公開日:

若者の特権「Topdeck」は世界へはばたくチャンスにあふれている

夢と希望に満ちあふれた若者は、いつの時代でも、自分の知らない世界をみてみたいもの。
「旅がしたい!」「世界を見てみたい!」そんな思いがあふれた時、コミットしたい旅が「Topdeck」です。旅の中で待っているのは、人種や性別を超えた、楽しい仲間。さまざまな旅先で得られるのは、動画サイトやSNSでは味わえない、生の体験です。

888 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ラスベガス

「Topdeck」ってどんなトリップ?

Topdeckは、世界中から集まった18~39歳の若者が、1台のバスで世界の国や都市をめぐる旅です。

  • 特集|トップデック
  • 今しかできない旅がある。同世代だからこそ、分かちあえる想いがある。国境や国籍を越えて、Topdeckと旅に出よう
  • Topdeckで世界中を旅しよう

Topdeckの誕生は、1973年のロンドンにさかのぼります。旅を愛する友人同士が、「世界中を冒険したい!」という熱意をもってスタートしました。彼らが目指したのは「真に楽しめるグループ旅行」。独特な冒険要素があり、若者の友情や思い出を共有できる、スペシャルな旅が現在のTopdeckの基本理念となっています。

べガスからシスコまで

Topdeckのトリップで得られた素晴らしい体験は、参加者の人生を一変させるほどの大きな価値を秘めています。

Topdeckに参加できるのは、18歳から39歳までの、旅好きで世界中に仲間づくりをしたい若者たち。参加者は、トップデッカーとも呼ばれ、旅を供にする中で、旅のトリップメイトとしての絆が深まります。現在、年間4万5000人以上もの若者が、トリップメイトとして旅に参加しています。

毎年のコースは同じ?どれくらいの国や街を巡るの?

北京

Topdeckは、常に未知なる場所と感動を世界中に追い求めています。そのため、毎年新しいコースが誕生します。Topdeckにリピーターが多いのは、常に新鮮な発見ができることが大きな理由でしょう。

トリップの内容は、テーマによって実にバラエティに富んでいます。1カ国の中で都市を周遊するコースもあれば、49日かけて20カ国を巡るコースもあります。

ちなみに、日本で現在紹介しているコースの中では、「14日間・7カ国」が最多訪問国数となっています。さらに、複数のコースを組み合わせるなど、旅行を個人の好みでカスタマイズすることも可能です。

滞在する時間は、通常は1都市につき、1泊~2泊となっています。

  • 特集|トップデック
  • 今しかできない旅がある。同世代だからこそ、分かちあえる想いがある。国境や国籍を越えて、Topdeckと旅に出よう
  • Topdeckで世界中を旅しよう

Topdeckの共通言語は英語! 英会話習得にも

Topdeckに参加するトリップメイトは、人種も国籍もさまざま。したがって、トリップメイト同士のコミュニケーションは、共通言語として英語が使用されています。

しかし、参加者の中には、母国語が英語ではない人も多いので、心配ありません。英語が母国語でないトリップメイト同士の会話は、むしろ互いが(簡単な)カタコト英語から始まるので、ネイティブな英語よりも会話が通じることも少なくありません。

また、英語が母国語でない参加者も一緒に旅を楽しめるよう、団長であるトリップリーダーが万全の配慮でサポートするので、心配ありません。

Topdeckのような、英語のみで旅をする旅は、英会話を実践的に学ぼうとしている人には、またとない環境と言えます。加えて、さまざまな国や民族の習慣の違いも体感できる、プチ留学といっても過言ではありません。

Topdeckの旅費はオールインクルード!(※1)

イタリア

Topdeckの企画するトリップは、面倒な旅の手配などは全ておまかせでOKです。すべてのトリップには、宿泊や移動手段、食事、観光ガイドなどがパーフェクトに含まれています。(※1)それぞれ、個別の出費を気にする必要はありません。

(※1)食事や街からホテルまでの交通費など含まれていないものも一部ございます。

日本では馴染みの薄いチップすらも、あらかじめ料金に含まれているので、安心して旅行を楽しむことだけに専念できるのも嬉しいところです。

また、旅行に参加してからの必要な費用は、自由時間中など個人的なものだけ。そのため、旅費もリーズナブルに抑えることができます。

効率的な旅行ができ、自由時間もたっぷり!

サムイ島

Topdeckの企画するトリップには、その土地ならではの観光や体験が凝縮されたものばかり。効率的に、その国や都市の見どころを巡り、五感で体験できるコースが用意されています。ただ見るだけの観光にとどまらずオプショナルツアーではさらにふみこんだ文化体験やエクストリームな体験もお楽しみいただけます。

その一方で、旅行でどのように時間を過ごしたいかは人それぞれです。そのため、Topdeckのトリップでは、自由時間を最大限取れるようにも配慮されています。

海外旅行のビギナーでも参加できる?

スペイン

「英語しか話せない」と聞くと、海外旅行慣れしていないビギナーにはハードルが高いトリップと思われがちですが、そんなことはありません。むしろ、ビギナーにこそメリットが大きな海外旅行が、Topdeckです。

ビギナーが海外旅行で不安なのは、旅の手配です。その点、宿泊設備や交通機関はもちろん、食事、ガイドトリップなど、旅に必要な要素は、Topdeckの旅程の中に全て含まれています。

旅行に参加してからの必要な費用は、自由時間中など個人的なものだけなので、旅費もリーズナブルに抑えることができます。

ビギナーにとってありがたいのは、トリップに帯同するトリップリーダーの存在です。参加者全体に気を配り、英語が母国語でない参加者も旅を楽しめるよう、万全の配慮でサポートしてくれます。

たとえ英語が苦手でも、ボディランゲージを交えた会話で十分通じるものです。ビギナー特有の気後れ感を振り払えば、友達もどんどんできます。

  • 特集|トップデック
  • 今しかできない旅がある。同世代だからこそ、分かちあえる想いがある。国境や国籍を越えて、Topdeckと旅に出よう
  • Topdeckで世界中を旅しよう

旅の思い出になる食事にも注目!

ブラウマイスター

Topdeckの旅は、食事にも強いこだわりを持っています。トリップでは、パリのグルメピクニックをはじめ、オーストラリアのバーベキュー、スイスのチーズフォンデュなど、その土地ならではの絶品グルメが堪能できます。もちろん食事代のほとんどがツアー料金にすべて含まれているので安心です。

バスはWi-Fi完備!どこでもつながる安心感

Topdeckが使用する専用バスは、充実した設備が魅力です。中でも、スマホ世代の若者にマストな、無料Wi-Fiと充電用のUSBポートを使用するほとんどのバスが完備しているのは嬉しい限りです。

移動中でもインターネットに接続し、次の目的地の情報を調べたり、旅の写真をSNSにアップして、世界に発信することもできます。旅先では、Wi-Fiスポットやネットカフェを探すのは、なにかと面倒なもの。そんな時間を無駄にする心配も、Topdeckの旅なら不要なのです。

トリップリーダーなどのスタッフが頼もしい!

Topdeckの大きな特徴は、トリップに同乗する「トリップリーダー」の頼もしさにあります。

トリップリーダーは、6週間の集中訓練を積んだ、旅行の専門家。旅行先の見どころを堪能してもらうための歴史や文化への知見はもちろん、世界中から集まった若者同士が、互いに親しみ合える雰囲気づくりなど、最高の経験のためのサポートを惜しみません。

またTopdeckでは、各国の道路事情を知り尽くしたバスのドライバーや、経験豊富な現地ガイドなど、スタッフの知識や経験を最大限いかして、最高の旅行を実現しています。

旅の安全を確保するTopdeck

ローマフラウィウス円形闘技場

Topdeckの旅では、若者の旅行ならではの冒険的な要素をふんだんに取り入れています。だからこそ、トリップメイトが安全に、そして楽しく旅行できるよう、細心の注意を払っています。

旅の現場で、旅の安全を確保するのは、専門の教育を受けたトリップリーダーです。トリップリーダーは、旅行の日程が安全かつスムーズに進むように、万全の配慮を行います。また、緊急の場合に備えて、24時間体制のコールセンターが、安全な旅行をバックアップしています。

なお、Topdeckは英国旅行業協会(ABTA)に加盟しています。

Topdeckは、どんな人に向いている?

グランドキャニオン

Topdeckにはどんな人が向いているのでしょうか。まず断言できるのは、なにごとも自発的に行動できる人でしょう。世界中に友達を作りたい、英語力を試してみたい。広く世界を見てみたい。トリップメイトは、一人一人がそんな熱い思いを持って、トリップに参加しています。また、留学に備えてウォーミングアップをしたい人や、留学などで培った英語力をキープしたい人にも向いています。

したがって、いつも消極的な人や、身の回りのことを自分自身で管理できない人には、Topdeckの旅を必ずしもおすすめしません。しかし、旅の体験を通して「消極的な自分を変えてみたい」という人なら、参加する意義は十分にあるでしょう。

Topdeck にしかない発見や感動、学びとは?

イタリアフィレンツェ

Topdeckの企画するトリップは、通常は一人では行けないような場所や、他のトリップ会社で紹介していないような場所を訪れるなど、「普通の観光トリップ」とはひと味もふた味も違った 旅の体験ができることが特徴です。

また、Topdeckのトリップに参加するトリップメイトは、世界中から集まった同世代の若者です。人種も性別も異なる若者同士が一つになり、異国でさまざまな体験や出会いを繰り返します。その経験は、多くの発見と感動を生み、実践的な学びの場となり、生涯にわたる人間関係や思い出を残すことができます。

オーストラリアの大地。満天の星空の下でのテント宿泊。セイリングボート。アルプスでの宿泊体験……。盛りだくさんの冒険が詰まったトリップは、経験したトリップメイトのみが共有できる、旅の感動と発見なのです。

女性一人の参加でも大丈夫?

バルセロナグエル公園

Topdeckのトリップは、男女ともにトリップメイトの多くが一人で参加しています。その数は、全参加者の過半数におよびます。ひとたびトリップに参加すれば、1つのバスに30人から50人の仲間が乗り合い、にぎやかで楽しい旅が始まります。

近年では日本でも、一人旅を楽しむ女性が増加しています。「女性でも自由に旅をしたい」。そんなアクティブな女性にとって、Topdeckはうってつけの旅行環境といえるでしょう。

Topdeckの旅は、コースによりますが、女性の参加者の比率が高いことが特徴です。女性一人でも、安心して参加することができます。最初は一人旅でも、旅が終わる頃には、多くの友人ができていることでしょう。

なお、友人同士での参加の場合、必ずしも確約はできませんが、同じ部屋になるよう、極力手配を行なっています。トリップの部屋割りは、現地で移動中に行うこともあるので、旅の間に仲良くなった同性のトリップメイト同士で同室希望を出すことも可能です。

自宅からもう交流は始まっている!

ホーチミン

Topdeckでは、専用のスマートフォンのアプリをフル活用していることも大きな特徴です。アプリのチャット機能を使えば、トリップの参加前からトリップメイト同士の交流ができます。

つまりトリップメイトは、トリップに申し込んだ瞬間から、すでにトリップに参加しているようなもの。アプリで事前に交流を深め、その上でトリップに参加すれば、打ち解ける時間もはるかに短くなります。

またトリップ参加中は、トリップリーダーやトリップメイトとの連絡はもちろん、旅行のスケジュールや滞在先のマップ確認など、重要なツールとして大活躍します。言葉による説明だけでなく、画面で確認できることで、より快適に旅を楽しめるのです。

  • 特集|トップデック
  • 今しかできない旅がある。同世代だからこそ、分かちあえる想いがある。国境や国籍を越えて、Topdeckと旅に出よう
  • Topdeckで世界中を旅しよう

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

ご旅行前に外務省・たびレジの登録をして最新の海外安全情報を入手!

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • ハワイのアウラニ・ディズニー・ホテルに泊まろう2017年10月16日 ハワイのアウラニ・ディズニー・ホテルに泊まろう  一時は数カ月待ちも! ディズニー初のリゾート型滞在ホテル「アウラニ・ディズニー・ホテル」は、ホノルル空港から約32キロ。ワイキキ地区からは車で約40分~50分、ハワイ・オアフ島西部に位置する高級リゾート地区、コオリナに建設されました。ここはかつて昔王族の保養地だった場所です。 Aulani, A Disney Resort […]
  • 2017/09/23 ミラマーエアショーで危険すぎる世界最高峰を確認せよ2017年8月14日 2017/09/23 ミラマーエアショーで危険すぎる世界最高峰を確認せよ 歴史あるミラマー海兵隊基地エアショーを体験しようミラマー海兵隊基地の歴史は、はるか1846年のアメリカ・メキシコ戦争(米墨戦争)にまでさかのぼります。1969年には映画『トップガン』で知られるアメリカ海軍戦闘機兵器学校が創設されるなど、アメリカ海軍の重要な機関として知られています。そんなミラマーが舞台のエアショーは、数ある航空ショーの中でも、特別な存在と言えま […]