更新日:

風水都市・香港の「開運パワースポット」めぐりで運気をアップさせたい!【香港】

恋愛成就や結婚、就職、転職、収入アップなど、願い事は人それぞれ。ただ、願いを絶対にかなえたいのなら、運を味方につけるのも大事です。そこで、今年は開運旅行に出かけてみてはいかがでしょう。おすすめの行き先は香港。
ズバリ、香港はパワースポットだらけの都市といっても過言ではありません。観光やグルメも同時に楽しめる、香港のパワースポットを紹介します。

1,302 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

香港の街

活気ある香港は、訪れるだけでパワーがもらえそう!

地域全体がパワースポットの香港

「地形や建物の形と向きなどで場所に流れる開運パワーが異なり、住民や訪れる人の運気を変えることもある」というのが風水の考え方。香港では、幸運の源となる龍が通る「龍脈」を遮らないように、建物の真ん中がぽっかり空いていたり、龍が飲むための水場としての噴水がつくられていたりします。つまり、香港はパワースポットがいたるところに点在する観光都市なのです。

香港のパワースポットめぐりで取るべき行動とは

地域全体がパワースポットといえる香港で、良い運気を最大限、体にしみこませるためには、どうすればいいでしょうか。おススメの開運アクションがあります。
それは、
(1)ローカルフードを食べる。
(2)仏閣を参拝する。
(3)欲しい運気の香港のパワースポットに立ち寄る。
(4)吉運の場所で眠る。
です。

では、順番に具体的にご紹介しましょう。

ローカルフードで地元パワーを吸収!

香港の飲茶

小籠包は香港フードの中でも定番中の定番

食べることは、身体に直接エネルギーを取り込むということ。とはいえ、開運のために高級な食事が必要ということはありません。大事なのは、現地の食事を現地の人のように食べること。それが土地のパワーを吸収することにつながります。ダイエットは日本に帰ってから。香港では食べて食べて食べまくるのが吉です。

香港開運グルメ【1】立ち食い屋台で縁を引き寄せよう

まずは、もっとも手軽で、香港らしいB級グルメから。
香港ではあらゆるところに立ち食い屋台があります。立ち食い屋台の食を、地元の方々はこよなく愛しています。「おいしそう」と思ったら、恥ずかしがらず勇気を出してチャレンジしましょう。風水では「長いものが縁を引き寄せる」といわれています。長い串に刺さった食材を持ち食べ歩いたら、素敵な出会いがあるかもしれません。

香港の屋台

通りにズラリと並び立つ屋台は、眺めているだけでも楽しい

香港開運グルメ【2】ミシュラングルメで運気アップ

せっかくの開運旅行なので、格付けグルメガイド「ミシュランガイド」に選ばれた幸運なレストランを訪れてみましょう。開運するには運がついているお店に行くことが大事。パワーを吸収できることでしょう。
たとえば支店が多くあり、空港にも店舗のある「何洪記粥麺専家」は、ミシュランガイドにも掲載された粥麺の専門店。空港店にある支店で、帰りの飛行機を待っている間に麺を食べるのもいいかもしれません。というのも、空港も麺も縁を引き寄せるといわれるラッキーアイテムなので、恋愛運アップには最適なのです。おすすめメニューは正斗鮮蝦雲呑麺(海老入りワンタン麺)。海老のワンタンとあっさりしたスープの組み合わせが、旅で疲れた体に染み渡ります。

香港は何洪記粥麺専家の正斗鮮蝦雲呑麺(海老入りワンタン麺)

正斗鮮蝦雲呑麺(海老入りワンタン麺)は思わずホッとする優しい味わい

香港開運グルメ【3】「希望の麺」

コスパを重視するなら、比較的手頃なお店が掲載された「ミシュランビブグルマン」を片手に飲食店へ足を運んでみるのも手。たとえば、好旺角麺家(英語名:GoodHopeNoodle)は、お店の名前を日本語にすると、「希望の麺」。立ち寄るだけで香港の吉運気をがっつり吸収できそうです。場所は、九龍(カオルーン)のメインストリートである彌敦道(ネイザン・ロード)から少し入った、旺角道(ウォンコック・ストリート)にあります。ナイトマーケットとして有名な露店が並ぶ女人街(ノイヤンガイ)が近いので、ショッピングの合間で立ち寄ると効率が良いでしょう。ここでは、ジャージャー麺が観光客の間で大評判です。

香港好旺角麺家(英語名:GoodHopeNoodle)のジャージャー麺

好旺角麺家の名物、北京風ジャージャー麺。コクと甘みの効いた味噌が決め手

香港の大人気パワースポット、黄大仙(ウォンタイシン)

パワースポットを巡る開運旅行なら、地元の神様を訪問することも忘れてはいけません。地元の方々も観光客もこぞって訪ねる人気の神様がいらっしゃる場所に、開運パワーは宿ります。
香港パワースポット巡りの旅でのイチオシは黄大仙(ウォンタイシン)。もともとは道教の寺院ながら仏教、儒教の宗教ともかかわりがあり神様同士のケンカなどない、懐の深いお寺です。香港の地元の方々も、観光客も誰でも、幸運をお願いしたり今後の方向性を神様に確認できる場所、つまり運勢も占える香港の人気スポットなのです。

香港の黄大仙

連日、現地の参拝客でにぎわう黄大仙(ウォンタイシン)

黄大仙を訪れたら、神様に今後の幸運をお願いしましょう。参拝は、地元の方々と同じようなお作法を踏むことが、神様を敬うことになり、開運につながります。まずMRTの黄大仙(ウォンタイシン)駅を下車すると、参道途中に売店があります。ここで必ず長い黄色のお線香を購入しましょう。参拝の時に必要です。お線香に火をつけたり参拝する手順は、地元の参拝客の真似をします。ポイントは、本殿前の3つのお線香立てに、3本づつ、3か所に3回づつ拝礼をしてお参りすることです。

香港の黄大仙のお線香立て

初めて参拝する際は現地の人々の作法をじっくり観察して臨もう

神様にも他の参拝客の方々にも失礼のないようにお参りしたら、次は恋愛運アップのために同じ敷地内にある月下老人(ユエシャーラオレン)を参拝しましょう。
月下老人(ユエシャーラオレン)は、「誰と誰が結婚するべきなのかが記されている本を持っている」といわれています。その本に載っている運命の相手との縁が結ばれるよう、赤色の糸を授けてくれるそうです。もし恋愛の相手を募集中なら、素直に月下老人(ユエシャーラオレン)に赤い糸を結んでくれることをお願いしましょう。

香港の月下老人(ユエシャーラオレン)

月下老人にお願いすれば恋愛が成就するかも!?

ここではまずお賽銭を奉納し、赤い糸をいただきます。
そして説明書きの立て看板に従い、赤い糸を持ちながら、両手で印を結びます。お願いごとをして、その後、月下老人と、自分とは違う性の像との間のロープに紐を結びつけるのが習わしです。

さらにもう一つ、ここでは今の運勢、今後の運勢を日本の神社のおみくじのようなもので占うことができます。
まず、細い竹棒のたくさん入った筒を借ります。決められた場所で跪き、おみくじの筒を、願いごとを唱えながら竹棒が飛び出るまで振ります。飛び出てきた竹棒の番号は控えておきましょう。この番号を占いブースで申告すると結果を書いた紙をくれます。日本語対応も可能なブースもあるので、試してみるのもいいかもしれません。

香港黄大仙(ウォンタイシン)のおみくじスポット

占いブースの軒先に「日本語」などと書いてある場合も多い

こんな儀式を異国のお寺で行うとこれは、忘れがたい経験にもなりますし、予想以上の運気アップにつながるかもしれません。黄大仙(ウォンタイシン)は、人気の香港パワースポット。当然ながら、香港現地のオプショナルツアーにも多く組み込まれているので、手軽に立ち寄ることができる場所でもあります。

地元に愛される香港のパワースポット、車公廟(チェーコンミウ)

日頃、いま一つ運に見放されていると感じているなら、参拝がおすすめな道教のお寺があります。
黄大仙(ウォンタイシン)の次に人気のある香港のパワースポット、車公廟(チェーコンミウ)です。黄大仙(ウォンタイシン)ほど混雑はしていないので、神様の目に留まりやすいかもしれません。

ご本尊は、宋の時代の武将であった車公(チェーコン)。反乱や疫病を鎮めた武将がご本尊なので、悪い運気を断ち切るために訪れる方も多いそうです。
車公廟(チェーコンミウ)は、香港の地下鉄「MRT」の大圍(タイワイ)駅から徒歩圏内にあります。まずは参道の売店で巨大なお線香を購入しましょう。こちらでは金運向けのお線香、健康運向けのお線香と、願いごとに種類の異なるお線香が販売されています。地元の方々の参拝方法を見習いながら、お線香をお供えしましょう。
また、本殿には巨大な車公(チェーコウ)が祀られ、ちょうど参拝客を見下ろしたように立たれています。巨大な車公(チェーコウ)像に見つめられると、身体にあるすべての悪運が退散しそうです。

香港のパワースポット、車公廟(チェーコンミウ)

高さ11メートルもある車公像は威圧感満点!

さらに運気向上を約束するといわれる開運アクションがあります。それはお堂の中に置かれた銅製の風車のようなものをを回すのです。ただし最初に太鼓をたたくことを忘れないように。また、風車はぴったり3回だけ回しましょう。それ以上回してしまうと、良い運気がすべて逃げるので要注意です。

車公廟(チェーコンミウ)の風車

時計回りに、ゆっくりと3回転回すのがポイント

女性人気No.1の香港のパワースポット婚姻石(ラバーズロック)

恋愛に悩む女性に大人気のパワースポットが香港にあります。それが婚姻石、通称ラバーズロックと呼ばれる観光スポット。香港島のハイキングコース寶雲道(ボウウェンロード)の途中にあり、中環(セントラル)のスターフェリー乗り場発のバスで行くことができます。下車する駅は、港安醫院下(アドベンティストホスピタル下)です。
バス停から20分ほどハイキングコースを歩くと見えてくるのが、赤く塗られた奇妙な巨大岩。これが、婚姻石(ラバーズロック)です。パワースポットというよりは、心霊スポットのような様相ですが、「この場所でお願いしたことがかなった人々により整備され、育てられているパワースポット」、とのことで説得力十分。
ハイキングコースなので、道中気持ちよく歩けるかもしれませんが、やや行きにくい場所でもあるので、香港のオプショナルツアーの日本語ガイドチャータープランを利用し、ガイドさんに連れて行ってもらったほうがいいかもしれません。

最強の金運を引き寄せる香港のパワースポット

金運なんかどうでもいい、という人はこの世にいないでしょう。香港はビジネスの街でもあるので、金運に関するスポットも数多く点在しています。
変わったところでは、イギリス資本であり、香港ドル発行銀行でもある香港上海銀行(HSBC)の本社ビル。金運アップを求めてこのビルを訪れる観光客が後を絶ちません。

香港上海銀行(HSBC)の本社ビル

金融街・セントラルの象徴となっている香港上海銀行(HSBC)本社ビル。近代的な建物すらパワースポットになるのが、いかにも香港!

まず、ビル自体が幸運の源である龍脈の吹き出し口である龍穴に建っているといわれています。そのうえ、地上階は、龍の背中を見立てて、地面を波打ったようにでこぼこさせています。たとえるなら「建物全体が龍に運ばれている」イメージでしょうか。さらに、龍脈を建物に導きいれるため最適な方向を向けたエスカレーターが設置されています。
また注目したいのが、地上階のライオンの像。一頭が口を開けており、一頭は口を閉めているのですが、口を開けたライオンが運気を吸い込み、口を閉じているライオンが、入った運気を逃さないようにしているといわれています。この、ライオンと写真をとると、金運や事業運がよくなるという話もあります。ぜひ一緒に写真にとりましょう。

吉運の場所で眠る

最後の開運旅行のポイントは、滞在ホテルです。日中あちこち巡り、地域のグルメを食し、運気を吸収した身体は、運気のいいところで睡眠することにより、さらに開運するのです。
たとえば香港の高級ホテルとして名高い「ザ・ペニンシュラ香港」。幸運の源である龍脈がビクトリア・ハーバーに向けて山から降りてくるきに、ちょうど通る九龍(カオルーン)側の港の際に建っており、幸運をもたらす立地とされています。ホテル前の噴水は、龍の水飲み場であるともいわれ、まさに龍脈上に建つホテルといえるでしょう。

香港の高級ホテル「ザ・ペニンシュラ」

一度は泊まってみたい「ザ・ペニンシュラ香港」

ペニンシュラをおススメする理由は幸運の流れである龍脈に建つホテルだから、ということばかりではありません。世界の最高級レベルのサービスを体験することは、幸運を引き寄せる心の状態に役立ちそうです。
「高級ホテルは予算的に難しい」というのであれば、彌敦道(ネイザン・ロード)沿いのホテルなら、どこでも龍脈上にあることになるので、覚えておいても損はないでしょう。
ホテルでさえもパワースポットとなる香港で、今後の運気アップを願ってみてはいかがでしょうか。

香港/中国のおすすめ!

ご旅行前に外務省・安全情報(香港)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • カニラー&エビラー&飲茶ャーにおすすめ!香港週末グルメ旅行2017年1月19日 【美味しくて幸せ】香港の飲茶(ヤムチャ)にグルメ!おすすめのお店と仕組みを紹介 カニラーだったらぜひ試したい花蟹香港でのグルメといえばなんといっても上海蟹。10月から12月にかけては、まるごと蒸したものがよく食べられています。ただ、香港の上海蟹はあまりに有名ですし、上海蟹自体は日本で味わうこともできるので、ここではひと味違った香港の蟹のグルメをご紹介しましょう。実は「花蟹」こそ、香港蟹グルメ界の代表格。名物料理である凍花蟹 […]
  • 上海観光なら豫園商城でショッピング&グルメを楽しもう2017年2月27日 上海観光おすすめスポット!豫園商城でショッピング&グルメを楽しもう 上海一の繁華街として栄えていた豫園一帯上海観光で人気の豫園商城は、16世紀半ばに建造された明代の古典庭園「豫園(よえん)」の周辺に広がる商業地域です。20世紀初頭の、上海に列強が租界を造っていた時代、城壁に囲まれた豫園を含む一帯は、上海一の繁華街として栄えていました。その後、豫園の敷地半分が分割され、当時の面影を残す商業エリアとして開発。細い路地に明清の時 […]