更新日:

フィレンツェが特別であり続ける理由とは?【イタリア観光】

イタリア・フィレンツェ(Firenze)は、花のように華麗に人びとを魅了し世界中から観光客が訪れる人気観光地です。ルネサンス文化の中心地として、堂々と街のシンボルとして君臨するドォオモ、一度見たら忘れられないピサの斜塔、2時間待ちでも価値があるウフィツィ美術館。街全体がひとつの美術館のような美しさ、そしてトスカナ地方の自然が育んだ食事やワイン、そして日帰りで行けるユニークな郊外エリアなど、二度、三度訪れても楽しみ尽くせない、フィレンツェの魅力をご紹介しましょう。

77 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

青い空に赤屋根のコントラストが美しいフィレンツェの街並み

青い空に赤屋根のコントラストが美しいフィレンツェの街並み

 

フィレンツェへ行くには? イタリア中部トスカナ地方へ

まるでロングブーツのような形をしたイタリア。北はミラノ、中央にローマがあり、フィレンツェがあるのはちょうどその2都市の中間あたりにあります。日本からの直行便はなく、経由して向かうことになりますが、イタリア国内なら日本から直行便が出ているローマ、ヨーロッパ内ならオランダのアムステルダム、フランスのパリ、ドイツのフランクフルトなど、空路の選択肢も豊富です。

せっかくヨーロッパに訪れたなら乗り継ぎ時間を長めに設定して、経由地を少し散策してみるのもおすすめ。また、成田空港発の場合、エミレーツ航空やエティハド航空なら深夜に出発するので、お仕事終わりに現地へ向かうこともできます。

 

初めてのフィレンツェでしたいこと! ピサの斜塔に美術館巡り!

イタリアのフィレンツェで繁栄した中世の富豪、メディチ家。その庇護を受けて花開いたのがルネサンス文化です。その名残りはフィレンツェの街の細部まで感じられ、街全体が“屋根のない美術館”と称されるほど。初めてフィレンツェに訪れるなら、まず一日はフィレンツェの市内観光に参加してみましょう。

 

  • フィレンツェ半日市内観光by MYBUS
  • 街全体が美術館と呼ばれるフィレンツェ。
  • 街のシンボル、ドゥオモや人々が憩うシニョーリオ広場、ヴェッキオ橋へ日本語ガイドが効率よくご案内致します。
  • オプショナルツアー詳細 

フィレンツェの歴史地区は世界遺産にも登録されている

フィレンツェの歴史地区は世界遺産にも登録されている

 

市内観光で外せないのは、歴史地区の中心に建つドゥオモ。正式名称はサンタ・マリア・デル・フィオーレ教会といい、高さは100mを超えるため、街のシンボルにもなっています。外観はもちろん、正面のバラ窓や内部天井に描かれたフレスコ画ももちろん必見。ただし、あまりに肌を露出した服装やカジュアルなサンダルの場合は入場できないこともあるため、夏場の観光は注意しましょう。

また、アルノ川にかかるヴェッキオ橋は常に観光客のシャッタースポットになっている、フィレンツェ最古の橋。二層構造になっていて橋の上には貴金属店が並び、イタリアを代表するフィレンツェの伝統工芸品が販売されています。

賑やかな昼に幻想的な夜。ヴェッキオ橋は時間帯によって異なる表情を見せる

賑やかな昼に幻想的な夜。ヴェッキオ橋は時間帯によって異なる表情を見せる

 

フィレンツェのウフィツィ美術館 見逃せないポイント

イタリア国内の美術館として絶大な人気を誇るのが、フィレンツェのウフィツィ美術館です。

イタリアのルネサンス文化を代表する巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」はじめ、サンドロ・ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」など多くの絵画が展示されていますが、ウフィツィ美術館の建物そのものも世界的に有名な建築家ジョルジョ・ヴァザーリが16世紀に設計したもの。市内随一の観光スポットなため、常に混雑していますが、事前予約でチケットを手配することができます。

  • ウフィツィ美術館 事前予約入場券(チケットのみ)
  • ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」やダ・ヴィンチの「受胎告知」など、有名な作品をたっぷりとご鑑賞下さい。
  • ・H.I.S.なら事前予約できるので無駄な時間が省けます。
  • オプショナルツアー詳細 

一度は美術の教科書などで見たことある名画を間近で鑑賞!

一度は美術の教科書などで見たことある名画を間近で鑑賞!

 

フィレンツェなら、ウフィツィ美術館と同じく訪れたい、アカデミア美術館

力強い眼差しに威風堂々とした立ち姿が見るものの視線を掴む、ミケランジェロの「ダビデ象」。大理石で作られた彫刻からはしっとりした質感が伝わり、高さ5m以上の大きさには圧倒されます。

ダビデ象は、アカデミア美術館に展示されていて、こちらの美術館も事前にチケットを予約することができます。

  • アカデミア美術館 事前予約入場券(チケットのみ)
  • ・ミケランジェロの代表作「ダビデ像」で有名な美術館
  • ・芸術を学ぶ学生たちを支援するために収集された美術品が展示されている
  • オプショナルツアー詳細 

イタリアの芸術をじっくり知りたいという方には、ウフィツィ美術館とアカデミア美術館を専用ガイドと巡る、贅沢なプライベートツアーがおすすめです。

  • 専用ガイドがご案内!アカデミア美術館&ウフィツィ美術館プライベートツアー
  • ・レオナルド・ダ・ヴィンチやボッティチェッリをはじめとする必見の名画が多いウフィツィ美術館
  • ・ミケランジェロのダヴィデ像で有名なアカデミア美術館
  • ・フィレンツェに来たら必見の2大美術館です
  • オプショナルツアー詳細 

まるで今にでも動き出しそうなリアルな彫像

まるで今にでも動き出しそうなリアルな彫像

 

眺めるだけじゃなくぜひ登りたい、ピサの斜塔

かの有名なピサの斜塔がある町、ピサはフィレンツェから半日で行ける名所。ピサの斜塔目の前の広場では、多くの人たちが遠近法を利用して、ピサの斜塔を摘まんでみたり、支えてみたりと記念撮影を楽しみます。ピサの斜塔以外にも周辺にはドゥオモや洗礼堂が建ち、これらの建物とピサの斜塔がまとめて世界遺産として登録されています。

観光客に人気なのは、ピサの斜塔内部へ入場して登れるツアー。約5.5度傾いていると言われているピサの斜塔を身体で体験できる貴重な機会です。内部を上りきった後には、ピサの町並みが一望できるというご褒美も。

 

高さ58mと迫力満点のピサの斜塔

高さ58mと迫力満点のピサの斜塔

ピサの斜塔満喫後は、古都ルッカ観光もアリ

人口9万人のピサは、フィレンツェと比べるとのどかな雰囲気が印象的。ピサの斜塔周辺を散策してみたら、もう一つ中世らしい雰囲気を味わえる古都ルッカへ足を伸ばしてみましょう。町を取り囲む城壁からは、かつて城塞都市だった歴史の長さが感じられ、アンティークショップなどのショッピングも楽しめます。ルッカへは鉄道だと大回りなので、ピサの斜塔にも立ち寄るツアーで向かうのが便利です。

  • ピサ & ルッカ1日ツアー
  • ・トスカーナで一度は訪れたい歴史的2大都市
  • ・「ピサ」と「ルッカ」を巡る1日ツアー
  • オプショナルツアー詳細 

 

城壁のほかに塔や広場、大聖堂など見どころもたっぷりなルッカ

城壁のほかに塔や広場、大聖堂など見どころもたっぷりなルッカ

 

フィレンツェ観光世界最古の共和国サンマリノへ

フィレンツェの街だけでも有名な美術館やグルメで満喫できますが、もう一つの魅力は日帰りで世界遺産の街など魅力的なイタリア各地を訪ねられること。フィレンツェ滞在中、もし時間に余裕があるなら、崖の上に建つ自由共和国“サンマリノ”へ訪れるというプランも。

ここは世界で5番目に小さな共和国で、13世紀から続く歴史があります。
歴史地区が世界遺産に登録され、城壁や要塞の塔、違う年代に建設された聖堂や修道院、劇場が混在する街並を歩けば、あたかも中世に迷い込んだかのような気分に。ここでしか買えないオリジナルグッズや消費税もかからないので、ショッピングも楽しめます。

  • フィレンツェ発着 専用車で送迎 世界最古の共和国サンマリノへ by みゅう
  • ・世界で5番目に小さく、世界最古の共和国『サンマリノ』
  • ・旧市街地は2008年にはユネスコ世界文化遺産に登録
  • ・美しいい街並みは中世の面影を残したまま
  • オプショナルツアー詳細 

 

崖の上に立つ街は、まるでジブリ作品に出てくる街のよう!

崖の上に立つ街は、まるでジブリ作品に出てくる街のよう!

 

フィレンツェから日帰りでベネチアも行ける!?

イタリア国内で不動の人気を誇るのが、水の都“ベネチア”へも、がんばればフィレンツェから日帰りで訪れることができます。

数々の絵画や小説に登場した都は、細部まで水路や細い道が張り巡らされ、まるで迷宮。

フィレンツェからベネチアまでは250km以上離れていますが、特急列車ユーロスターなら約2時間で到着します。

  • 列車で行く!水の都ベネチア日帰りツアー!(フィレンツェ発着)
  • ・イタリア国鉄が誇る特急列車「ユーロスター」の往復乗車券と
  • ・マイバス社主催の「ゴンドラセレナーデ」がセットになったプランです
  • ・ヴェネチアならではのゴンドラ遊覧をお楽しみ頂けます
  • オプショナルツアー詳細 

内陸のフィレンツェから一変、2時間で水の都へ

内陸のフィレンツェから一変、2時間で水の都へ

 

フィレンツェならイタリアを代表するお肉料理をガッツリ!

美食大国イタリアでは、滞在中の食事も醍醐味のひとつ。特にフィレンツェではお肉料理が名物で、フィレンツェが位置するトスカナ地方は豊かな気候や自然に恵まれているため素材そのものの味を生かしたシンプルで豪快な料理が特徴です。

フィレンツェにある“ビアンコロッソ”は数少ない日本語対応が可能なイタリアンレストラン。ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(牛肉のステーキ)など自慢の肉料理だけでなく、ポルチーニ茸のリゾットなど、一度は食べてみたい本格イタリア料理が勢ぞろいしているのも嬉しいポイントです。

  • 【ミールクーポン】フィレンツェ/ビアンコロッソ
  • ・トスカーナ料理と言えば、まずお肉!
  • ・白と赤で統一されたアットホームなレストラン
  • ・ワインはグラス3ユーロ、ボトル12ユーロからとリーズナブル(別料金)
  • ・さらに日本語OKのレストランです。
  • ミールクーポン詳細 

フィレンツェに来たら、お肉好きはぜひビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを

フィレンツェに来たら、お肉好きはぜひビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを

 

フィレンツェでシーフード料理が食べたいなら、ここ!

ムール貝にタコやイカ、それにスズキなどの新鮮な魚介類が食べたいなら“ペッシェロッソ”へ。

フィレンツェの中心地に位置し、シーフードが食べられる珍しいイタリアンレストランです。こちらでは魚介類のエキスがしみ込んだ煮込み料理が自慢。中世に建てられた建物に囲まれながら、優雅なひとときを過ごせます。

  • 【ミールクーポン】 フィレンツェ/ペッシェロッソ
  • ・フィレンツェでは珍しいシーフード料理メインのレストラン
  • ・歴史のある高級カフェが並ぶ共和国広場を一望できるテラス席
  • ・お好みのお席でお食事をお楽しみ下さい
  • 【ミールクーポン】詳細 

魚介のエキスたっぷりの煮込み料理は白ワインとの相性も抜群!

魚介のエキスたっぷりの煮込み料理は白ワインとの相性も抜群!

 

イタリアの田舎町でワインと文化を楽しむプランも

イタリアの食事を存分に満喫したら、自分好みのワインを探す旅に出掛けてみてはいかがでしょうか。

イタリアを代表する3大ワインの1つ、“ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”の生産地として有名なモンタルチーノ。小さな町ながら周囲はぶどう畑が広がり、その景観からは優美さが満ちています。

  • ワインの名産地と世界遺産の街を訪れる~モンタルチーノ、ピエンツァ、モンテプルチャーノツアー~
  • ・大自然に囲まれたトスカーナの田舎町で、文化やワインを楽しむ充実のツアー
  • ・イタリア3大ワインの一つ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の生産地として知られるモンタルチーノ
  • ・「理想郷」を求めて15世紀に創られ、1996年に世界遺産に登録されたピエンツァ
  • ・ルネッサンス期の素晴らしい建築物や教会、芸術の後が残り、「ルネッサンスの真珠」と呼ばれるモンテプルチャーノ
  • オプショナルツアー詳細 

丘の上に築かれた要塞都市という一面も

丘の上に築かれた要塞都市という一面も

 

ショッピングならフィレンツェ郊外のアウトレットへ

イタリアに訪れたなら、ショッピングも楽しみたい人も多いはず。フィレンツェ郊外には有名なアウトレットが2軒あります。

ひとつ“モール”と呼ばれるアウトレット。フィレンツェ発のグッチなど40以上のショップが勢ぞろいしています。対して、“スペース”は、イタリアを代表する有名ブランド、プラダグループに特化していて、ミュウミュウなど日本での人気のブランドも販売されています。

フィレンツェ中心部からモールへはシャトルバスが出ています。どちらも郊外にあり、公共交通機関だと移動時間がかかることも。ツアーでは2ヶ所を1日かけて巡るプランもあります。購入した荷物と一緒にフィレンツェ市内のホテルまで直接運んでもらえるので、ショッピング好きな方におすすめです。

  • 専用車で行く THE MALL & PRADA(MONTEVARCHI) ショッピングツアー
  • ・フィレンツェ郊外のアウトレット2軒をめぐるツアー
  • ・グッチを中心としたショッピングモール「The Mallアウトレット」
  • ・プラダグループの「Spaceアウトレット」(MONTEVARCHI)の2つにご案内します
  • ・ショッピングを満喫されたい方にお勧めです
  • オプショナルツアー詳細 

スペースは屋外に面した開放的な空間

スペースは屋外に面した開放的な空間

 

ドゥオモを望めるテラスが自慢のホテル“サンタマリアノヴェッラ”

フィレンツェにあるホテルは数も多く、どれも昔ながらの雰囲気が色濃く感じて、選ぶのに迷ってしまうほど。限られた時間を有効に使いたいなら観光名所に近い場所がおすすめです。スーペリアクラスの“サンタマリアノヴェッラ(Santa Maria Novella”は、クラシックな雰囲気に統一されたホテル。ドゥオモへは徒歩7分、有名ブランドが並ぶトルナブオーニ通りへは徒歩5分という近さです。

  • Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)
  • ・サンタマリア ノヴェッラ教会の向かい
  • ・浴室は大きく白の大理石
  • ・バス用品もオリジナルのグッズを備え女性のお客様に好評
  • ・小さいながらも品のある高級感を演出し旅なれたお客様にぴったりのホテルです
  • 海外ホテル紹介ページ 

夕暮れ時は屋上のバーで変わりゆく空模様と街並みを見てみる過ごし方も

夕暮れ時は屋上のバーで変わりゆく空模様と街並みを見てみる過ごし方も

 

有名デザイナーが手掛けたホテル“ギャラリーホテルアート”

有名ブランド・フェラガモが経営しているデラックスクラスのホテル、“ギャラリーホテルアート(Gallery Hotel Art”。

館内はまるでアートギャラリーのように芸術作品が置かれ、デザイン大国イタリアらしい洗練された雰囲気が感じられます。白を基調としたお部屋は落ち着いた印象で、素材の良さを生かした朝食も人気。ヴェッキオ宮殿やウフィツィ美術館から徒歩数分という立地も魅力です。

  • ギャラリーホテルアート(Gallery Hotel Art)
  • ・有名デザイナ-フェラガモが経営するデザインホテル
  • ・デザイン性の高いホテル内
  • ・やや抑え気味の間接照明を上手に使いシックで落ち着いた雰囲気
  • ・ヴェッキオ宮殿やウフィツィ美術館に徒歩数分の好立地です
  • 海外ホテル紹介 

他のフェラガモグループに比べ、リーズナブルな金額も嬉しいギャラリーホテルアート

他のフェラガモグループに比べ、リーズナブルな金額も嬉しいギャラリーホテルアート

 

スリだけじゃなく、暑さ&寒さ対策も入念に!

楽しいはずのイタリア旅行を悲惨な思い出にしないためにも、犯罪対策は十分意識しておきましょう。

特に観光客がにぎわうイタリア国内の名所ではスリによる盗難の被害も多いので、カバンの内ポケットにしまったり、お金を入れる場所を分散させたりしてみてください。

そして、日焼け対策も。内陸に位置するフィレンツェでは夏は湿気が強く、太陽の日差しも強め。帽子やサングラス、日焼け止めが必需品です。逆に冬は石畳なので寒さも厳しいのが特徴。防寒対策をしっかりしておくと心強いです。

 

花の女神“フローラ”の街として、ルネッサンス芸術の中心地として栄えたフィレンツェ。五感を刺激するアートに出会える美術館、素材の旨みをたっぷり堪能できるグルメ、そしてピサの斜塔など日帰りで訪れることができる周辺エリアなど、その魅力は尽きることがありません。フィレンツェを訪れた際は、欲張りになって自分らしい楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • イタリア「ピサの斜塔」に登って傾きを体感してみる旅2016年6月27日 イタリア「ピサの斜塔」に登って傾きを体感してみる旅 なぜ建物が斜めに建っているのかピサの斜塔が着工したのは1173年。イタリアの建築家であるボナンノ・ピサーノによって設計されました。工事は順調に進んでいたのですが、3階まで建てたときに異変が起こります。なんと建物自体が傾き始めてしまったのです。その原因は、地盤にありました。粘土と砂地という地耐力の弱い地盤が、建物を傾けてしまったのです。当時は、今のような地盤調査 […]
  • ダビンチの壁画「最後の晩餐」の謎を探そう2016年6月27日 ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」の謎を探そう 臨場感に溢れる絵画の魅力この作品は、ミラノの地下鉄カルドナ駅から10分ほどの場所にあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の敷地内にあるドメニコ会修道院にあります。そして、修道院の食堂にある壁画が『最後の晩餐』です。この作品は1495年から1497年にかけて制作されました。この中に私を裏切る者がいるキリストが「受難」の前夜に12人の弟子たちと囲んだ食卓で […]