更新日:

2018年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートで心を震わせる新年を

世界屈指の人気オーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。毎年1月1日に行われるニューイヤーコンサートは、全世界のクラシックファンの憧れの存在。新年の幕開けにふさわしいこのコンサートを、ぜひ一度生の演奏を堪能してみませんか。詳しくなくても大丈夫。心の底から感動すること間違いなしです。2018年は、歴史ロマンあふれるウィーンで、「大人クラシック」の世界に触れましょう!

7,382 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ビギナー必読! ウィーンフィルで“大人クラシック”入門!

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とは?

オーストラリアの首都、ウィーンは、ベートーヴェンやモーツァルトなど数々の音楽家が活躍し、今も「音楽の都」として世界中から音楽家が集まる聖地です。そんなウィーンを本拠地に活動しているのが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です。

楽団の創立は1842年で、団員は約120人。レパートリー的には、モーツァルトやベートーヴェン、シューベルト、ブラームスといった、ウィーンとの関係の深い、地元オーストリアやドイツ系の作曲家をメインに演奏しています。

そんなウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、毎年の元旦にウィーン楽友協会で行なう演奏が、「ニューイヤーコンサート」です。新年の始まりにふさわしい素晴らしい演奏が聴けるとあって、世界的に人気のコンサート。2017年のコンサートでは、世界90カ国で生中継され、5000万人以上がテレビで視聴しました。

ニューイヤーコンサートのチケット入手方法

ウィーンフィルハーモニーの年末年始のコンサートは3種類あります。プレヴューコンサート(2017年12月30日11:00開演)、ジルヴェスターコンサート(2017年12月31日19:30開演)そしてニューイヤーコンサート(2018年1月1日11:15開演)の3種類です。

チケットの入手方法は、2種類あります。

入手方法1つ目は、公式サイトでの「抽選」への申し込みです。2017年1月2日から2月28日までの間に先述の3種類のコンサートチケットの「抽選」への申し込みが公式サイトで出来るようになります。

その中でもニューイヤーコンサートには個人で1回のみ、わずか2枚までしか「抽選」への申し込みができません。2018年のチケットの値段は座席により、35ユーロから1090ユーロ。抽選の結果については、3月に申込者各個人へ結果が届きます。そう、2018年はもう終了しています。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは、世界から抽選の申し込みがある大変希少なチケットなので、個人で入手することはほぼ不可能と言われています。そのため、2つ目の方法、旅行会社が確保したチケットやツアーを利用する方法が観光客にとっては一般的です。お値段はプラチナチケット価格ですが、購入が「確約」できるということはすごいことなのです。

  • ■枚数限定!「ウイーンフィルハーモニー」ニューイヤーコンサート
  • ・出発地:ウィーン (オーストリア)
  • ・2018年1月1日 11:15開演 楽友協会
  • ・最寄り駅:KARLSPLATZ (地下鉄U4,U1,U2号線)
  • ・2枚1組での販売となりますので、お申し込みは数量2を必ず選択ください。
  • ※1stカテゴリーとは1列目を指します
  • コンサート鑑賞チケット 詳細ページ

予習で何倍も楽しめるウィーンフィルニューイヤーコンサート

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートに趣く場合、クラシックにあまり詳しくない人は、予習をしておきましょう。

とはいえ、ウィーンフィル、ニューイヤーコンサートの演奏曲を予測することは、大変困難です。しかも、前年のコンサートと同じ曲を演奏することは、まずありません。ただし、演奏曲はヨハン・シュトラウス1世と2世によるポルカやワルツ、オペレッタが多いので、前年の曲を聴き込んでおけば、同じ曲ではないにしろ、雰囲気はつかめます。まずは、そこから入っていきましょう。

コンサートは開演時間が午前11時15分、終演は午後1時45分の2時間30分。第1部と第2部の二部構成になっており、最後にアンコール3曲があります。アンコールでは2曲目に「美しく青きドナウ」、そしてオーラスに「ラデツキー行進曲」を演奏することが伝統となっています。 この2曲だけは、予習でしっかり聴き込んでおきましょう。

「美しく青きドナウ」では、演奏が始まると聴衆から拍手が起こり、いったん演奏を中断し、指揮者と団員が新年のあいさつをするのが恒例になっています。ホール全体が一体感に包まれ、大きな感動とともに幕が閉じます。

ヨハン・シュトラウス記念像

これまで演奏されたクラシック名曲は?

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートで、過去に演奏された楽曲やコンサートの模様を紹介しましょう。最初は無理に真剣に聴き込むより、まずはBGMとして、普段の暮らしの中でクラシックを流してみるのがよいかもしれません。

YouTubeの動画には、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートに関するさまざまな映像がアップされていますが、下調べにチェックするならこの2本をおすすめします。

2002年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート(指揮:小澤征爾)

世界的な日本人指揮者、小澤征爾がニューイヤーコンサートの指揮者を務めた時の演奏が収録されています。映像自体は古いですが、柔らかなウィーンウィーンフィルハーモニーの演奏スタイルがよく分かります。『カーニバルの使者』『ラデツキー行進曲』など、名曲どころを押さえています。

2013年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート
(指揮:フランツ・ヴェルザー=メスト)

演奏はもちろん、ニューイヤーコンサートの会場となる楽友会館のおごそかな雰囲気がよく分かる映像です。一流の演奏力はもちろんのこと、ミュージックビデオのようなダンス映像のカットインや、思わずクスッとするユーモア溢れる演出など、全編を通して見どころいっぱい。

会場に飾られる美しい花

これさえ知っていれば怖くない!クラシックコンサートのマナー

クラシックのコンサートに足を運ぶには、やはり身だしなみやマナーもキチンとしておかなければいけません。ましてや、新年のスタートを飾るウィーンフィルのニューイヤーコンサートは、ひときわ伝統と格式を感じさせるビッグイベントです。

この特別なコンサートでは、正装というルールがあり、日本人の女性には和服をお召しになっている方も。もちろん洋装でも大丈夫ですが、いずれにしても、場にふさわしい派手すぎない上品なフォーマルドレスで臨みましょう。

演奏中のマナーは、いたって常識的なものです。開演直前に駆け込み入場はしない、飲食をしない(飴やガムも厳禁)のは当然のこと。また、貧乏ゆすり、演奏中の隣の人とのひそひそ話、居眠りなども慎みましょう。携帯やスマホの電源は切っておくのもお忘れなく(写メはもってのほか!)。拍手の際に音が鳴りそうな装飾品にも注意しましょう。

当たり前のマナーを当たり前に守っていれば、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでも、何も怖くありません!

女子の憧れ!音楽の都ウィーン観光はココがオススメ!

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを満喫したら、ウィーン観光にも目を向けたいものです。数々の音楽家が活躍した「音楽の都」ウィーンは、帝政ローマ帝国時代から続く、歴史と文化の薫る一大観光スポット。ウィーンのホテルに宿泊して、じっくりと古都散策を楽しみましょう。

ウィーン観光の目玉は、世界遺産「ウィーン歴史地区」です。歩けば1時間半ほどのこのエリアに、ウィーン観光のコアな魅力が凝縮されています。

「シュテファン大聖堂」は、ウィーンで繁栄と衰退の歴史を歩んだハプスブルク家の墓所。ウィーンの代表的なゴシック建造物として知られています。この大聖堂には4つの塔があり、それぞれの塔から眺めるウィーン市街地は絶景といっていいでしょう。

かつてハプスブルク皇帝の居城だった「ホーフブルク王宮」もまた、ハプスブルク家の栄華を物語る荘厳な建造物。現在の王宮には、オーストリア大統領府や国際会議場、礼拝堂などがあり、新王宮には世界博物館や美術史美術博物館分室などが入っています。歩き疲れたら、館内に設置されたカフェで優雅なティータイムを過ごしましょう。

旧市街の外のエリアにも観光スポットはたくさんあります。旧市街を囲むように走る黄色い市電の「リングトラム」に乗車すれば、旧市街の外にある市庁舎やブルク劇場、国会議事堂といったスポットを網羅できます。

ウィーン周遊のオプショナルツアーは旅行会社が多数企画していて、日本語ガイドがつくツアーもあります。

ヨハン・シュトラウス記念像のあるシュタットパーク

モーツァルトの故郷ザルツブルクにも、ひと足のばして

せっかくウィーンまで来たのなら、モーツァルトの故郷、ザルツブルクにも足を延ばしてみてはいかがでしょう。クラシカルな町並みに、ザルツァッハ川が流れ、背景にアルプスの山々を望む景観は、自然と歴史が調和した素晴らしいロケーション。古くから塩の交易で経済的に繁栄したザルツブルクには、その栄華を物語る歴史的な建造物が多く残されているのです。

中でも、ザルツァッハ川の左岸にある「歴史地区」は、世界遺産に登録されているヒストリカルなエリア。ザルツブルク大聖堂やホーエンザルツブルク城など、歴史地区には見るべき場所がたくさん存在しています。中でも、有名なのは世界中の音楽ファンが巡礼に訪れる「モーツァルトハウス」。その名の通り、モーツァルト生誕の家で、現在ではミュージアムとなっています。

なおザルツブルグへは、ウィーンからオプショナルツアーを利用するのが便利です。ザルツブルグと、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台になったザルツカンマーグートを鉄道で巡る日帰りツアーなどが人気です。

ウィーンの美味しいものもチェックしよう!

ウィーンの歴史と文化を満喫したら、あとはお腹をゆっくり満たしましょう。ウィーンは世界で唯一、(国名ではなく)都市の名前で呼ばれる独自の料理ジャンルを築いた町。王朝時代、地方の料理がウィーンに集まり、洗練されて現在のウィーン料理に発展したといわれています。

ウィーン伝統の庶民的なレストランは「バイスル」と呼ばれ、パン粉を付けて焼いた仔牛のカツレツの「ウィーナーシュニッツェル」や、スパイスなどで味付けしてボイルした牛肉料理の「ターフェルシュピッツ」などが名物料理となっています。こうした格調高いウィーン料理には、ウィーン市内で醸造されるワインがよくマッチします。

日本からウィーンへのアクセスは?

ウィーンへの直行便は、2016年9月までオーストリア航空が直行便を運航していましたが2017年9月現在は運休しています(2018年5月からオーストリア航空の直行便が再就航する予定) 。

そのため現在は、日本の成田・羽田、関空、中部国際空港からは、ドイツ・フランクフルトを経由してウィーンに行くルートや、トルコ・イスタンブールを経由するルートなどが利用されています。

「ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを、一度でいいから生で聴きたい!」という人は日本でも増えています。チケットは限られた数しかないので、なるべく早く申し込みましょう!

  • ■枚数限定!「ウイーンフィルハーモニー」ニューイヤーコンサート
  • ・出発地:ウィーン (オーストリア)
  • ・2018年1月1日 11:15開演 楽友協会
  • ・最寄り駅:KARLSPLATZ (地下鉄U4,U1,U2号線)
  • ・2枚1組での販売となりますので、お申し込みは数量2を必ず選択ください。
  • ※1stカテゴリーとは1列目を指します
  • コンサート鑑賞チケット 詳細ページ

※掲載画像にはイメージ画像が含まれています。

ご旅行前に外務省・安全情報(オーストリア)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]