シュノンソー城 公式サイト日本語ページ

パリ(フランス)のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(フランス)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 【保存版】パリ在住19年の女性が教えてくれた特別なパリの特別な名所2016年9月15日 特別なパリの特別な名所【保存版】パリ在住19年の女性に聞きました 観光地以外の場所こそが魅力成田空港から直行便でおよそ13時間。フランスの首都・パリの名を知らない人はおそらくいないでしょう。洗練された文化、悠久の歴史、芸術…世界の人々の憧れが凝縮しているこの都市は、長きに渡り旅人を魅了し続けています。日本からも様々なテーマのツアーが数多く、何度か訪れるうちにリピーターになる女性も多いとか。そんなパリで19年暮らし、現地でガイ […]
  • 予習しておけば感動2倍!ルーブル美術館で歴史的名作に出会う【パリ】2016年12月1日 ルーブル美術館は現地ツアーに参加して鑑賞した方が良い理由 圧巻の質と量で世界を魅了する美術館の王様パリの中心部にあたる1区にあり、セーヌ川の北側に位置するルーブル美術館。元は12世紀末にパリ防衛のために城砦として建造されたものです。その後、フランソワ1世の統治下で宮殿へと姿を変え、王たちが増改築を重ねた末、1678年にルイ14世がヴェルサイユに居を移すまで王宮として使われていました。美術館として一般に公開されたのは、1793年の […]