更新日:

ポルトガルの傘祭りでSNSを鮮やかに染めよう!世界一ポップ&カラフル

大航海時代、世界一の繁栄を築いたポルトガル。日本でもカステラや鉄砲などのイメージが強い国で、首都リスボンの古い街並みは観光スポットとして知られています。
そんな「古い歴史と文化の国」ポルトガルで、いま大注目の観光イベントとして注目を集めているのが、アゲダという地方都市で毎年7〜9月に開催される、ポルトガルの傘祭りです。

2,713 view

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

ポルトガルの傘祭りでSNSを鮮やかに染めよう!世界一ポップ&カラフル

「ポルトガルの傘祭り」って、なに?

ポルトガル傘祭りは、正式名称を「アンブレラ・スカイ・プロジェクト(Umbrella Sky Project)」と言います。もともとは、地方都市アゲダで毎年7月から9月まで開催されている芸術祭の一環として行われているものです。アゲダはポルトガル第2の都市のポルト近郊にありますが、中心駅が無人駅という小さな町。しかし、この期間は世界中から多くの人が訪れ、大変なにぎわいを見せます。

芸術祭の一環として、アゲダ市長の発案によりポルトガルの傘祭りがスタートしたのは2010年。まだ新しい部類に入るイベントですが、近年は、この傘祭りがメインといってもいいほどの人気となりました。

そんな祭りですから、主役はもちろん「傘」!ストリートの上空5mほどの高さに、色とりどりの傘が無数に浮かび、そのカラフルさに思わず目を奪われます。中でも、晴天の日のロケーションは格別で、澄みきった青空の日差しが傘を透過し、左右に建物が立ち並んだ街路の空を、万華鏡のように光のアートが覆いかぶさり、SNSに投稿するには絶好の光景が広がります。

傘祭りの楽しみ方や、ベストショットスポットは?

ポルトガルの傘祭りのメイン会場は、「ルイース・デ・カモエンス(Rua Luis de Camoes)通り」。ここはショッピングストリートで、ヨーロッパならではの整然とした町並みと、石畳の通路が実にロマンチックです。ポルトガルの傘祭りのベストショットを狙うなら、この通りがオススメです。また、近隣のストリートにも傘がテーマごとにディスプレイされていて、どんな角度から、どんなショットを狙っても絵になりやすいのも人気の理由です。

芸術祭なので、期間中は傘以外にも、町の至るところにオブジェや壁画が展示されています。傘の下で音楽コンサートが行われることもあり、まったく飽きさせません。
なお、期間中はガイドマップが配布されるので、アゲダに到着したら、まずはマップを手に入れましょう。隅々まで歩いて、ポルトガルの傘祭りを満喫しましょう!

ポルトガルアゲタの傘祭り

SNSにアップして、タイムラインを鮮やかに!

ポルトガルの傘祭りが急に人気沸騰したのは、SNSと無関係ではありません。カラフルな傘が作り出すキュートな風景は、インスタグラムなどのSNSにぴったりのコンテンツです。

風景をそのまま撮るのはもちろん、傘をバックに自撮りをしたり、傘の透過光を利用して影を撮ったり、パターンは無限大。店の窓ガラスに映る風景ですら、アート風に撮れてしまいます。背景にある傘を遠近法で手のひらに乗せるように映すなど、ちょっとトリッキーな写真もウケやすいでしょう。

さらに、被写体はポルトガルの傘祭りばかりではありません。色とりどりにカラーリングされたベンチなど、オシャレな町並みも、ポルトガルの傘祭りの特徴です。ニクいほどいちいち絵になるのは、さすがポルトガル。傘祭り期間以外でも路地裏を覗き込んだり、マップをよく見たりして、自分だけの撮影スポットを見つけるのも楽しいものです。

SNSに投稿する上で可能なら手に入れておきたいのが、超広角レンズや魚眼レンズです。これがあれば、ビックリするようなダイナミックな写真撮影が可能です。スマホならクリップ式のレンズがリーズナブルに手に入るので、一つ持っていて損はありません。この傘祭りはそれほど!写し甲斐のある被写体なのです。

ポルトガルアゲタの傘祭り

周辺都市観光はオプショナルツアーが便利!

ポルトガルの傘祭りのついでに、オビドスやナザレ、コインブラといった周辺の周遊観光もオススメです。モダンでカラフルなポルトガルの傘祭りから一転、古き良きヨーロッパの風情を満喫しましょう。

コインブラ大学

コインブラ大学

モンデゴ川の河畔にあるコインブラは、13世紀に創立されたヨーロッパ屈指の歴史を誇るコインブラ大学を擁する学園都市。世界遺産にも登録されているコインブラ大学の建物や、サンタ・クルス修道院などのロマネスク芸術の建物など、見どころが満載です。

ポルトガルナザレの街

ナザレの街

港町のナザレは、三日月形の長い砂のビーチが印象的。港町ならではの風情をゆっくりと散策しながら味わいましょう。ここにある岬の「シティオ」は、海抜318メートルの断崖絶壁で、ポルトガルの海岸の中でもかなりの名所。ケーブルカーで登れますが、肝試しに歩いてみれば、一生の思い出になるかも?

ポルトガルの中世の町オビドス

ポルトガルの中世の町オビドス

オビドスは、中世の面影が色濃く刻まれた城塞都市。ポルトガルでもっとも美しい町の一つと数えられています。城壁に囲まれた小さな町は、時間が止まったようなエキゾチックな雰囲気。名物は、オビドス潟の魚で作るブイヤベースで、時間があればぜひ食べてみたい逸品です。

こうしたスポットの観光には、現地オプショナルツアーが便利。専用車を使って、日本語ガイドと一緒にめぐるポルトガルの現地オプショナルツアーは、個人旅行チックなプライベートツアー。リスボンを発着点に、コインブラ、アゲダ、ナザレ、オビドスを1日で回るツアーも用意されています。

リスボン観光も外せない!~大航海時代に思いを馳せて

せっかく傘祭り目当てにポルトガルまで来たのなら、首都リスボンまで足をのばしたいもの。首都だけあってホテルの数もポルトガル随一で、宿泊先の選択肢もぐっと広まります。

リスボンでまず見ておきたいのは、スボン西部・ベレン地区のテージョ川岸にある「発見のモニュメント」。ポルトガルが世界に君臨した大航海時代の記念碑で、エンリケ航海王子を先頭に、探検家や科学者、宣教師などが海を望んで並び立っています。ここで同じポーズをして海に目を向けるのが、記念写真のお約束です。

また、ベレン地区には、「ベレンの塔」と「ジェロニモス修道院」という、2つの世界遺産に登録されている建物があり、SNS映えのする風景が目白押しです。

リスボンのサンジョルジェ城

サンジョルジェ城

「サン・ジョルジェ城」も大きな見どころスポットです。はるか古代ローマに始まり、さまざまな民族の支配者がここを拠点にリスボンを統治した、リスボンの歴史の代名詞と言える名所です。

なお、移動は、リスボン名物・トラムをぜひ利用してみましょう。トラムから眺める坂道の町は、他のヨーロッパの都市とはひと味違う、独特の“わびさび”を感じさせます。

リスボンのトラム

ピニャオン「ドウロ渓谷」で大自然を満喫!

リスボンからひと足延ばして、ピニャオンの「ドウロ渓谷」も訪れてみてはいかがでしょうか。ドウロ川の上流にあるドウロ渓谷は、ポルトワインの産地として有名で、世界遺産にも登録されています。ワイン畑の広がる山とドウロ川の織りなす景観は、惚れ惚れするほどの素晴らしさ。ポルトガルの自然を満喫できるひとときに、身も心もリラックスできます。

地形を生かした段々畑のブドウ畑も見ごたえがあり、畑を支える石壁の総延長は、数万キロにもおよびます。周辺にある「サン・ゴンサーロ教会」や、「ノッサ・セニョーラ・ドス・レメディオス教会」などの歴史的な建造物も訪れたいスポットです。

美味! ポルトガルのエッグタルト

オイシイものに目がない人にとっては、ポルトガルのグルメも気になるところです。

ポルトガルのスイーツといえば「エッグタルト」がイチオシです。ちなみに、ポルトガルでは「Nata(ナタ)」と呼ばれています(ナタはクリームという意味)。

このエッグタルト、ベレンのジェロニモス修道院がルーツといわれています。なんでも、洗濯後の衣類ののり付けに卵白を使ったことがきっかけで、余った卵黄の再利用としてお菓子を作ったのだとか。ぜひ訪れたい一番の名店は、ジェロニモス修道院の近くにある「ベレン洋菓子店」。修道院からの直伝とされるレシピで作られたエッグタルトは、400度の高温で短時間で焼き上げ、とろけるようなクリームのほんのりした甘さと、タルト生地のサクサクした食感が絶妙です。もちろんSNS映えもすること間違いなし!

甘いポルトワインも旅の楽しみ!

お酒好きなら、ポルトワイン(ポートワイン)にトライしてみてはいかがでしょう。ドウロ渓谷で醸造され、ポルトで熟成とブレンドが行われるポルトワインは、トロリとした甘口な味わいと、ブランデーを加えた強いアルコール度数が特徴です。

レストランで食事と一緒に楽しむ他、酒屋で試飲するなど、いろいろな飲み方で楽しめます。

日本からアゲダへのアクセスは?

日本からアゲダを目指すには、まずポルトガルの首都・リスボンに向かいます。日本からリスボンへの直行便はないので、ヨーロッパの主要都市を経由して、リスボン行きのフライトに乗り換えるルートが一般的です。なお、スペインやフランスから、鉄道を使ってリスボンまで行くことも可能です。

リスボンからアゲダまでは、電車に乗り込み、約3時間30分で到着します。なお、専用車を使った現地オプショナルツアーなど、リスボン発着のツアーが各種用意されています。いま大注目の、ポルトガルの傘祭り。SNS映えする、最高の一枚をゲットしましょう!

ご旅行前に外務省・安全情報(ポルトガル)をチェック

  • Share on Facebook
  • Tweet about this on Twitter
  • Google+
  • このエントリーを追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pin on Pinterest
  • RSS

NEW ARRIVAL[新着記事]

新着一覧を見る

RELATION TOPICS[関連記事]

  • 猫の被り物やキグルミ、メイク、衣装などなど、パレードは猫尽くし。2018年4月23日 猫好きなら一度は行ってみたい! ベルギー・イーペルの猫祭り【ベルギー】 訪れる人は当然猫大好きな人々だけ!ベルギーへの行き方は?ベルギーが位置するのは、ヨーロッパの中央部。オランダ、ドイツ、ルクセンブルグ、フランスの4か国と接していて、地方によってはオランダ語、フランス語、それにドイツ語が使われているという重層的な文化が魅力です。首都ブリュッセルへは日本からの直行便も全日空(ANA)が飛んでいて、パッケージツアーも充実しているのが […]
  • H.I.S.スーパーサマーセール2017でお得に海外人気ホテル予約2017年7月14日 H.I.S.スーパーサマーセールファイナル!!!セール価格で海外人気ホテル予約! H.I.S.スーパーサマーセールファイナル(2017年度)は終了いたしました。ご利用いただきありがとうございました。海外ホテルがH.I.S.スーパーサマーセールファイナルでお得!H.I.S.では、毎年2回、大きなセール期間を設けています。それが年末年始の初夢フェアと、夏休み直前のスーパーサマーセール。すでにスタートしているH.I.S.スーパーサマーセールの […]