アメニティ・フィー

英語表記:Amenity Fee

アメニティ・フィー(Amenity Fee)とは、宿泊代金とは別に支払う、追加料金を指します。税金とは異なり、ホテル側が独自に設定して課金するため、ホテルによって対応が変わってきます。

その内容は、駐車料金や施設使用料、客室のセーフティボックスや高速インターネットの使用料、部屋に配達される新聞の代金、市内通話フリーの電話代などです。

ビーチタオルの貸出やミネラルウォーターのサービスなどの名目で請求されることもあります。客全員から必ず徴収する所や、対象となるサービスの希望の有無などに応じて請求する所もあります。予告なく発生したり、利用の有無にかかわらず精算となったりするケースもあり、さらには現地の税金もかかってくるため、注意が必要です。

請求の有無や、支払いを拒否できるかどうか、金額や含まれる内容など、チェックイン時に確認した方がよいでしょう。請求するホテルが多い地域は、ラスベガスやハワイなどです。「リゾート・フィー」「ファシリティー・フィー」とも呼ばれます。

1,416 view更新

海外ホテル用語集のトップページへ戻る

アメニティ・フィーに関連する用語

RELATION TOPICS[関連記事]