「微笑みの国」タイにあるエネルギッシュでエキゾチックな街、バンコク。容赦なく照りつける太陽と、食べ物の匂い、雑踏が交錯する中、タイの人たちの明るい微笑が溢れています。見て歩いて楽しめるバンコクは見所満載!

レストランおすすめのホテル


SUKHOTHAI(スコータイ)

ホテルグレード王冠5つ

¥ 


地下鉄Lumphini駅徒歩約7分。サトーン通りに位置する、古代王朝スコタイをイメージした高級感溢れるインテリアが魅力のブティック・ホテル。ロビー・客室ともに、タイシルクや大理石が用いられ、オリエンタルな雰囲気を演出している。独自の清涼感を漂わせバンコクでもひときわ目立つ存在。タイル張りのバスルームはゆったりした造りで、シャワーブースも独立している。洗練されたサービスにも定評あり。そして館内にある、タイ料理セラドンをはじめとするレストランは、いずれもバンコク最高峰との評判で、在タイ人も良く訪れる。

客室
客室
レストラン
レストラン
スパ

POINT 01
バンコク最高峰と謳われるレストラン

ホテル「スコタイ」内にあるレストラン「Celadon(セラドン)」は、数々の賞に輝き、オールリニューアルを終えてお目見えした古典的でモダンな造り。 伝統的なタイ料理を出すバンコクの最も名高いレストランの1つ。美しい蓮池に囲まれており、夜にはライトアップされ、幻想的な景色を楽しめる。テラス席での食事も可能。 多彩なアラカルトメニューは、タイで最高級の食材を使い、洗練された味わい。 ホテルと共にバンコク最高峰と評判。

POINT 02


WESTIN GRANDE SUKHUMVIT(ウェスティン グランデ スクンヴィット)

BTSスカイトレインAsok駅徒歩1 分、地下鉄Sukhumvit駅徒歩2分。スクンヴィット通りソイ19の入り口に位置し、H.I.S.バンコク支店は通りをはさんで向かい側。お部屋はホテル特色の一つであるヘブンリー・ベッド仕様で快適な睡眠が約束されている。全室シャワーブース付。ホテル階下にはロビンソンデパートが入っており、ショッピングなどにも苦労しない。レストランや、バーも充実しており、日本食レストランもある。

外観
客室
レストラン
スパ
プール

POINT 01
お洒落な隠れ家バー

ホテル「ウェスティン・グランデ・スクンヴィット」内にあるバー「ゼスト・ピアノ・バー」。2004年に改装され、夜になると大きな壁をスクリーンにして、スポーツなどを上映し、カクテルを傾けながらの話題に花を添えてくれる。 この他にも豪華船をイメージしたインターナショナル料理の「ザ・メッド」や、和食「Kisso(吉左右)」のカクテルバーのようなカウンターの寿司カウンターや鉄板焼きコーナーもオススメ。

POINT 02


ROYAL ORCHID SHERATON(ロイヤル オーキッド シェラトン)

チャオプラヤー川の景色を堪能できるお部屋は最低でも36平米と広々として快適そのもの。新装開店したイタリアンレストラン『ジョルジオ』ではリバーサイドならではの景色を楽しみながらの食事ができます。施設面も充実しており、 LINK@SHERATONでは滞在中のお客様なら無料でインターネットが利用できます。無線LAN対応のコンピューターをお持ちなら、無料で無線LAN にもアクセスできるのも魅力。

客室
客室
レストラン
レストラン
プール

POINT 01
リバービューの魅力あふれるレストラン

全室リバービューのホテル「ロイヤル オーキッド シェラトン」。客室だけでなく、レストランもすべて川に面して並んでいるのが最も大きな魅力。 イタリア料理、タイ料理、バーベキューなどが揃うレストランは、いずれもテラス席を用意しているので、行き交う船を間近に眺めたり、対岸の景色を眺めたりしながら、食事やティータイムが楽しめる。

POINT 02


MANDARIN ORIENTAL HOTEL(マンダリン オリエンタル ホテル)

世界のエグゼクティブが愛し、長年世界のベスト・ホテルに名を連ねてきた、気配りの行き届いたホテル。もちろん、レストランも超一流。「ル・マンディ」では、パリの3ッ星レストランのシェフをコンサルタントに招き、本当のフランス料理を味わえる。また、タイ料理と西洋料理の両方が味わえる「サラ・リム・ナム」は、ホテルの対岸にあり、夜はタイ・ダンスショーもみられる。このほかにも、シーフード、ステーキ、伝統的な広東料理と種類豊富。

外観
客室
レストラン
レストラン
スパ

POINT 01
優雅な気分で人気のアフタヌーンティを

レトロな風情の残る「オーサーズ・ラウンジ」でいただくアフタヌーンティは、数あるバンコクのアフタヌーンティの中でも定番の人気です。 ピアノの音色に耳を傾けながら、専門のバリスタが入れる本格派のコーヒーやウォーマーつきで常に一定の温度に保った紅茶をいただき、ケーキやサンドイッチをつまむ。贅沢で芳醇な時間です。

POINT 02

バンコクオプショナルツアーランキング
アジアグルメ特集


PAGE TOP