公開日:

マニラ観光おすすめガイド! フィリピンはセブだけじゃもったいない

    フィリピンの女子旅といえば、セブ島のイメージが強い人も多いのでは。
    でも実は、首都・マニラへの観光もフィリピンの女子旅にオススメなのをご存じでしょうか?
    オシャレなレストランや快適なホテル、美味しいスイーツ、そしてカワイイ雑貨や服など、フィリピンには女子の大好物がいっぱい! 物価は日本より安く、英語が通じやすいのもマニラ観光のポイントです。
    では今、大注目のマニラは日本人旅行者にとってどんな魅力があるのでしょうか?

    650 view

    • Share on Facebook
    • Tweet about this on Twitter
    • このエントリーを追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
    • Pin on Pinterest
    • RSS

    フィリピンの首都マニラへ観光でアクセスするには?

    日本からフィリピンへの直行便は、マニラとセブ島へのフライトが就航しています。
    直行便は、首都圏では成田空港・羽田空港、中部圏では中部国際空港、関西圏では関西国際空港、九州圏では福岡空港から飛んでいます。所要時間は4~5時間と、搭乗してひと息ついたらアッという間にマニラに到着します。
    また、新千歳空港や那覇空港などからも、香港などを経由する乗り継ぎ便を利用すればアクセスできるので便利です。

    直行便なら4〜5時間で日本からひとっ飛び!

    直行便なら4〜5時間で日本からひとっ飛び!

    マニラへの旅行は、時期を選べば往復で4万円ほどとリーズナブルです。また、セブパシフィック航空、ジェットスターといったLCC航空会社を利用すれば、さらにリーズナブルにマニラに旅行できます。
    なお、現在の日本とマニラとの時差は1時間(日本の方が1時間早い)。そのため、時差ボケなどはほとんど気にする必要がありません。

    フィリピン国旗

    フィリピン国旗

     

    マニラへ観光する前に……首都マニラってどんな街?

    フィリピンは、7,107の島々からなる島国です。
    フィリピンの首都であるマニラは、フィリピン北部のルソン島に位置しています。
    マニラ首都圏は「メトロ・マニラ」と呼ばれ、その人口は約1,200万人と、東京都を上回る人口規模。その中心部には国の文化・経済を担う「マカティ」という都市部がある一方で、少し足を延ばせば標高700mの高地にある人気の避暑地「タガイタイ」もあり、実に多彩な表情を持っています。

    高層ビルが立ち並ぶ「メトロ・マニラ」のマカティ

    高層ビルが立ち並ぶ「メトロ・マニラ」のマカティ

     

    いま、マニラが女子旅に人気のワケ

    フィリピンは16世紀後期から19世紀末までスペインが植民地にしていました。その影響は今も色濃く残り、周辺諸国の中では唯一のキリスト教国家です。
    マニラ市内では、城壁都市インストラムロスにヨーロッパ調の重厚な建物や街並みが残されていて、歴史のロマンを感じさせます。思わずSNSに投稿したくなるほど、ロマンチックな景観が広がっています。

    城壁都市インストラムロスにある「サンオーガスチン教会」

    城壁都市インストラムロスにある「サンオーガスチン教会」

    英語が通用するのも、マニラが女子旅で人気になっている理由です。フィリピンの公用語はタガログ語(フィリピン語)ですが、英語も公用語として学校で教えられています。そのため、簡単な英会話さえ覚えておけば旅先でも心配ありません。

    フィリピンの通貨単位はペソです。物価はだいたい日本の半分ほどなので、マニラの観光は、ショッピング好きな女性には天国といえるでしょう。アジア最大級のショッピングモールとして知られている「モール・オブ・アジア」や、マカティの「グリーンベルト」や「グロリエッタ」といった有名ショッピングモールがあり、ブランドものはもちろん、オシャレな服やかわいい雑貨が多数並んでいます。

    服のデザインは南国だけあり、カラフルなものが多いのが特徴。マニラの旅行中は、現地で買った服でコーディネートしてみるのもいいでしょう。

    マカティにあるグリーンベルトやグロリエッタはショッピング天国!

    マカティにあるグリーンベルトやグロリエッタはショッピング天国!

     

    マニラ観光はまず「城壁都市インストラムロス」から

    フィリピンの女子旅で、セブとともにメインとなるマニラの観光。その中でも目玉となるスポットは、「インストラムロス」です。城壁都市だっただけに歴史的に貴重な見どころが豊富で、スペイン統治時代の面影を色濃く残す建物や風景は、とてもロマンチックです。
    なお、インストラムロスを中心にマニラ旅行のおもな観光スポットをめぐる現地オプショナルツアーも用意されています。

    城壁都市インストラムロスの重厚な建物や風景

    城壁都市インストラムロスの重厚な建物や風景

    趣きあるインストラムロスはSNS向けの撮影スポットがたくさん

    趣きあるインストラムロスはSNS向けの撮影スポットがたくさん

    イントラムロスは、スペイン植民地時代に整備された街。マニラ最古の地区になっています。当時はマニラの政治経済の中心と地として栄えましたが、現在のイントラムロスはマニラ観光旅行の目玉で、多くの観光客が訪れます。

    イントラムロスという名前の意味は、スペイン語で「壁の内側」。その名前の通り、海賊からの襲撃や戦闘に備えるための分厚い石で作られた壁に囲まれ、まるで要塞のような街でした。1945年には米軍による爆撃でほとんどの建物が損壊されましたが、戦後に復元されました。

     

    サンオーガスチン教会もマニラ観光では見逃せない

    マニラ観光でのイントラムロス最大の見どころは、1587年〜1606年に建築された、フィリピン最古の教会「サンオーガスチン教会」でしょう。『フィリピンのバロック様式教会群』の1つとして、世界遺産にも登録されています。
    ここは重厚な石造りのバロック風の建物で、今も現役の教会として地域の信仰を集めています。訪れたときに結婚式をしていれば、絶好のシャッターチャンス!

    重厚なサンオーガスチン教会

    重厚なサンオーガスチン教会

    サンオーガスチン教会の内部

    サンオーガスチン教会の内部

     

    マニラ独立の英雄ホセ・リサールゆかりの地をめぐろう

    イントラムロスの中にある巨大なサンチャゴ要塞も、マニラ観光の大きな見どころです。高台にあり、マニラ湾を一望できる素晴らしい景観を楽しむことができます。
    軍事施設や刑務所など、時代によってさまざまな用途に使われてきました。建物はもちろん、博物館や地下牢、トンネルなど当時の様子を彷彿とさせる施設が残されています。

    マンガに出てきそうな昔の大砲が今も残る

    マンガに出てきそうな昔の大砲が今も残る

    イントラムロスやイントラムロス周辺は、フィリピン独立の英雄ホセ・リサールのゆかりの地でもあります。イントラムロス内には「リサール記念館」が設置されているので時間があれば見学してみましょう。

    そしてイントラムロスに隣接する「リサール公園」は、広々とした都市公園。58ヘクタールの大きさは、アジアの都市公園としては最大級。
    園内では、ホセ・リサールが処刑された場所からほど近いところに建てられた「ホセ・リサールの像」が必見。また、中国庭園や日本庭園のほか、広大なラン園などがあり自然豊かな風景は、マニラの観光旅行に花を添えるはずです。マニラを観光旅行するなら、必ず押さえておきたいスポットです。

    リサール公園にあるホセ・リサール像

    リサール公園にあるホセ・リサール像

     

    マニラ観光の醍醐味は、豊富な現地オプショナルツアーにあり!

    マニラ観光は、歴史や自然、ショッピングなど、実にさまざまな見どころがあります。でも、海外旅行に不慣れな女性などは、目的地まで行くまでが大変。交通網の発達していないマニラでは、なおさらです。

    そんなマニラ観光の強い味方が、現地のオプショナルツアーです。旅行滞在先のマニラのホテルから送迎してくれ、ガイドも付いているので安心です。また、周囲の島々やビーチなど、魅力的な観光スポットを効率的に回ってくれるのも、嬉しいポイントです。

    マニラから足を運べるビーチリゾートのアラニオ

    マニラから足を運べるビーチリゾートのアラニオ

    マニラ観光のおすすめオプショナルツアー(1)
    コレヒドール島周遊

    マニラ湾にぽっかりと浮かぶ、おたまじゃくし形の小火山島「コレヒドール島」。マニラの歴史を感じさせるマニラ観光の観光スポットとして人気です。
    スペイン統治時代は要塞化されたコレヒドール島は、マニラに入港する外国船から税を徴集する場になりました。その後、アメリカ統治時代には軍事基地になり、日本軍と激戦を繰り広げました。
    現在の平和なコレヒドール島は、かつての武器や要塞設備、兵舎、巨大なマリンタトンネルなどが保存され、過ぎし日の歴史の面影を感じさせてくれます。

    コレヒドール島にある砲台

    コレヒドール島にある砲台

    コレヒドール島への現地ツアーに参加すれば、滞在先ホテルに迎えにきてくれ、マニラ湾からフェリーで出航。島内では当時、実際に島内を走っていた路面電車に乗って観光スポットをめぐります。

    マニラ観光のおすすめオプショナルツアー(2)
    アフタヌーンティー&ショッピング&スパ&ディナーの欲張り女子旅!

    フィリピンの女子旅で楽しみを倍増させてくれるのが、セレブなひと時です。
    この現地オプショナルツアーでは、アフタヌーンティーやショッピング、そしてスパ、ディナーと、女性の大好物がパッケージされた内容です。
    マニラの中心地、高層ビルが立ち並ぶマカティにある最高級ホテル「ラッフルズホテル」。そのラウンジ「Writers Bar」で、上質な英国式アフタヌーンティーを満喫できるオプショナルツアーがおすすめです。紅茶とケーキやサンドイッチで、ゆったりとしたひとときを過ごせます。

    Raffles hotelで優雅なアフタヌーンティーのひと時を…

    Raffles hotelで優雅なアフタヌーンティーのひと時を…

    お腹も心も満したら、マニラ観光の醍醐味の一つショッピングへ。
    マカティ通りで左右に分かれているショッピングモールの「グリーンベルト」や「グロリエッタ」は、国内では最も充実した店舗が揃うゾーン。思う存分、ショッピングを満喫しましょう!

    マカティでショッピングざんまい!

    マカティでショッピングざんまい!

    その後は、隠れ家的なスパに足を運びます。身も心もリラックスし、美しさに磨きをかけましょう。ツアーのラストには、美味しいグルメが待っています。日本人の舌にマッチする、特製のフィリピン料理店でのディナーで、舌鼓を打ちましょう。

    スパの気持ち良さに身も心もとろけそう

    スパの気持ち良さに身も心もとろけそう

    マニラ観光のおすすめオプショナルツアー(3)
    マニラ湾 サンセットディナークルーズ

    湾を真っ赤に染め上げるマニラ湾の夕日。
    意外にも日本ではあまり知られていませんが、マニラ湾は日本の釧路、インドネシアのバリ島と並んで「世界三大夕日」に選ばれる夕日の名所です。その風景は「マニラベイサンセット」と呼ばれ、黄金色の中に紫や青っぽい光彩が放たれ、世界中の人々の憧れ。マニラ観光ではナイト観光の目玉となっています。
    そんなマニラ湾を舞台にしたサンセットクルーズが、現地オプショナルツアー(リンク設置|https://activities.his-j.com/TourLeaf/MNL0077.htm)で堪能できます。

    世界三大夕日のマニラ湾

    世界三大夕日のマニラ湾

    水平線に沈みゆく太陽を見届けながら、船は沖へと船首を向けます。
    船上からは、陸地の夜景がキラキラと美しく明滅して見え、実にロマンチック。また、週末には花火が上がることもあり、実に幻想的。花火の音が聞こえたら、すぐに甲板へ出てその光景を目に、そしてスマホのカメラに焼き付けましょう。

    日が沈むにつれ、マニラ市街地の夜景が美しさを増してくる

    日が沈むにつれ、マニラ市街地の夜景が美しさを増してくる

    花火が見えたらラッキー!

    花火が見えたらラッキー!

    お楽しみの食事は、船上でいただくフィリピンのローカルディナー。生演奏を聴きながら、日本人の舌にも合う、優しい味付けを満喫できます。
    通常、このツアーは午後5時にホテルに迎えが来るナイトツアーが催されています。日中は別の観光に時間を当てられるので、時間を有効に使えるので女性の観光客にも大評判です。

    マニラ観光のおすすめオプショナルツアー(4)
    アニラオでスノーケリングツアー!

    フィリピンの女子旅でマリンレジャーを楽しむなら、真っ先に思い浮かべるのはセブ島やボラカイ島。
    しかしマニラの観光でも、ちょっとクルマを走らせれば、マリンレジャーを十分楽しめます。マニラ起点の観光でマリンレジャーを楽しめるオプショナルツアーは、「せっかくフィリピンに来たからには海も楽しみたい!」という希望もかなえてくれます。
    ツアーで足を運ぶのは、マニラ市内から2時間半ほど離れたアニラオというエリア。フィリピンの女子旅にはぴったりのツアーです。

    青い海が目にまぶしいアニラオ

    青い海が目にまぶしいアニラオ

    観光地として整備された島々では、環境保全のため遊泳区域が限られている場合が少なくありません。しかしマニラ観光で訪れるアニラオでは、手付かずの自然がそのまま残っていて、透明度の高い海はどこまでスノーケリングしてもOK!  サンゴの群生やカラフルな熱帯の魚に出迎えてもらいながら、ランチ付きのビーチタイムを過ごせます。

    またツアーでは、日本人が運営しているショップを利用するので安心で快適。言葉の心配もまったくありません。
    午前8時にホテルを出発し、午後6時半にホテルに戻るので、夜の時間はマニラ市内でゆっくりと自由時間を楽しめます。

    日本人運営のマリンショップなので英語ができなくても心配ナシ

    日本人運営のマリンショップなので英語ができなくても心配ナシ

    マニラまで観光に来たなら、フィリピンの女子旅としてはセブ島まで足を伸ばしたいところです。
    マニラからセブ島までは、飛行機の直行便で約1時間30分。日程や予算に余裕があるなら、マニラ観光旅行のついでに、セブ島に立ち寄るのもいいものです。セブ島への旅行は、マリンレジャーとエステ&スパのセットが常識。身も心も癒せる現地オプショナルツアーも豊富にそろっています。

    • Share on Facebook
    • Tweet about this on Twitter
    • このエントリーを追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
    • Pin on Pinterest
    • RSS

    NEW ARRIVAL[新着記事]

    新着一覧を見る

    RELATION TOPICS[関連記事]

    • シンガポール旅行は子連れが楽しい!家族で泊まりたいおすすめホテル2017年4月13日 シンガポール旅行は子連れが楽しい!家族で泊まりたいおすすめホテル ☆実はとっても家族旅行向け!シンガポールのイメージは?海外旅行の場合、大人が楽しむ場所というイメージが強いと、子連れの家族がなかなか旅行先として選びません。そこで、シンガポールには子連れで旅行しやすい場所というイメージがあるかどうか、まずはアンケートを取って確認してみました。【質問】シンガポールが子連れで旅行しやすい国というイメージはありますか? […]
    • ケルン大聖堂で、ドイツ屈指の世界遺産を堪能する2019年4月27日 ケルン大聖堂で、ドイツ屈指の世界遺産を堪能する ケルン大聖堂へは便利なドイツ直行便か安価な経由便でヨーロッパ中央部に位置するドイツ。特にヨーロッパ経済の中心地としてにぎわうフランクフルトへは、東京(成田・羽田)、大阪(関空)、名古屋から日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、ルフトハンザドイツ航空が直行便で飛んでいます。他にもドイツ南部の観光地で人気なミュンヘンや、日本人駐在者が多いデュッセルドルフも直行便が出ていま […]