コンチネンタルブレックファースト

コンチネンタルブレックファースト

コンチネンタルブレックファースト(Continental Breakfast)とは、ホテルなどで提供される朝食スタイルの一つで、ヨーロッパ大陸に起源する朝食のことです。

大陸を意味するコンチネンタルとはヨーロッパ大陸のことを指します。一般的に温かい料理がなく、火を通していないメニューが中心となります。

例えば、オートミールやシリアル、ハムやサラダ、ミルクやヨーグルト、フルーツやドライフルーツ、ペストリーなどです。特色としては、調理時間が短い、安価で軽いなどがあります。

保温を要する卵料理や肉料理などが含まれないため、ルーム・サービスの主流ともなっています。北欧ではチーズやコールドミールが添えられることもあるなど、国や地域によって内容も様々です。ホテルなどによってメニューも異なり、バターやジャム、マーマレードなどを添えた、トーストやロール、クロワッサンなどのパン、コーヒーや紅茶、ミルクやジュースなどの飲料だけで構成された、簡単なメニューを出すホテルもあります。

用語集カテゴリの最新記事