2019年タイにおける「禁酒日」のお知らせ(2019.1.11現在)

スーパーマーケットやコンビニエンスストア・レストランなどで酒類の販売が禁止となると同時に、パブやクラブ等のお酒を扱っているお店はクローズとなります。観光客の方は、ホテルの客室内のミニバーでの飲酒のみ可能となります。

下記日程はタイ国内全土が禁酒、酒類の販売が禁止となります。

・2月19日(火)マカブーチャ(万仏祭)

・5月18日(土)ウィサカブーチャ(仏誕節)

・5月20日(月)ウィサカブーチャ(仏誕節) 振替休日

・7月16日(火)アサラハブチャ(三宝祭)

・7月17日(水)カオパンサー(入安居)

・10月13日(日)ラマ9世記念日/オークパンサー(出安居)

※上記日程以外でもタイ国内で選挙が行われる際は、禁酒日となります。
8月12日 王妃誕生日、12月5日 国王誕生日における法律上の禁酒制限はございませんが、酒類販売自粛の動きがございます。
予めご注意ください。