公開日:

2017/09/23 ミラマーエアショーで危険すぎる世界最高峰を確認せよ

精悍なフォルムで爆音を轟かせ、大空を飛行するジェット戦闘機。そのカッコ良さは、永遠の男のロマンです。また最近では、そのダイナミックさに惹かれる女性ファン(ソラ女!?)も急増中です。
そんな航空ファンにとって憧れのイベントが、アメリカ・サンディエゴで開催される「ミラマー海兵隊基地エアショー」です。毎年秋に3日間にわたって行われる恒例イベントです。2017年は、9月22日(金)〜24日(日)の開催。この世界トップクラスの航空ショーを満喫しようと、世界から実に70万人から100万人もの人が詰めかけます。

3,137 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

017/09/23 サンディエゴのミラマーエアショーで世界最高峰を確認せよ

歴史あるミラマー海兵隊基地エアショーを体験しよう

ミラマー海兵隊基地の歴史は、はるか1846年のアメリカ・メキシコ戦争(米墨戦争)にまでさかのぼります。1969年には映画『トップガン』で知られるアメリカ海軍戦闘機兵器学校が創設されるなど、アメリカ海軍の重要な機関として知られています。

そんなミラマーが舞台のエアショーは、数ある航空ショーの中でも、特別な存在と言えます。

ミラマーのエアショーの特徴は、毎年出場チームが変わること!それぞれのチームのカラーが楽しめることです。

今年のテーマは「A SALUTE TO VIETNAM VETERANS(ベトナム退役軍人への敬礼)」。2017年は基本的に3日間ほとんど同じプログラムとなっています。

開場は午前8時で、エアショー開始は9時ごろから。終了は午後4時20分となっています(最終日は4時10分)。ショー観覧がメインなので、一人でも、ファミリーでも楽しく過ごせるのも魅力です。

あの『トップガン』の世界がここに!

戦闘機の操縦席

ジェット戦闘機というと、ハリウッドスターのトム・クルーズが出演した映画『トップガン』を思い起こす人も多いでしょう。1986年に公開されたこの作品は、アメリカ海軍戦闘機兵器学校を舞台にした青春映画。ダイナミックな戦闘機の操縦シーンとロマンチックな恋愛ストーリーで、世界中で大ヒットし、トム・クルーズの着るMA-1が大ブームとなりました。この作品の舞台となったのが、当時、アメリカ海軍戦闘機兵器学校があったこの「ミラマー海兵隊基地」(当時は海軍基地)でした。

エアショーで見るミラマー海兵隊基地の雰囲気は、映画のシーンそのまま。ミラマーのエアショーは、いわば「リアルトップガン」と言っても過言ではありません。ミラマーのショーの主催側も、そのことをかなり意識しているのでしょうか。ショーのエンディング近くには、『トップガン』を思わせる最新鋭機の「F-35B」のデモ飛行があります。

世界最高レベルの精鋭が集う、ブルーエンジェルス

ブルーエンジェルス

世界でも有数の航空ショーと言える、ミラマーのエアショー。バラエティ豊かな出場チームの中でも、トップスターはアメリカ海軍所属のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」でしょう。1946年の創設以来、実に70年以上の歴史を誇り、マクドネル・ダグラスF/A-18ホーネットの機体は、鮮やかなブルーでペイントされ、鮮烈な印象を残します。

ブルーエンジェルスは、「アメリカンスタイル」と呼ばれる6機編隊の元祖とされています。特に4機の飛行機でひし形の形を作る「ダイヤモンド編隊」では、機体と機体との間隔が50センチほどしかないほど。こういった卓越した技術で、世界一級のアクロバット飛行を楽しませてくれます。

動画とは全く違った、まさに危険すぎる世界最高峰のアクロバティックな航空ショーを目の前で体感し心から魅了されることとなるでしょう。

Blue Angels

ブルーエンジェルスはミラマーのエアショーの常連ですが、今年は、開催日の3日間すべてに出場するとのこと。飛行時間も、午後2時5分から3時5分と、たっぷり1時間あります。この1時間だけでも「エアショーのためにミラマーまではるばる来て良かった!」と実感できるでしょう。

ブルーエンジェルス

エアロバティック・チーム、その実力は?

期間中を通して、さまざまなチームが登場するミラマーのエアショー。この3日間は「ブルーエンジェルス」以外にも腕利きのチームが集結します。

エアーショー

例えば、「パトリオット・ジェット・チーム」は、高速のフォーメーション・フライングを難なくこなすテクニックが魅力。6機のエアショー用に改良されたパトリオットL-39は、小型機ならではのスピード感のあるアクロバット飛行を披露します。ブラックの機体が硬派な印象ですが、対照的にカラー付きのスモークがカラフル。世界に多くのファンを持つ人気チームです。

さらに、ミラマーのエアショーは、ジェット機だけではありません。「オラクル・チャレンジャー」は、プロペラ複葉機のエアロバティック。ジェット機のようなスピード感はありませんが、きりもみ落下や地面すれすれの飛行など、熟練した技の曲芸飛行に魅了されます。

迫力満点の飛行機パフォーマンスと対照的なのが、パラシュート部隊のアメリカ陸軍「ゴールデンナイツ」やアメリカ海軍「リープ・フロッグス (Leap Frogs) 」の、天空から舞うアクロバティックなパラシュートパフォーマンスです。カラフルなパラシュートが、時にはスモークを流しながら優雅に降りていくさまは、ミラマーのエアショーならではの演出と言えるでしょう。

ヘリや戦車なども見どころたくさん!

ミラマーのエアショーを楽しむポイントは、実は戦闘機だけではありません。ミラマーのエアショー会場には、約100機の軍用機や民間機を始め、大型輸送機やヘリコプターといった、航空マニアの大好物がずらり並んでいてとても壮観です。

また、戦車や装甲車、火砲などの陸上兵器なども一般公開されていて、間近で見学するチャンスです。火薬を使った迫力満点なアトラクションもあり、航空ファンのみならずミリタリーファンも大満足できるのが、ミラマーのエアショーの醍醐味です。

また、ミラマーのエアショーでは、空中のみならず陸上でのショーが繰り広げられます。中でも注目は、ジェットエンジンを装着したトラックの「ショックウェーブ・ジェットトラック」。最高時速600キロ以上(ギネス記録!)のスピードと、炎を噴きながら爆走するその姿は、インパクト大! さらに、なぜか火薬の爆発もあったりと、ハリウッド映画ばりの超アメリカン演出は、ベタながら思わず見入ってしまうことでしょう。

本当の主役は、迫力満点の爆音!?

ミラマーのエアショーの主役は、なんといっても音速戦闘機が発するジェット音。騒音対策はほとんど考慮していないので、ミラマーのエアショーではその爆音が会場中に響きわたります。特に、機体との距離が近い低空飛行になると、音量はマックスに。

エアーショー

ぜひ全身で爆音を浴びて、サウンドを楽しむくらいの広い心で参戦しましょう。ただ、どうしても「音の大きさが心配」という人は、念のために耳栓を持参しましょう。主催者側も耳(聴覚)の保護を推奨しています。

エアショーの会場へ行くには?

世界の航空&ミリタリーファンが集うミラマーのエアショーですが、難点は交通アクセスです。

海兵隊基地のあるミラマーには、カリフォルニア州の中でロサンゼルスの次に人口の多い都市サンディエゴのダウンタウンから更に北へ約24キロほど行ったフロリダ州ブロワード郡にあります。基地の近くにバス停はあるものの、ショー開催日はほとんど利用が期待できません。また、サンディエゴから基地までタクシーを使うのは所要約1時間と費用も高額になってしまいます。

そういった理由から、日本からミラマーのエアショーに参加する場合は、日本語ドライバーガイドつきのサンディエゴ発、現地オプショナルツアーを予約しておくことが、いちばん便利で確実です。

  • サンディエゴ (アメリカ合衆国)出発
  • ■サンディエゴ ミラマー海兵隊基地エアショー観覧ツアー(GRANDSTAND席)
  • 2017年09月23日(土)24日(日)限定
  • 最少催行人数:1人
  • 所要時間:12時間
  • サンディエゴダウンタウン AMTRAK駅(通称:SANTAFE DEPOT)構内集合
  • GRANDSTAND席 ツアー詳細ページ

エアショーの開催日は9月22日~24日の3日間ですが、通常はそのうちの1日をチョイスして参加するパターンが一般的で、ツアー用の車で送迎してくれます。

また、ロサンゼルスからミラマーにアクセスする方法もあります。ロサンゼルスからは車で片道2時間半ほどかかるため、サンディエゴからのアクセスよりも往復で約3時間多くかかります。現地ツアー価格は同じ座席で比較するとロスからの方が少し高くなります。

  • ロサンゼルス (アメリカ合衆国)出発
  • ■サンディエゴ ミラマー海兵隊基地エアショー観覧ツアー(GRANDSTAND席)
  • 催行決定09月23日(土)出発限定
  • 最少催行人数:4人
  • 所要時間:13時間50分
  • ロサンゼルスダウンタウン・ウェストLA・トーランス・アナハイム地区発
  • GRANDSTAND席 ツアー詳細ページ
  • ロサンゼルス (アメリカ合衆国)出発
  • ■サンディエゴ ミラマー海兵隊基地エアショー観覧ツアー(アップグレード席)
  • 催行決定09月23日(土)出発限定
  • 最少催行人数:4人
  • 所要時間:13時間50分
  • ロサンゼルスダウンタウン・ウェストLA・トーランス・アナハイム地区発
  • アップグレード席 ツアー詳細ページ

ミラマー開催のエアショーは、ツアーに参加するなら、ロサンゼルス起点よりも、サンディエゴ起点にエアショーに参加する方が近いため時間的に楽と言えますが、その他の旅程や観光を考えるとどちらも観光スポットがたくさんありますので、どこに行きたいか、同行者の意向と合わせてチェックしましょう。

なお、ミラマーのエアショーの滞在拠点となるロサンゼルス便はもちろん、サンディエゴへも成田空港から直行便が毎日フライトしているので、日本からのアクセスは大変快適です。飛行時間はロス便もサンディエゴ便も大きな差はなく10時間10分~20分前後です。

持ち物はどうすればいい?

ミラマーのエアショーの会場は海兵隊基地ということもあり、セキュリティ面で厳しい規制が設けられています。せっかくエアショー観覧でミラマーまで来たのに、現地で悲しい思いをしないように、事前に注意事項を把握しておきましょう。

バッグは、中がよく見える約3.7リットル以下の無色透明のバッグを1つだけ携帯することが許可されます。カメラカバーすら、許可されません。また大きすぎるバッグや袋は透明であっても持込めない場合があるので、なるべくコンパクトにまとめましょう。ガラス容器やアルコール飲料は没収されます。ペットの同伴や、スケートなどの使用もNGとなっています。

また日中はかなりの日差しになることが多いため、日焼け止めや帽子、サングラスといった、日焼けや暑さ対策もお忘れなく。ただし座席で後ろの人の視界を妨げることになるため日傘をやつばの広い帽子の着用は禁止されています。

ドリンクやフードは、場内に販売所が多数出ています。わざわざ持参しなくても、心配はありません。なるべく荷物はコンパクトにしましょう!

英語が苦手だけど大丈夫?

エアーショー

英語が苦手な人が、海外旅行で心配する一番のハードルは、言葉の問題です。特にエアショーは、入場時はセキュリティの面での心配があります。また、ミラマーのエアショー中は、今どんなチームが飛んでいるのか、ただ観ているだけでは何もキャッチできません。そんな時は、現地オプショナルツアーで付いている日本語ガイドの説明に耳を傾ければ、理解が何倍にも深まります。

日本語ガイドが付いていれば、集合場所から日本語で対応してくれます。ツアーを通して、分からないこと、不安なことはすべて相談に乗ってくれるので、非常に頼もしい存在です。

どうせ行くなら良い席で見たい!

ミラマーのエアショーは、ショー入場料や、駐車料金は無料です。ただ、快適にミラマーのエアショーを観覧したいなら、有料席を確保することをオススメします。

座席は安いシートから順に次のようなシートがあります。

●グランドスタンド(GRANDSTAND)
一番安い有料エリアで階段状になっている自由席です。座席では後ろの人の視界を遮る傘の利用が許可されていません。階段席の一番高い位置はアクロバティックな航空ショーを撮影したいのであれば狙いたい席ですが朝8時の開場とともに埋まる人気の場所でもあります。

●ボックスシート(BOX SEATS)
グランドスタンドの前方にある個別の予約席です。グランドスタンド同様、座席で傘の利用が許可されていません。

●オブザーベーションデッキシャレー(OBSERVATION DECK CHALET)
テント内外の座席を備えたテント付きのエリアです。ミネラルウォーターを終日提供しています。仮設トイレが近い場所にあります。

●ハンガーデッキシャレー(HANGAR DECK CHALET)
オブザーベーションデッキシャレーと同じタイプですが、エアショーセンターの東側、GRANDSTAND#5と自由席の間に位置します。

●センパーファイシャレー(SEMPER FI CHALET)
屋外プレミアムシートと日陰のあるダイニングエリアに分かれており、ダイニングエリアにはビュッフェ式朝食、ランチ、午後の軽食が用意されます。ビール、ワイン、ソーダ、ミネラルウォーターを終日提供しています。仮設トイレが近い場所にあります。

●デビルドッグアリーシャレー(DEVIL DOG ALLEY CHALET)
ショーの正面真ん中に位置する座席です。リラックスして、ラウンジのような雰囲気の中でショーを楽しめます。朝食、ランチビュッフェ、午後の軽食付。バーもあります。仮設トイレが近い場所にあります。

ツアーに参加する場合は、通常は、階段席のグランドスタンドのチケットが付いていますが、グランドスタンドの場合は、観やすい上部から埋まっていきます。
そのほか、グランドスタンドの前のボックスシートや、屋根付きの「シャレー(小屋)」と呼ばれる有料席もあります。より快適に観覧したいなら、検討してみるのもいいでしょう。

  • ロサンゼルス (アメリカ合衆国)出発
  • ■サンディエゴ ミラマー海兵隊基地エアショー観覧ツアー(アップグレード席)
  • 催行決定2017年09月23日(土)出発限定
  • 最少催行人数:4人
  • 所要時間:13時間50分
  • ロサンゼルスダウンタウン・ウェストLA・トーランス・アナハイム地区発
  • アップグレード席 ツアー詳細ページ

ショー観覧前後はサンディエゴ観光を楽しもう

San Diego city

サンディエゴは、カリフォルニア州の中ではロサンゼルスに次ぐ第2の大都市です。ミラマーのエアショーを観覧するなら、カリフォルニア最大の都市ロサンゼルス滞在も良いですが、サンディエゴのホテルに宿泊し、サンディエゴ観光を満喫も良いプランです。

サンディエゴ観光といえば、まず思い浮かばれるのは「サンディエゴ動物園」。大型都市公園「バルボアパーク」の中にあるこの広大な動物園は、パンダなど約800種類、4000匹の動物がラインナップされており、世界最多クラスとなっています。

ミラマーのエアショーとセットで訪れたいのが、サンディエゴ海岸にある「ミッドウェイ博物館」です。超巨大空母のミッドウェイは、現役引退後は2004年から博物館として利用されています。館内(艦内?)には60の展示があり、乗務員の居住区や巨大な厨房などが見学可能です。また飛行甲板には、29機の軍用機が展示されており、『トップガン』ゆかりのF-14トムキャットなどを間近で見ることができます。

サンディエゴ周辺の有名テーマパークも要チェック!

サンディエゴのあるカリフォルニア州は、アメリカ屈指の観光州。世界に名だたるテーマパークが名前を連ねる、テーマパーク天国でもあります。ミラマーのエアショーの前後の旅程に、サンディアゴからひと足のばして、思いっきりアトラクションを楽しむのもいいでしょう。

世界の映画産業の中心地ハリウッドにある「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド®(USH)」は、ご存じ映画のテーマパーク。大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」でおなじみの『ジュラシックパーク』のアトラクションや、日本にはない『ハムナプトラ』をイメージした室内コースターなど、さまざまなアトラクションがあります。

アナハイムにある「ディズニーランド®」は、世界でもっとも有名なテーマパークと言われています。

最近、日本でも名古屋にできた「LEGOLAND®」の本家ともいえる「レゴランド・カリフォルニア®」もぜひチェックを。園内すべてがレゴで出来ていると言われるほど、レゴ尽くしのテーマパーク。60以上のライドがあり、大人でも十分楽しむことが出来ます。

サンディエゴの絶品グルメ、セビーチェ&タコス

サンディエゴは歴史的にメキシコとゆかりが深いため、食文化もメキシコ料理の影響が色濃く残っています。

気軽にグルメを楽しみたいなら、ダウンタウンにある「ガスランプクォーター」とその周辺が狙い目です。元々は船員の盛り場だった場所ですが、今では200件以上のレストランやファッションショップが集まる、サンディエゴ屈指の賑やかなスポットとなりました。1980年に歴史保存地区に指定された町並みは、古き良きサンディエゴの雰囲気と、モダンな活気が融合され、SNS映えする風景がたくさん見受けられます。

オススメは、鮮度抜群な魚介類を使ったシーフードメニュー。スパイシーな魚介のマリネの「セビーチェ」は、魚介の旨味が凝縮された絶品のおいしさです。また、タコスも肉ではなく、魚入りのタコスがポピュラーなのは、サンディエゴならでは。アメリカンサイズなので、ボリュームも大満足です。

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

ご旅行前に外務省・安全情報(アメリカ合衆国)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • LA在住女性に聞いた! ロサンゼルス観光のおすすめスポットは?2017年6月12日 LA在住女性に聞いた! ロサンゼルス観光のおすすめスポットは? *お話をうかがった方*まなさん大阪府出身。2000年よりロサンゼルスに在住。現在はお子さんを育てながら美容関係のお仕事をされています。お仕事柄、トレンドには敏感で常に最新の情報をチェックされています。お土産購入にも使えるショッピングモール── […]
  • グリフィス天文台で満天の星空と眼下に広がるロスの夜景を2016年7月15日 グリフィス天文台で満天の星空と眼下に広がるロスの夜景を 見どころいっぱいのエンターテイメントシティ、ロサンゼルスアメリカの西海岸、カリフォルニア州のロサンゼルス郡に位置するロサンゼルス。カリフォルニア州には、ほかにもサンフランシスコ、サンノゼ、サクラメント、サンディエゴなどの有名都市がありますが、中でもロサンゼルスは最大の人口を誇っています。成田空港からの直行便での飛行時間は、約10時間前後。日本との時差が16 […]