更新日:

セブ島旅行は、海遊びとエステ&スパのセットが常識です!【セブ島】

アジアンビーチリゾートの代表格、セブ島。セブといえば、ダイビングやシュノーケリングなど海遊びを絡めた旅のプランが王道ですが、海で遊んだ後のお肌のケアは、美意識高めの女子なら常識のはず。自己流でのセルフケアでもいいけれど、セブのスパ・マッサージはコスパもよく、日本人女性にもおすすめ。セブ島では海もマッサージも両方を旅のプランに組み込むのが常識になっています。

743 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

マッサージでゆったりした時間を過ごすのもリゾートの楽しみのひとつ

マッサージでゆったりした時間を過ごすのもリゾートの楽しみのひとつ

アイランドピクニックで、セブの海を思い切り満喫する

ビーチリゾートのホテルは、ビーチへの近さや、部屋から望む景色がどれほど美しいかに重点を置いて探しがちです。セブ島にも、旅行者の希望を満たすようなビーチ沿いのリゾートホテルが数多く建っています。リゾート気分を満喫できる、美しいビーチからすぐそばのホテルに滞在することは、きっと最高の思い出になるでしょう。
ただ、セブ島なら格高めのビーチに近いホテルやプライベートビーチが美しいホテルを探さなくとも、美しいビーチで時間を過ごすことはできるのです。たとえば、人気のアクティビティであるアイランドピクニックがそのひとつ。セブ島周辺には、それぞれ個性が際立つ多くの島がありますが、島に渡ってBBQランチとシュノーケリングができる、アイランドピクニックは、現地のオプショナルツアーとして大人気です。

真っ青な空と海が広がる人気スポット、パンダノン島

例えば、遠浅の白砂が際立つビーチがあるパンダノン島へのアイランドピクニックは、セブ島のオプショナルツアーのなかでも人気のツアーとなっています。

ビーチとスパはセットが常識。セブ島でマッサージ体験!

セブ島でのマッサージはリーズナブルでも癒し感には大満足

セブ島でのマッサージは癒やし感とリーズナブルさが魅力

アイランドピクニックで思いっきり遊んだ後は、スパで身体と心のケアをしましょう。
マンハッタンセレブを題材にしたラブコメディドラマ『ゴシップガール』では、セレブたちはトラブルに見舞われると、すぐにビーチ近くのスパに姿をくらましていました。マンハッタンセレブではなくとも、ビーチとスパの組み合わせは、日常のわずらわしさをリセットする効果があるのです。
ところでビーチリゾートというと、日本ではハワイ、グアムとアメリカ系のリゾートが高い知名度を誇っていますが、アジアの南国のビーチリゾートのうち、セブ島でのマッサージが特におススメな理由は次のとおりです。

オススメ理由①コスパが最高
例えば日本の5つ星ホテルのエステティックサロンで、フェイシャルコース80分は、軽く3万円を超えてしまいます。セブ島のマッサージは、最高級レベルのサロンでもフェイシャルもボディも含む180分コースでも2万円を少し超えるぐらいで受けられるのです。
他の場所で受けたらちょっとお財布に厳しいかな?と思えるしっかりしたメニューのマッサージでもセブ島でなら十分楽しめることでしょう。

オススメ理由②ゆったりした施設と異国情緒溢れる雰囲気
セブ島のマッサージでも、最高級レベルのスパは、広い敷地に複数のビラが建ち並び、お客様ごと独立した空間で施術を受けられるような贅沢さです。ゆったりとした南国の雰囲気に満ちた空間で、日本語ではない言語を話すセラピストに、サービスを受ける。そんな非日常を満喫できるのもマッサージの技術が高いセブ島ならではといえるでしょう。

オススメ理由③強めのマッサージが新鮮で、気持ちいい
セブ島のマッサージの指圧はどこも強めの設定のようです。マッサージに慣れていない人は、痛いかもしれませんが、この強めのマッサージが新鮮で、海遊びで疲れた体にはたまらなく快感なのです。

ラグジュアリーさを追求した「休スパ」

ここではまずラグジュアリーさを追求したセブ島のスパ・マッサージを紹介しましょう。セブ島のホテル
にも決して劣らない豪華体験ができるセブのスパ・マッサージスポットのひとつが、マクタン島にあるまだ比較的新しい施設「休スパ」です。
マクタン島はセブ国際空港と、セブ旅行で過ごすリゾートホテルのほとんどがあるため、セブのリゾートと言えばこのマクタン島のことを指すのが一般的。マクタン島から繁華街のあるセブシティへは車で30分~60分です。

休スパは、緑が美しく広々とした敷地に建てられた、現地のスパ施設の中でもまだ新しい人気店です。ゆったりと落ち着いた施設内の、自分達とセラピストしかいない空間で受けるセブ島でのマッサージは、帰国後もずっと記憶に残る体験となるでしょう。

マクタン島の「休スパ」。夕暮れ時は幻想的!

「休スパ」はまさに南の島のスパリゾート。夕暮れ時の景色は幻想的です

二人で受けられるように2つの施術台がる部屋もあります。

マッサージを受ける部屋は、二人で受けられるように2つの施術台があります。カップルで施術を受ける客も少なくないのだとか

マクタン島の「休スパ」。夕暮れ時は幻想的!

施術の前には、フラワーバスでリラックス。女子力が数倍もあがりそう!

お花のお風呂でリラックスした後に、いよいよマッサージの開始です。休スパのマッサージは、ボディーラップ(全身泥ラップ)、フェイシャルトリートメント、トゥバ トゥバの葉を使った伝統的なヒロットマッサージトリートメントなどを組み合わせた3つのメニューから選ぶことができます。マッサージに使われるオイルや泥パックは天然素材にこだわり、施設のグリーンに身も心も癒されること間違いなしです。

「トゥバ トゥバ」の葉を使った伝統的なマッサージ

「トゥバ トゥバ」の葉を使った伝統的なマッサージ

休スパでのマッサージは、セブ島へ何度も通いたいと思わせるほど特別かつ価値のある体験です。満席で予約できないこともあるので、リピートは事前の予約をおすすめします。

伝統を取り入れた「ココヒロットマッサージ&スパ」

リーズナブルに利用できる「ココヒロットマッサージ&スパ」

リーズナブルだけど高品質なマッサージが受けられる「ココヒロットマッサージ&スパ」

続いて、市街地の中にあるお得感満載なセブ島のマッサージをご紹介します。
リーズナブルな料金で高品質なセブ島のマッサージ体験ができるコスパ最高のスパがココヒロットマッサージ&スパです。

ハワイのロミロミマッサージ、インドのアーユルベーダ、日本の指圧、スウェーデンのスウェデッシュマッサージ、バリ島のバリニーズマッサージなど、世界にはそれぞれ古くから伝わるマッサージがあります。日本での知名度はまだそれほど高くありませんが、フィリピンにも伝統のマッサージ、「ヒロット」があります。

ヒロットとは、長い間植民地となっていたフィリピンで、霊力やヒーリング能力が高い家族の人々が施政者には知られないように、口伝により引き継いできた祈りや行為のことを指します。ヒロットによりもたらされるエネルギーは、神からの贈り物と考えられていて、施術者を通し、受け手に伝わり、治癒力を高めるとされています。また、ヒロットでは身体のコリや冷えをピレイ(コリ)とラグミ(冷え)と呼び、ピレイやラグミから人を解放するという目的があるのだとか。まさしくヒロットこそセブ島でのマッサージそのものといっていいでしょう。

このフィリピンならではの伝統的手法である、ヒロットマッサージを、南国ならではのココナッツ製品を利用して提供しているのが、ココヒロットマッサージ&スパです。

スーパーモデルがお気に入りとして挙げることも多い「ココナッツオイル」

美のインフルエンサーであるスーパーモデルたちがお気に入りとして挙げることも多い、ココナッツオイル。マッサージオイルに含まれるビタミンEにより肌のくすみや老化防止効果があるそうです

ココヒロットマッサージ&スパで使っているココナッツ製品は、100%天然のフィリピン産のココナッツオイルで、美肌効果に期待がもてます。

「ココヒロットマッサージ&スパ」のポップな施術室

施術を受けるお部屋はポップな南国調。お迎えしてくれているスワンのタオルアートがとってもキュート

友人と二人や、カップルでマッサージを受けることもできます。

友人と二人や、カップルで施術を受けられるお部屋もあります。

ココヒロットマッサージ&スパで何よりも嬉しいのが、そのリーズナブルさ。90分のボディのコースが、5千円でもおつりがくるぐらいのお手頃価格です。

海だけではないセブ島の観光スポット【歴史編】

フィリピン最古の要塞「サン・ペドロ要塞」

サン・ペドロ要塞はフィリピンの各時代を象徴する存在

セブ島でのマッサージで最高にリフレッシュした後は、ぜひセブ島の観光スポットにも足をのばしてみましょう。
まず歴史好きならサン・ペドロ要塞とマゼランクロスへ。ここは、スペイン統治時代の1565年に建築が開始されたフィリピンの建造物で、国内最古の要塞。当時の統治国であったスペインが、海からやってくるムスリム勢力に対抗するための要塞として建造したといわれています。その後、時の流れとともに、施政者の都合により、19世紀始めのアメリカ領下では学校、第2次世界大戦時の日本の領下では救急病院と、役割をさまざまに変えてきた歴史的建造物なのです。

キリスト教布教のシンボルにもなったマゼランクロス

キリスト教布教のシンボルにもなったマゼランクロス

サン・ペドロ要塞から徒歩10分の場所には、有名な冒険家マゼランが建てたという十字架があります。
もともとマゼランはキリスト教布教のためにセブ島を訪れました。この十字架は、時の王と王女、さらにその家来400人がフィリピンで初めて洗礼を授けた場所にマゼランが建てたといわれています。

この十字架には、破片で病気が治るという信仰があったため、十字架を削り取り持ち帰る人が後を絶たなかったとのこと。1984年には、倒壊を防ぐため八角形の建物が建てられ、十字架も補強されました。現在でも、この十字架への信仰は続いており、現地の人々は赤いロウソクをお供えして、祈りをささげています。

海だけではないセブ島の観光スポット【SNS撮影編】

ロマンチックな夜景が広がる、夜のトップス展望台

ロマンチックな夜景が広がる、夜のトップス展望台。インスタ映えも◎!

絶景好きならトップス展望台へ行ってみるのがおすすめ。ここは現地のカップルが夜景を楽しみに訪れるエリアでもありますが、日本人の女性観光客はタクシーをチャーターして行くのがおススメ。暗くなってから行く場合はくれぐれも単独行動は避けるのが賢明です。

ユニークな形の「ボホール島のチョコレートヒルズの山々」

ユニークなチョコレートヒルズの山々たち。なぜこのようなほぼ同じ形、高さの山ができたのか、諸説あるそうですが、「巨人がケンカのときに投げ合った石を片付けなかったから」という古来の伝説も

海だけではないセブ島の観光スポット【動物編】

絶景好きにおすすめしたいスポットがもうひとつ。セブ島からオプショナルツアー参加で行けるボホール島のチョコレートヒルズは魅力的な観光地です。チョコレートヒルズは、セブ港からフェリーで2時間南に下った島。砂場のおままごとで作ったような形の、高さみなほぼ同じ、約30メートルの山々が1776個も連なっている特殊な造詣の島です。

世界一小くてかわいらしいメガネザル「ターシャ」

「ターシャ」は絶滅の危機に瀕した保護動物で、ストレスだけで死んでしまうこともあるそうなので、優しいまなざしで見つめてあげましょう。

ボホール島へのオプショナルツアーでは、世界一小くてかわいらしいメガネザル「ターシャ」にも会えます。ターシャのサイズは約10cmで、メガネザルの名前の通り大きくてつぶらな目が特徴です。
心が洗われるような美しい白砂と透き通った青の海にコスパ最高なマッサージ。セブ島こそ、何度でもリピートしたいアジア随一のビーチリゾートなのです。

バンコク/タイのおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(フィリピン)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 香港在住ライター推奨!2泊3日大満喫【香港】モデルコース2017年6月12日 香港在住ライター推奨!2泊3日大満喫【香港】モデルコース この記事を書いたひと甲斐美也子さんフリーランス・ジャーナリスト。東京で女性誌編集者として勤務後、ノルウェー、イギリス、スイスを経てまた東京に戻った後、現在は香港在住。フィガロ・ジャポン、キャセイ・パシフィック航空「香港スタイル」のほか、日本のさまざまな媒体で、香港とマカオに関する執筆や編集、コーディネイトなどを手がけていらっしゃいます。個人ブログは […]
  • バリ島で味わうケチャックダンス、観光客をひきつけてやまないその魅力とは?【バリ島】2018年8月21日 バリ島で味わうケチャックダンス、観光客をひきつけてやまないその魅力とは?【バリ島】 崇高でエネルギッシュなバリ島のケチャックダンスケチャで有名なバリ島ってどんな島なの?ケチャで有名なバリ島は、インドネシアの首都・ジャカルタのあるジャワ島の隣に位置する、人口約390万人の島。世界有数のリゾートアイランドとして日本でも知られていて、世界中から年間を通じて多くの人が訪れます。多民族国家インドネシアの中において、バリ島に住む民族はバリ人が多く […]